脂質ナノ粒子、ハイドロゲル、グラフェン

グラフェンはいろんなものに使われているけど、その毒性についてはほとんど研究されていない(下)

グラフェンはいろんなものに使われているけど、その毒性についてはほとんど研究されていない(下) グラフェンは今、そして将来どこで見つかるのか? 高度なワクチン技術は陰謀論ではない ワクチンを含む医療におけるグラフェンベースの材料 1.グラフェン…

グラフェンはいろんなものに使われているけど、その毒性についてはほとんど研究されていない(上)

グラフェンはいろんなものに使われているけど、その毒性についてはほとんど研究されていない(上) グラフェンってなに? グラフェン材料は安全か? グラフェンは「グリホサート2.0」なのか? グラフェンはいろんなものに使われているけど、その毒性について…

8か国で1億人のワクチン被害者 ── 世界最大の研究がmRNAワクチンが脳、血液、心臓の問題を引き起こすと結論づけた

8か国で1億人のワクチン被害者 ── 世界最大の研究がmRNAワクチンが脳、血液、心臓の問題を引き起こすと結論づけた ファイザーとモデルナは心臓、アストラゼネカなどは脳、ほかにギランバレー症候群も 脳静脈洞血栓症、脊髄炎 しかし、この研究はワクチンへ…

独占記事:CDCは、ワクチン承認前に心筋炎の副作用があることを把握しながら警告を出さなかった(下)

CDCは、ワクチン承認前に心筋炎の副作用があることを把握しながら警告を出さなかったことが明らかになった(下) ワクチンリリース直後から、接種者からは心筋炎と心膜炎が報告されていた CDC長官ワレンスキーは平然と嘘をついた CDCとビッグファーマは2021…

独占記事:CDCは、ワクチン承認前に心筋炎の副作用があることを把握しながら警告を出さなかった(上)

CDCは、ワクチン承認前に心筋炎の副作用があることを把握しながら、警告を出さなかったことが明らかになった(上) アラートは送信されなかった 「国民をパニックにさせたくない」 心筋炎は治らない可能性の高い病気 CDCは、ワクチン承認前に心筋炎の副作用…

怖ろしい真実:吸入するだけで肺に直接届くmRNAワクチンが開発されている

怖ろしい真実:吸入するだけで肺に直接届くmRNAワクチンが開発されている 吸入可能なワクチン:高分子ナノ粒子がmRNAを肺に送達し、粘膜ワクチン接種を可能にする 生物兵器を根絶せよ 怖ろしい真実:吸入するだけで肺に直接届くmRNAワクチンが開発されている…

放映阻止されたイェードン博士の英国議会議員へのスピーチ(下)

放映阻止されたマイク・イェードン博士の英国議会議員へのスピーチ(下)- 2023年12月4日 アンドリュー・ブリッジゲンのイベントで検閲されたスピーチの概要 PART2 免疫系は「自己」と「非自己」を区別する 異質なスパイクタンパク質を産出する「非自己」の…

放映阻止されたイェードン博士の英国議会議員へのスピーチ (上)

放映阻止されたマイク・イェードン博士の英国議会議員へのスピーチ (上)- 2023年12月4日 アンドリュー・ブリッジゲンのイベントで検閲されたスピーチの概要 PART1 パンデミックは起こっていなかった 意図的に「毒チン」を開発した 放映阻止されたマイク・…

荒川博士のブログ記事「コロナワクチンのDNA汚染が危険な理由」を読む

荒川博士のブログ記事「コロナワクチンのDNA汚染が危険な理由」を読む POINT1:「自分の目で見て、自分の心で感じる人は、とても少ない」 POINT2 :コロナワクチンのDNA汚染 POINT3 : がんは遺伝子の病気。汚染DNAは若年でのがん発症を促す POINT 4:恐怖のレ…

電気自動車は燃料車よりも80%多くの問題を抱えている

電気自動車は燃料車よりも80%多くの問題を抱えている PHEVは146%多くの問題を抱えている。ハイブリッドは逆に少ない 電気自動車は燃料車よりも80%多くの問題を抱えている Consumer Reportsの新しいレポートによると、電気自動車(EV)は、従来の内燃機関で駆…

ロバート・マローンの嘘がまた暴かれる

ロバート・マローンの嘘がまた暴かれる ツイッタースペースでのマローンとウルソの会話 サーシャ・ラティポバの主張 mRNA技術の専門家がワクチンが卵巣を攻撃することを知らないはずがない mRNAの多数の危害のメカニズムは既に明らかになっている ワクチン…

