中国

国防総省は国家安全保障プログラムのもとで当初から新型コロナ「ワクチン」を管理していた。

国防総省は国家安全保障プログラムのもとで当初から新型コロナ「ワクチン」を管理していた。 国防総省がCOVID-19プログラムを当初から管理していたことを明らかにする新資料ーFDAのワクチン承認プロセスは芝居だった。 三本足のスツール 契約には連邦法に基…

「Covid対策」事業におけるペンタゴン、中国共産党、イスラエル、ファイザー/バイオネヌテックの鉄の四角形(下)

「Covid対策」事業におけるペンタゴン、中国共産党、イスラエル、ファイザー/バイオエヌテックの鉄の四角形(下) 世界各国から異常に多くの出資を得たバイオネヌテック社。なぜ? ワクチンに関して中国共産党はアメリカ国防総省と同盟を結んでいる。 ロシア…

「Covid対策」事業におけるペンタゴン、中国共産党、イスラエル、ファイザー/バイオエヌテックの鉄の四角形(上)

「Covid対策」事業におけるペンタゴン、中国共産党、イスラエル、ファイザー/バイオエヌテックの鉄の四角形(上) 落第のチャットボットの国防総省に関する回答 フィクションより真実の方がずっと面白い。 復星製薬という会社(中国共産党)と国防総省、ファ…

あのとき武漢ではいったい何が起こったのか?世界の人びとは知る権利がある。

あのとき武漢では一体何が起こったのか?世界の人びとは知る権利がある。 脂質ナノ粒子は毒や化学/生物兵器を運搬するテクノロジーだ。 この生物兵器に関する3つの重要なポイント 武漢とアメリカで生物兵器攻撃が行われた証拠。 あのとき武漢では一体何が起…

武漢ウイルス研究所と緊密に協力した科学者は、Covidが遺伝子操作されたものであり、施設から漏れたと主張する。

武漢ウイルス研究所と緊密に協力した科学者は、Covidが遺伝子操作されたものであり、施設から漏れたと主張する。 新型コロナウイルスは武漢ウイルス研究所から漏洩したのか? 欲深い科学者が世界中で何百万人もの人々を殺した。さらにアメリカ政府がそれを隠…

独占:公式文書は、アンソニー・ファウチとビル・ゲイツがバイオラボでのCOVIDウイルス開発に責任があることを証明している。(下)

独占:公式文書は、アンソニー・ファウチとビル・ゲイツがバイオラボでのCOVIDウイルス開発に責任があることを証明している。(下) Covid-19の作成に必要な資金ピーター・ ダスザックとエコヘルス同盟に対する米国政府の資金援助について 米国政府の武漢ウ…

独占:公式文書は、アンソニー・ファウチとビル・ゲイツがバイオラボでのCOVIDウイルス開発に責任があることを証明している。(中)

独占:公式文書は、アンソニー・ファウチとビル・ゲイツがバイオラボでのCOVIDウイルス開発に責任があることを証明している。(中) 石正麗の研究発表(2018)から武漢での感染症の大流行(2019年12月)まで 国家安全保障上の正当な理由で作らせたアメリカは…

独占:公式文書は、アンソニー・ファウチとビル・ゲイツがバイオラボでのCOVIDウイルス開発に責任があることを証明している。(上)

独占:公式文書は、アンソニー・ファウチとビル・ゲイツがバイオラボでのCOVIDウイルス開発に責任があることを証明している。(上) 米国政府は、ピーター・ダザックのECOヘルスアライアンスに61,491,183ドルの資金を提供し、人間に感染する新しいコロナウイ…

ショルツは習近平に続いてプーチンとも共通点を見出そうとしている。ドイツがNATOを抜け中露側についたのはもはや明白だ。

ショルツは習近平に続いてプーチンとも共通点を見出そうとしている。ドイツがNATOを抜け中露側についたのはもはや明白だ。 コンスタンチン・シモノフが明かしたエルドアン大統領とショルツの会話 サルマトが出てきたとき、アメリカは「やりすぎた!」と思っ…

