ビル・ゲイツ

アメリカ民主党はソロス、ゲイツや製薬会社と組んでウクライナでの生物学的研究に資金調達していた。

アメリカ民主党はソロス、ゲイツや製薬会社と組んでウクライナでの生物学的研究に資金調達していた。 主導者は「民主党のリーダー」だ。 おなじみの悪のオールスターの名前が並ぶ。 なんとドイツやポーランド、NATO諸国もウクライナで生物兵器研究を行ってい…

ビル・ゲイツ:オミクロンはCOVID-19ワクチンよりも免疫力を構築する「より良い仕事」をしてしまった。

ビル・ゲイツ:オミクロンはCOVID-19ワクチンよりも免疫力を構築する「より良い仕事」をしてしまった。 悲しいことにオミクロンと呼ばれる変異体はワクチンの一種だ。 アンソニー・ファウチ「最も強力な予防接種は感染することです」 ビル・ゲイツ:オミクロ…

Covid-19の存在が知られる前にモデルナがそのワクチンと、さらにSARS-Cov2そのものをつくっていた。

Covid-19の存在が知られる前にモデルナがそのワクチンと、さらにSARS-Cov2そのものをつくっていた。 モデルナとNIAIDは「mRNAコロナウイルスワクチン候補」を2019年にノースキャロライナ大学に送っていた。 モデルナは2013年に”Covid-19”の特許を取得してい…

英企業が米国2州で数十億匹の遺伝子組み換え蚊の放出を決定

英企業が米国2州で数十億匹の遺伝子組み換え蚊の放出を決定 過去に投下された遺伝子組み換え蚊は死ななかった。 ビデオ 空飛ぶ注射器 ── 日本の研究者 ビル・ゲイツのプレゼン(2009)── ブヨを聴衆に放つ。 ケニア、フィリピン、ニカラグア、メキシコ…遺伝…

メリンダ・ゲイツをGITMOに拘束中。裁判は延期。

メリンダ・ゲイツの法廷は延期された。 メリンダ・アン・フレンチ(旧姓ゲイツ)はGITOMOの独房にいるが、彼女の軍事法廷は延期されたとのことだ。情報源は理由を明示していない。 RRNはメリンダ・アン・フレンチと名乗る人物が、彼女が裁判を受ける予定だっ…

ゲイツ、ファウチ、ビッグファーマは最高裁で敗訴した。

ゲイツ、ファウチ、ビッグファーマは最高裁で敗訴した。 報じられないニュース。 ロバート・F・ケネディ・ジュニアの話。 ゲイツ、ファウチ、ビッグファーマは最高裁で敗訴した。 報じられないニュース。 どこにもこのニュースが出ていない。事態はファイナ…

軍はメリンダ・ゲイツを逮捕した。

メリンダ・ゲイツを逮捕。 メリンダは訴追免除を取り消された。 マーク・メズビンスキーに続いて二度目。 メリンダ・ゲイツを逮捕。 1月17日、米海兵隊は、故ビル・ゲイツの妻であるメリンダ・フレンチ・ゲイツの軍事逮捕状をワシントン州メディナにあるアー…

世界初、ワクチン・ジェノサイドでゲイツとインドのワクチンメーカーCEOを提訴。極刑は免れ得ないと専門家。

世界初のワクチン殺人(ジェノサイド)事件でビル・ゲイツとアダル・プーナワラCEOがインドの高等裁判所に提訴された。極刑は免れ得ないと専門家。 インドのAEFI委員会は、ルナワット博士の死はワクチンの副作用によるものと認めた。 アメリカではGSKが敗訴し…

The Real Anthony Fauci ── 「第1章 パンデミックの誤った管理  ⅳ ヒドロキシクロロキンを葬る」PART- 3

The Real Anthony Fauci ヒドロキシクロロキン Part-3 ランセット・ゲート 地に落ちたLANCETとNEMJの権威。 ガーディアンがこの疑惑を暴露する。 アメリカ史上初。政府高官であるファウチが適切な医療行為をやめさせた。 ヒドロキシクロロキンを取り締まって…

The Real Anthony Fauci ── 「第1章 パンデミックの誤った管理  ⅳ ヒドロキシクロロキンを葬る」PART- 2

The Real Anthony Fauci ヒドロキシクロロキン Part-2 ヒドロキシクロロキンを潰せ! ヒドロキシクロロキンに対する製薬会社の戦い。 ヒドロキシクロロキン抹殺に狂奔するビッグテック。 保険福祉省もビッグファーマに要請。 不正な業界研究。 WHO、ビッグフ…