COVIDショットに含まれるDNA汚染物質がガンを誘発し、ヒトゲノムを変化させる可能性がある

専門家パネルは、COVIDショットに含まれるDNA汚染物質がガンを誘発し、ヒトゲノムを変化させる可能性があると結論した 調査結果の要約 あらゆるガン調査システムでがんの発生率が上昇 専門家パネルは、COVIDショットに含まれるDNA汚染物質がガンを誘発し、ヒ…

知ることと信じること:ワクチン接種による組織的な被毒は終わらせなければならない

知ることと信じること:ワクチン接種による組織的な被毒は終わらせなければならない いかなる種類のワクチン接種にも合理的な根拠はない。 多くの専門家や家族が過去の信念を再検討し、この結論に達している。 サーシャ・ラティポヴァ ワクチンを打てば健康…

ワクチンは、接種された人々に機能獲得「ウイルス」を引き起こす唯一の証明された方法だ

ワクチンは、接種された人々に機能獲得「ウイルス」を引き起こす唯一の証明された方法だ ロシア連邦核・化学・生物兵器防衛部長イーゴリ・キリロフ中将、米国の生物兵器活動について語る ── その事実、フィクション、物語、行間を読み解く アメリカは生物兵…

糖尿病治療の長時間作用型インスリンにもハイドロゲルが入っている。

アナ・マリア・ミハルセア博士:Covidワクチンと同じように、長時間作用型インスリンの量子ドットがハイドロゲルでできた「ゴム状の血栓」を組み立てている インスリン注射にAIの自己組織化技術が使われている 自己組織化、生体モニタリング通信にも使えるプ…

ライアン・コール博士のFLCCCが、スパイクタンパク質を切り離す薬を教えてくれた。

アメリカのトップ病理医ライアン・コール博士のFLCCCが、スパイクタンパク質を切り離す薬を教えてくれた 以前記事にしたライアン・コール博士のインタビューの中で、アメリカのトップ病理医である博士はACE2受容体に結合したスパイクタンパク質を分離する薬…

「プラセボ」バッチ問題の詳細 ── 生理食塩水のプラセボバッチが商業的に流通しなかった可能性が高い理由がここにある。

「プラセボ」バッチ問題の詳細生理食塩水のプラセボバッチが商業的に流通しなかった可能性が高い理由がここにある。 生理食塩水のプラセボは商業的には流通したことはない 臨床試験は二重盲目試験ではなかった 乳白色がかった青色はハイドロゲルだという証拠…

ルシフェラーゼ・マイクロアレイ・パッチには、ハイドロゲルと自律昆虫サイボーグ"センチネル"が入っている。(下)

ルシフェラーゼ・マイクロアレイ・パッチには、ハイドロゲルと自律昆虫サイボーグ"センチネル"が入っている。(下) ザ・センチネルズ MEMが入った昆虫サイボーグの誕生 センチネルを人体に使用することが目的だった 移植可能なハイドロゲル・バイオセンサー…

ルシフェラーゼ・マイクロアレイ・パッチには、ハイドロゲルと自律昆虫サイボーグ"センチネル"が入っている。(上)

ルシフェラーゼ・マイクロアレイ・パッチには、DARPAハイドロゲルと自律昆虫サイボーグ・センチネルが入っている(上) 「ワクチン」のマイクロアレイパッチが、世界中の子どもたちに義務化される ヒト由来のDNAが入っている。これは炎症、自己免疫、ガンの…

接種者から非接種者へのグラフェンナノボットの伝播という厄介な現象

接種者から非接種者へのグラフェンナノボットの伝播という厄介な現象 感染メカニズム グラフェンナノボットの非接種者への伝播の健康上のリスク 参考 接種者から非接種者へのグラフェンナノボットの伝播という厄介な現象 The Exposé ワクチンにグラフェンが…

エコヘルス社の文書には、Covidイルス/ワクチン生物兵器の開発と集団感染計画が記されていた。(下)

エコヘルス社の文書には、Covidイルス/ワクチン生物兵器の開発と集団感染計画が記されていた。(下) プロジェクト DEFUSEの続き 「ワクチン」生物兵器ができるまで Covidウイルスは存在するのか? エコヘルス社の文書には、Covidイルス/ワクチン生物兵器…