ショルツー習近平会談。ドイツは中国とロシア側についた。

ショルツー習近平会談。ドイツは中国とロシア側についた。 ドイツのオラフ・ショルツ首相は4日、中国・北京を訪れ、習近平国家主席と会談した。 米英に使われてウクライナを支援させられている、EUのボス国であるドイツの首相が訪中したということ自体が大ニ…

なんと!2年前に、英国MHRAはSARS-Cov-2はコンピュータ上で作られたモデルであり、その架空のウイルスに対してワクチンが作られたことを認めていた。

なんと!2年前に英国MHRA、はSARS-Cov-2はコンピュータ上で作られたモデルであり、その架空のウイルスに対してワクチンが作られたことを認めていた。 市民ジャーナリスト、フランシス・リーダーへのMHRAの2年前の回答 The Exposeがこのことは本当なのかMRH…

新型コロナウイルスを開発し654万8,093人を死亡させたとして、エコヘルス・アライアンス他に10億ドルの損害賠償請求訴訟が起こされた

新型コロナウイルスを開発し654万8,093人を死亡させたとして、エコヘルス・アライアンス他に10億ドルの損害賠償請求訴訟が起こされた 「この訴訟から世間の目を逸らすようにウクライナで核戦争の脅威が高まっているのは都合が良すぎる」とレンツ弁護士 イン…

スペイン風邪を実験室で再現したマッドサイエンティストたちは、「これでは人が死なない」と嘆いている

スペイン風邪を実験室で再現したマッドサイエンティストたちは、「これでは人が死なない」と嘆いている 絶滅したスペイン風邪ウイルスを復活させたのに、もっと危険なものが必要だという狂った科学者たち 新型コロナウイルスは機能獲得研究の産物なのに、米…

中国、インドらがロシアでの軍事演習に参加する

中国、インドらがロシアでの軍事演習に参加する 今月末に行われる「ボストーク-2022軍事演習」 中国を嫌がっているがために渋々QUADにも参加したインドがこの演習に参加する意味 中国、インドらがロシアでの軍事演習に参加する この訓練は、ウクライナ戦争や…

パンデミックはアメリカの研究所のバイオテクノロジーから生まれた。㊦

パンデミックはアメリカの研究所のバイオテクノロジーから生まれた。㊦ ファウチとコリンズに締め出されたジェレミー・ファーラー卿 テドロスはまだ武漢説を唱えているが。 WHO事務総長「Covidは武漢の研究所から漏れたと信じている」 インサイダーたちの寝…

パンデミックはアメリカの研究所のバイオテクノロジーから生まれた。㊤

パンデミックはアメリカの研究所のバイオテクノロジーから生まれた。㊤ パンデミックは隠蔽の中心である悪名高い中国の施設からではなく、アメリカの研究所から流出し始まったと「習近平の宣伝屋」と呼ばれたアメリカのトップ教授は主張する。 武漢起源説と…

BRICS、新しい世界準備通貨の創設へ

BRICS、新しい世界準備通貨の創設へ 通貨バスケットと、SWIFTに変わる支払いネットワークをつくる 新しい自由貿易協定も議論 BRICS諸国ではさほど大きなインフレは起きていない。 BRICS、新しい世界準備通貨の創設へ 通貨バスケットと、SWIFTに変わる支払い…

バイデンは「クアッド」の対ロシア”準軍事同盟化”計画に失敗した。

バイデンは「クアッド」の対ロシア”準軍事同盟化”計画に失敗した。 バイデンは「クアッド」の対ロシア”準軍事同盟化”計画に失敗した。 本記事では、作家・元外務省主任分析官の佐藤優氏の毎日新聞(6月2日)への寄稿を紹介する。 ロシアのウクライナ侵攻で国連…

ブレトンウッズⅢへ ── 世界は新しい経済体制に移行した。

ブレトンウッズⅢ へ ── 世界は新しい経済体制に移行した。 新しい世界通貨秩序が生まれつつある:クレディ・スイスのストラテジスト この危機は、1971年のニクソンショック以降、我々が経験してきたものとは異なる。 G7がロシアの外貨準備を凍結したときにブ…

