アメリカ大統領選挙

相次ぐアメリカ要人の逮捕と軍事裁判。

相次ぐアメリカ要人の逮捕と軍事裁判。 農務長官トーマス・J・ビルサックに絞首刑を宣告。 ビル・アイヤーズに共謀罪で禁固25年の判決 オバマの回顧録の執筆者ビル・アイアーズとは? 5月1日、共謀罪でGITMOに送られる。 『トランプの再選をなんとしても阻…

2020年の選挙を盗んだ投票用紙の人身売買業者を暴露する映画「2000 Mules」の予告編をリリース。

ディネシュ・ドゥスーザが2020年の選挙を盗んだ投票用紙の人身売買業者を暴露する「2000 Mules」の映画の予告編をリリース。おもしろそう! 市販のジオトラッキング携帯電話データを使用して、True the Voteはジョージア州などの主要州のドロップボックスか…

ペドのペンス前副大統領は大きな困難を抱えた。

ペドファイルのペンスは大きな困難を抱えた。 インディアナ州知事とホワイトハウス時代の小児性愛の証拠を入手。 すでに5人の被害者の少年を特定。 ペンスのスタッフも知っていた。 ペドファイルのペンスは大きな困難を抱えた。 Real Raw Newsより インディ…

ペンス再逮捕へ──反乱法はまだ発動中のまま。

ペンス前副大統領、再逮捕へ。 発動した反乱法をオフにできるのは二人の人物だけ。 Real Raw Nwesによると、トランプは2020年1月に選挙に敗れてマー・ア・ラーゴに向けてワシントンを出発する前に、1807年に制定された反乱法を発動させ、「ホワイトハット」…

リーク:新型MERSー人類へのエアロゾル化された皮膚浸透型のスパイクタンパク質粒子攻撃計画

ワクチン強制接種を推進する理由がわかった。バイデンはCCPと組んでアメリカに新型MERSウイルスをばら撒く計画だ。 イントロ:アメリカは毎年2回、債務不履行回避の試みを必死に行っている。 バイデンの就任式に人民解放軍将校が出席していた意味。 参考記事…

「軍と諜報機関は選挙結果を決定・変更・改竄できる」── シドニー・パウエル 爆弾投下第二弾

選挙結果を軍と諜報機関が決定、変更、改ざんできる。その特許に国防総省が関与している ピーターズとパウエルのやり取り 選挙結果を軍と諜報機関が決定、変更、改ざんできる。その特許に国防総省が関与している 9月28日(火曜)のネット番組“The Stew Peter…

何十年も前からアメリカは選挙不正を行い、それを国会議員全員が知っていた

シドニー・パウエル弁護士、選挙不正の衝撃的事実を明かす パウエル氏のサイト”Defending the Republic"(共和国を守る)から ”最高権力者、共産主義者”が投票をずっと操作してきた We have truly been living in “The Matrix” シドニー・パウエル弁護士、選…

米軍制服組トップのマーク・ミリー将軍が人民解放軍に秘密の電話:米軍はトランプ大統領に事実上のクーデターを起こしていた

本ブログでは2021年8月5日付けの記事で、既に2021年1月6日にミリー総合参謀本部議長を中心としたクーデターが起きていたことを報じたが、アメリカのジャーナリスト、ボブ・ウッドワード(ウォーターゲート事件を暴いた『ディープ・スロート――大統領を葬った…

元国防情報局長官マイケル・フリンがアメリカの置かれた現状を語る

”次の大統領”?マイケル・フリンの分析 一部では“次の大統領”の呼び声の高い、アメリカ国防情報局(DIA:Defense Intelligence Agency)元長官マイケル・フリン退役中将が、ネット番組USA Watchdogに出演し現在の状況分析を披露した。 アメリカは左派(マル…

アメリカ軍はトランプの再就任のためにホワイトハウスをおさえている?

Real Raw Newsより 中国が資金提供のハッキング集団「ナキオン」がバイデンと共謀 自称「大統領」の男、バイデンは一度も本当のホワイトハウスに足を踏み入れたことがない。米軍は2020年の大統領選挙の結果を受けてすぐに、バイデンとDeep Stateの同盟が実際…

「トランプの再就任はもうすぐだ」はだいぶ風向きが変わった。

[トランプは就任後は直ちにパンデミックを吹き飛ばし、破壊された秩序を立て直すか? トランプのディープステート・パージに関与した情報筋が語ったところによると、ドナルド・J・トランプの大統領への再就任は差し迫り、彼の大統領としての最初の義務は、世…

Play Back :2020アメリカ大統領選挙 Part 3

シドニー・パウエルは2020年11月、FOXニューズの番組でベネズエラ、チャイナ、キューバがDominion投票システムに関わっていたと発言した。 「ドミニオンで収集したすべての証拠を提出するのが待ちきれない」とパウエルは言いった。彼女は「Dominionはベネズ…

Play Back : 2020アメリカ大統領選挙 Part 2

世界的防衛関連請負業社のシニアIT専門家が、イタリア連邦裁判所で証言。 2021年1月5日、イタリアのレオナルドSpA社の社員がイタリアの裁判所で、彼と他の人間たちが米国大統領選挙レースにおいて全米の票を書き換えたと宣誓証言した。 ローマにある米国大使…

Play Back : 2020年アメリカ大統領選挙 Part 1

開票が止まり、再開されたときに結果が変わった 2020年11月3日、アメリカの大統領選挙が行われた。翌日、順調に開票作業が進められトランプが優勢のまま「スイングステート」と呼ばれる選挙結果を左右する6つの州の開票に差し掛かかった。大票田でもあり共…