プランデミック

スロバキア、前政権下での狂気のコロナ政策を調査へ

スロバキア「Covid道化芝居」を調査へ 実際に起きたことを調査し、国民に伝える フィツォ首相について WHOのパンデミック条約に反対 スロバキア「Covid道化芝居」を調査へ 出典:The Exposé 「ワクチンが原因で、さまざまな心血管系疾患による死亡が増えたと…

いまさらですが、ちょっとダイヤモンドプリンセス号について

いまさらですが、ダイヤモンドプリンセス号について 14日、ポール・アレクサンダー博士はサブスタックの記事を投稿し、いわゆる新型コロナウイルスのパンデミックは「PCRで作られたもので95%が偽陽性、0.05%が感染致死率の詐欺であり、『無症状感染はない』…

ファウチは、ソーシャル・ディスタンスのルールは完全に作り話であり、科学的根拠はゼロであることを認めた

ファウチは、ソーシャル・ディスタンスのルールは完全に作り話であり、科学的根拠はゼロであることを認めた COVIDはもう一つの悪魔崇拝者の詐欺だった ファウチ「社会的距離というのは何となく出てきたもの」 ファウチは、ソーシャル・ディスタンスのルール…

放映阻止されたイェードン博士の英国議会議員へのスピーチ(下)

放映阻止されたマイク・イェードン博士の英国議会議員へのスピーチ(下)- 2023年12月4日 アンドリュー・ブリッジゲンのイベントで検閲されたスピーチの概要 PART2 免疫系は「自己」と「非自己」を区別する 異質なスパイクタンパク質を産出する「非自己」の…

放映阻止されたイェードン博士の英国議会議員へのスピーチ (上)

放映阻止されたマイク・イェードン博士の英国議会議員へのスピーチ (上)- 2023年12月4日 アンドリュー・ブリッジゲンのイベントで検閲されたスピーチの概要 PART1 パンデミックは起こっていなかった 意図的に「毒チン」を開発した 放映阻止されたマイク・…

NHSディレクター、COVIDパンデミックの幻想を作り出すために、病院が死因について嘘をついていたことを認める

国民保健サービス(NHS)のディレクター、COVIDパンデミックの幻想を作り出すために、病院が死因について嘘をついていたことを認める The Exposé COVID-19が出現したとされる前は、4種類の肺炎がグループ化され、英国で最も多い死因となっていた。しかし、終…

それはマスクによる細菌性肺炎 ── スペイン風邪のときの死因第1位。

スペイン風邪のときの死因第1位は、実はマスクによる細菌性肺炎だった スペイン風邪では、実は細菌性肺炎が死因の第1位だった。その原因はマスクだ。ファウチはそれについて論文を書いていた。この情報が拡散され始めた2020年10月中旬頃、その論文はすみや…

オペレーション・ロックステップ

オペレーション・ロックステップ いまさら、という感もあるが、後々のためにある本の存在を紹介しておこう。 それはラルフ・エパーソンという人が書いた「The New World Order」だ(1990年刊行)。 この本には「ロックフェラー・プレイブック」から引用した…

欧州議会議員アンダーセンがコロナの真実を訴える

クリスティーン・アンダーセンが真実を訴える COVIDパンデミックはグローバリストの全体主義アジェンダのベータテストだった アンダーセンのスピーチ クリスティーン・アンダーセンが真実を訴える COVIDパンデミックはグローバリストの全体主義アジェンダの…

アメリカから新プランデミック(Plandemic)が始まった

アメリカから新しいプランデミック(Plandemic)が始まった 早速出てきた新変異種”BA.2.86” バイデンは9月中にコロナ規制を復活させる予定。となると日本も同じ時期に復活か? 追加情報 アメリカから新しいプランデミック(Plandemic)が始まった 早速出て…

米国が新しいパンデミックを計画している可能性がある

ロシアの将軍が、米国がCOVID-19の作成を支援し、「グローバル・コントロール」のために新しいパンデミックを計画している可能性があることを示唆 アメリカはC19を世界に与え、別の生物学的危機を生み出すために働いている可能性がある アメリカ陸軍のウクラ…

望もうが望むまいがCOVIDが「プランデミック」であったことが主流になりつつある

望もうが望むまいがCOVIDが「プランデミック」であったことが主流になりつつある ”主流”は今や「プランデミック」にある FDAは法廷で「医師がイベルメクチンを処方する権限を持っていることを認めている」といった ZeroHedgeが詳しく報道 望もうが望むまいが…