プーチン、ゼレンスキーに雇われた米英の傭兵を処刑

プーチン、ゼレンスキーに雇われた米英の傭兵を処刑 6人の英国人と2人の米国人を射殺。 傭兵は身分を明かすことを拒んだが、一人は英国SASだった。 プーチン「小児性愛者と傭兵は容認できない」 プーチン、ゼレンスキーに雇われた米英の傭兵を処刑 マール…

中国・上海の大惨状

中国・上海の大惨状── Democide(民衆殺戮) これはもう「コロナ対策」というのは名目だけで、大衆の”削減”、社会騒擾の醸成が目的と思わずにいられない。 ビデオ 追い込まれた中国のカバールの最後の反撃か、あるいは”心中”か。 ■

アメリカ政府高官は、ロシアについてマジで国民に嘘をついていると認めた。

アメリカ政府高官は、ロシアについてマジで国民に嘘をついていると認めた。 アメリカはウクライナ紛争で国民に嘘をついていることを公然と認めた。 この記事の抜粋と強調 つまり、彼らはウソをついたのだ。 バイデンのもう一つのウソのモノガタリ ウクライナ…

キエフはモスクワに宣戦布告しておらず、ロシアのガス輸送を維持している。

キエフはモスクワに宣戦布告しておらず、ロシアのガス輸送を維持している。 1.中国をモスクワと戦わせるための米国のギャンブルは失敗した。 2.キエフはモスクワに宣戦布告しておらず、ロシアのガス輸送を維持している。 3.欧州・大西洋地域における紛…

習近平の終わりが近づく。

習近平の終わりが近づく。 ”箱舟と中国”氏の「習近平を客観的に評価する」が大流布。 習近平は3期目を確保できない可能性がある。 "共産党は内部で争い、メンバーを掃除することで成長する" 習近平の終わりが近づく。 The Epoc Times記事要約 ”箱舟と中国”…

ロバート・マローン博士、中国全土に広がる伝染病について語る。

ロバート・マローン博士が警告:中国全土に広がる最新の病気は「エボラ出血熱ウイルス」 ロバート・マローン博士が警告:中国全土に広がる最新の病気は「エボラ出血熱ウイルス」 ロバート・マローン博士は、スティーブ・バノンのWar Roomに出演し、中国の最…

アメリカは国内の石油価格が高騰しているにもかかわらず、国家備蓄石油をアジアに輸出している(Bloomberg)

アメリカが石油の戦略的備蓄を出荷しているアジアの国とはどこ? 国内の原油価格が高騰しているのに、10月に160万バレルの原油がアジアに向けて出荷された。 11月10日、ブルームバーグは下記のように報道した。 市場情報会社Kplerのデータによると、米国戦略…

アリヤナ・ラブ博士の再登場 ── マールブルグはウイルスではなく細菌だ。

ビッグファーマのいうワクチンもマールブルグも大嘘。これらはバクテリア(細菌)だ。 スパイクタンパク質はDNAの修復機能を失わせる。 動物実験では雄も雌も不妊にする。エイズと認知症も。 マールブルグはウイルスだというのは嘘だ。ただの細菌でワクチン…

リーク:新型MERSー人類へのエアロゾル化された皮膚浸透型のスパイクタンパク質粒子攻撃計画

ワクチン強制接種を推進する理由がわかった。バイデンはCCPと組んでアメリカに新型MERSウイルスをばら撒く計画だ。 イントロ:アメリカは毎年2回、債務不履行回避の試みを必死に行っている。 バイデンの就任式に人民解放軍将校が出席していた意味。 参考記事…

「海外事情 生の声」 ── 開業医・中村篤史氏のブログから

<神戸のナカムラクリニック院長である中村篤史氏のブログ(2021年10月19日づけ)から> オーストラリアに住んでいた女性とアメリカで働いている女性からの中村医師への(メールでの?)連絡内容のようだ。 要約 A. 長年メルボルンに住んでいたが日本に逃げ…

ワクチンだけではなかった ── 鈴木宣弘著『農業消滅』に書かれた日本の大問題

ワクチンだけではなかった。日本の食料の大問題。誰だって命と健康を守りたい。 食糧自給率38%、種子に至ってはわずか8% 行き過ぎた自由貿易。コーポラティズム 「国産農産物は安全」という神話の崩壊 グローバル企業への種子の「便宜供与」 主要プレイヤ…