Book Review

Book Review「元キャリア官僚が告発する ヤバい! 厚生労働省」

Book Review「元キャリア官僚が告発する ヤバい! 厚生労働省」 厚労省の「騙しの手口」は「十分に説明しないことで勘違いさせる」こと 製薬会社から資金提供を受けていた専門家や医師のリスト(金額入り)も掲載されている 「厚労省は『信じてはいけない』」…

ブックレビュー  ──  宮沢孝幸著「ウイルス学者の責任」

ブックレビュー ── 宮沢孝幸著「ウイルス学者の責任」 ADE、心臓/心膜、神経への影響、胎児の免疫寛容誘発の可能性 がんの原因はレトロウイルス。 ブックレビュー ── 宮沢孝幸著「ウイルス学者の責任」 昨年の「京大 驚きのウイルス学講義」に続いて本年3月…

ファイザーは自分たちがアメリカ連邦政府を所有しているので、通常の契約法は適用されないと連邦判事に伝えた。

ファイザーは自分たちがアメリカ連邦政府を所有しているので、通常の契約法は適用されないと連邦判事に伝えた。 ファイザー社は人を殺すような詐欺行為を行う法的権限を持っている。 アメリカ政府は民営化されているという事実をまだあなたは知らないのだろ…

鳥集徹著「医療ムラの不都合な真実」

鳥集徹著「医療ムラの不都合な真実」 厚労省は心筋炎をワクチンの副作用として認めた。 人口が10万人も減った。なぜ政府も野党も医療界もマスコミも何も言わないのか。追及を恐れて言えないのではないか。 製薬会社、医療機関/医師、政府の猛烈な広報活動、…

大村智著・編集「イベルメクチン」

大村智著・編集「イベルメクチン」 河川盲目症、象皮症や疥癬を治してしまうイベルメクチン。 新型コロナ感染症に対する治療効果が検討されている。 イベルメクチンが新型コロナに効くわけ。 イベルメクチン使用に反対する面々。 大村智著・編集「イベルメク…

「コロナとワクチン 歴史上最大の嘘と詐欺5」ヴァーノン・コールマン著

ヴァーノン・コールマン著「コロナとワクチン 歴史上最大の嘘と詐欺⑤」 ”マスクをしている人は迫りくる奴隷制の象徴だ” ”沈黙を貫く医師と看護師を心から軽蔑する” ボリス・ジョンソンはこのことを知ってるか? FDAは149種類の手指消毒剤を禁止している。 ヴ…

中村篤史著「コロナワクチン、被害症例集」

中村篤史著「コロナワクチン、被害症例集」 このことをまず知っておくことが大事。 洗脳ももういらない。 GMO作物と同じ不稔性の問題。 日本は1994年に予防接種法を改正し、予防接種は強制ではなくなった。 中村篤史著「コロナワクチン、被害症例集」 神戸の…

「孤独の宰相」(柳沢高志著)ともう一冊から少し。

「孤独の宰相 菅義偉とは何者だったのか 」から 「時短営業が有効である」という根拠はない。 参考:「ヒデキとモリヨのお悩み相談」チャンネル 人流抑制一辺倒尾身会長が今さら方針転換 何故? 「孤独の宰相 菅義偉とは何者だったのか 」から 菅義偉前首相…

ヴァーノン・コールマン「コロナとワクチン 歴史上最大の嘘と詐欺 3 」

「コロナとワクチン 歴史上最大の嘘と詐欺 3 」 イギリスの元医師で作家のヴァーノン・コールマンのこのシリーズは、日本でも結構読まれているようだ。このシリーズ三作目にはちょっと気になる情報が掲載されていた。 ヒドロキシクロロキン ヒドロキシクロロ…