歴史に残るスピーチ:豪州のマルコム・ロバーツ上院議員が真実を語る

歴史に残るスピーチ:豪州のマルコム・ロバーツ上院議員が真実を語る 歴史に残るロバーツ上院議員のスピーチ これが真実だ コロナ・パンデミックとは「軍事的大量殺戮キャンペーン」だった アメリカの惨状 FDAは法廷で主権免責を主張 歴史に残るスピーチ:豪…

暴露された闇の秘密:Deagelの衝撃的な2025年人口減少予測の背後にはCIAがいる

暴露された闇の秘密:Deagelの衝撃的な2025年人口減少予測の背後にはCIAがいる。そして数百万人単位の公式の超過死亡数は、それが単なる見積もりではなく目標であることを証明している ディーゲルの背後にいる男 Deagel の予測と現在の事件 ディーゲルの人口…

最近のインタビューと記事のダイジェスト

最近のインタビューと記事のダイジェスト COVIDは大規模なマインドコントロール作戦だった インフルエンザはどこへ行ったのか? 中国も国民にmRNAを打っている やはりCOVIDは、2019年の武漢での世界軍人運動会でリリースされた 最近のインタビューと記事のダ…

「ワクチン?いいことは何もない」東京理科大学 村上康文名誉教授のインタビューのまとめ 

「ワクチン?いいことは何もない」 東京理科大学 村上康文名誉教授のインタビューのまとめ 免疫学者の警鐘 PART 1 「新型コロナワクチン 欧米の接種状況と日本の今」 PART2 「新型コロナワクチン そのメカニズムとは」 免疫抑制が起こる 細胞性免疫が抑制さ…

米ドルと債務について  ──   プランデミックは、ドルの黄昏を食い止める努力として始まった。

米ドルと債務について ── プランデミックは、ドルの黄昏を食い止める努力として始まった。 世界基軸通貨のドル簿防衛のためのプランデミックか? プランデミックが起きた理由は、それがすべてなのだろうか? 複数のグループがプランデミックを推進した 国境…

バイオディフェンスを唱えるパンデミック渇望カルトの終わり

バイオディフェンスを唱えるパンデミック渇望カルトの終わり 架空の物語で人を制御する しかし、使い古された物語はほころびが目立っている。 ウイルスのパンデミックは決して起こらない。 こうした「遺伝子組み換え」物語は与太話だ。 彼らは人間が何である…

マット・ハンコックのWhatsAppリーク(3)マスコミにニセ記事を書かせて国民に検査を受けるよう仕向ける。

マット・ハンコックのWhatsAppリークその3:マスコミにニセ記事を書かせて国民に検査を受けるよう仕向ける。 2020年4月28日 マット・ハンコック |保健相明日、お願いがあるんだ。いま、私がやったドライブスルー式PCRテスト臨時出張所には、明日は22,000の…

パンデミックの前のモデルナCEOの確信的「予言」

Covidパンデミックが展開される前に、モデルナのCEOはスタッフに「来年はパンデミックが起こるから、10億回分のワクチンを作る必要があるぞ」といっていた。 バンセルのWEF2023での驚くべき発言 ファクトチェッカーはまたしても大ウソをついた。 国際的なフ…

WHO やシュワブ、ロックフェラーらの刑事被告人を逮捕して投獄せよという緊急禁止命令と法廷命令が 送達された。

WHO とリストされたすべての刑事被告人を逮捕して投獄せよという緊急禁止命令と法廷命令が 送達された。 刑事被告人のリスト 有罪判決を受けたワクチン接種ジェノサイド・パンデミックと神経モニタリングの政府幹部被告 有罪判決を受けたパンデミックワクチ…

英国元保健相マットハンコックのWhatsAppリークの続きとモデルナの大スクープ

英国元保健相マットハンコックのWhatsAppリークの続きとモデルナの大スクープ やる必要のないマスク着用の義務化を打ち合わせ やはり、ワクチンでビル・ゲイツのチップが注入されていた。 モデルナCEOのバンセルが2019年にワクチンをつくっていたことを喋る…

英国元保健相ハンコック「新しい変異種はいつバラまく?」ーWhatsAppがリークされる。

英国元保健相ハンコック「新しい変異種はいつバラまく?」ーWhatsAppがリークされる。 マット・ハンコック ー 逮捕されるのは間違いない 計画されたパンデミックであり”ワクチン”と呼ばれるものは生物兵器であることがまた明確になった。 ボディダブルの逮捕…

国防総省は国家安全保障プログラムのもとで当初から新型コロナ「ワクチン」を管理していた。

国防総省は国家安全保障プログラムのもとで当初から新型コロナ「ワクチン」を管理していた。 国防総省がCOVID-19プログラムを当初から管理していたことを明らかにする新資料ーFDAのワクチン承認プロセスは芝居だった。 三本足のスツール 契約には連邦法に基…