The Real Anthony Fauci ── 「第1章 パンデミックの誤った管理  ⅳ ヒドロキシクロロキンを葬る」PART-1

The Real Anthony Fauci ヒロドキシクロロキン Part-1 ワクチンとレムデシビルのためには邪魔なヒドロキシクロロキンという存在。 誹謗中傷キャンペーンを拡大する。 ファウチの中傷キャンペーン以前のヒドロキシクロロキン 早期介入型「ヒドロキシクロロキ…

ワクチンの中には”エイリアン”がいた ── マディ博士の発見

COVIDの偽ワクチンには自律ナノ生物が含まれているという恐ろしい証拠が明らかになった。これは「COVIDワクチン」と呼ばれているが、監視の先導役であり、トランスヒューマニズム、新世界秩序行動計画へと導くツールであることを証明している。 ワクチンの中…

ビル・ゲイツの死刑を執行

10月1日、ゲイツ絞首刑 驚きのモーニングコール The Long Goodbye 首が折れず地獄の悶絶 専門家の見解 インド弁護士協会が、ゲイツとアダル・プーンナワラCEOを高裁に起訴。 10月1日、ゲイツ絞首刑 驚きのモーニングコール 10月1日の朝、有罪宣告された殺人…

ビル・ゲイツ軍事法廷5日目 ゲイツに絞首刑を宣告

ゲイツがインドやコンゴでやったことは、そのまま今の世界で行われている ゲイツは偽ワクチンでインドの4万人以上の子供を四肢不全にし、また殺害した トランプが去る前に有効にした1807年の反乱法 ゲイツはコンゴ共和国でも非道の限りを尽くした。そしてフ…

ビル・ゲイツ軍事法廷4日目  天網恢々疎にして漏らさず ── ゲイツの悪魔のワクチンを生き延びた奇跡の老女が証言に立つ

暴かれたビル・ゲイツの虚言 弁護士は死んだ250人の死体はどこにあるのかと迫る デジタル記録は消されてもアナログ記録は残っていた 91歳のメリー・ジョンソンが登場する 続報 スズマンという男からメールが届く 暴かれたビル・ゲイツの虚言 弁護士は死んだ2…

ビル・ゲイツ 軍事法廷3日目 ゲイツとファイザーの秘密のメールが暴かれる

2001年にファーザーとの間で交わされたゲイツの「殺人ワクチン」の生々しい内容が明かされる 小脳をゆっくり溶かし臓器を蝕むワクチンの計画 ファイザーは犯罪の露見を恐れて計画の延期を提案する 暗号解読班と科学犯罪専門家がゲイツの暗号メールを解く 参…

ビル・ゲイツ 軍事法廷 第2日目

証言されたゲイツの幼児人身売買とアドレナクロム常習 コロナに感染したと嘘をつく ゲイツのフィクサーがゲイツの犯罪を証言する ネットの否定的報道は即座に削除されてきた コンテナ一杯の少年少女。ゲイツはラリって少女を殴り殺した 元妻メリンダの再びの…

ファイザーとFDA、溢れかえる賄賂

この記事の情報はファイザー社の元役員からもたらされた。 2019年から2021年に起きたことを振り返ると、この秘密会談は2019年11月か12月、遅くても2020年1月に行われたものと推測される。 Covid-19は人工ウイルスで感染しても99.6%が回復するものだった。も…

ビル・ゲイツ、グアンタナモに送られ尋問を受ける

軍は証拠を握り、ゲイツのワクチンと「世界支配計画」に迫る 第1回軍事法廷は8月23日 ゲイツは主要製薬企業のすべての株主であり、世界支配計画のために有害なワクチンを作らせていた 嘯くゲイツ 軍事裁判ではメリンダたちが証言する 参考ビデオロシア公共放…

軍がビル・ゲイツを逮捕

巨万の富とDeep Stateを使って軍から逃れていたビル ワイオミングの牧場の地下室で人身売買の証拠のSDを押収していた ワクチンの中身を調査中 メリンダが協力する ビルはいま、グアンタナモに行く前にあるところに留置されている 追記:ラムズフェルド元国務…