エコヘルス社の文書には、Covidウイルス/ワクチン生物兵器の開発と集団感染計画が記されていた。(上)

エコヘルス社の文書には、Covidウイルス/ワクチン生物兵器の開発と集団感染計画が記されていた。(上) 2020年10月から起こった武漢やイタリア、アメリカの感染を思い出そう ── あれはワクチンと同じナノ粒子の生物兵器攻撃だったのだ! ソフトウェアコード…

あなたはただの実験室のネズミだった: コロナワクチンが引き起こしたグラフェン、ナノボット、mRNA、ナノテクノロジーの危険で致命的な縁組 (下)

あなたはただの実験室のネズミだった: コロナワクチンが引き起こしたグラフェン、ナノボット、mRNA、ナノテクノロジーの危険で致命的な縁組 (下) ナノテクノロジーの悪意ある罠 真理と解放の探求 10人中9人(日本の場合、20人中19人、か?)がいまだにそ…

あなたはただの実験室のネズミだった: コロナワクチンが引き起こしたグラフェン、ナノボット、mRNA、ナノテクノロジーの危険で致命的な縁組 (中)

あなたはただの実験室のネズミだった: コロナワクチンが引き起こしたグラフェン、ナノボット、mRNA、ナノテクノロジーの危険で致命的な縁組 (中) 血流中のグラフェンのホラー mRNA テクノロジー:ファイザーとモデルナの邪悪なアジェンダ ウェルベルゲン…

あなたはただの実験室のネズミだった: コロナワクチンが引き起こしたグラフェン、ナノボット、mRNA、ナノテクノロジーの危険で致命的な縁組(上)

あなたはただの実験室のネズミだった: コロナワクチンが引き起こしたグラフェン、ナノボット、mRNA、ナノテクノロジーの危険で致命的な縁組 (上) Covid-19ワクチンのナノテクノロジー 脂質ナノ粒子はmRNAの分解を妨げるため 脂質ナノ粒子は体内で有害な免…

トップ病理医が、がん、不妊症、奇妙な血栓はCovid- 19ワクチン接種の一般的な副作用であることを認めた。(下)

トップ病理医が、がん、不妊症、奇妙な血栓はCovid- 19ワクチン接種の一般的な副作用であることを認めた。(下) 血栓の成分のアミロイドはなかなか分解できない スパイクタンパクの永続性 出生率の低下と不妊症の増加 規制当局はワクチンキャンペーンの前に…

トップ病理医が、がん、不妊症、奇妙な血栓はCovid- 19ワクチン接種の一般的な副作用であることを認めた。(上)

トップ病理医が、がん、不妊症、奇妙な血栓はCovid- 19ワクチン接種の一般的な副作用であることを認めた。(上) 規制当局と大手製薬会社 ヒトの細胞に病原体から毒性のあるタンパク質をつくらせている 脂質ナノ粒子は身体のどこへでも行く スパイクタンパク…

米国連邦裁判所の命令により公開された秘密文書により、ファイザー、FDA、ファクトチェッカーがCovid-19ワクチンに有毒な酸化グラフェンは含まれていないといったのは嘘であることが証明された。(下)

米国連邦裁判所の命令により公開された秘密文書により、ファイザー、FDA、ファクトチェッカーがCovid-19ワクチンに有毒な酸化グラフェンは含まれていないといったのは嘘であることが証明された。(下) 酸化グラフェンは人体の細胞や組織に取り込まれる フィ…

米国連邦裁判所の命令により公開された秘密文書により、ファイザー、FDA、ファクトチェッカーがCovid-19ワクチンに有毒な酸化グラフェンは含まれていないといったのは嘘であることが証明された。(上)

米国連邦裁判所の命令により公開された秘密文書により、ファイザー、FDA、ファクトチェッカーがCovid-19ワクチンに有毒な酸化グラフェンは含まれていないといったのは嘘であることが証明された。(上) 酸化グラフェンはなぜあまりニュースに出てこないのか…

あなたたちはずっと騙されてきたのだ ── 酸化グラフェンは存在した。

あなたたちはずっと騙されてきたのだ ── 酸化グラフェンは存在した。 酸化グラフェンとは? さらなる証拠、その他の未申告物質と致命的な結果 スペインの発見 カナダの発見 アルゼンチンの研究者の発表 イギリスの研究所の発見 ニュージーランドの発見 彼ら…