自己免疫疾患、糖尿病

放映阻止されたイェードン博士の英国議会議員へのスピーチ(下)

放映阻止されたマイク・イェードン博士の英国議会議員へのスピーチ(下)- 2023年12月4日 アンドリュー・ブリッジゲンのイベントで検閲されたスピーチの概要 PART2 免疫系は「自己」と「非自己」を区別する 異質なスパイクタンパク質を産出する「非自己」の…

放映阻止されたイェードン博士の英国議会議員へのスピーチ (上)

放映阻止されたマイク・イェードン博士の英国議会議員へのスピーチ (上)- 2023年12月4日 アンドリュー・ブリッジゲンのイベントで検閲されたスピーチの概要 PART1 パンデミックは起こっていなかった 意図的に「毒チン」を開発した 放映阻止されたマイク・…

VAERS ー COVIDワクチン死は65歳以上が圧倒的

VAERS ─ COVIDワクチン死は65歳以上が圧倒的 VAERSのデータによると、新型コロナワクチン接種後の死亡率は65歳以上では35%にのぼっている。

COVID-19ワクチンを接種した人のほぼ3分の1が、震え、不眠、筋肉の痙攣などの神経学的合併症に苦しんでいる(下)

COVID-19ワクチンを接種した人のほぼ3分の1が、震え、不眠、筋肉の痙攣などの神経学的合併症に苦しんでいる(下) 合併症 その他の神経学的所見 ジョンズホプキンス大医学部、全米神経学会らはまだ性懲りもなくワクチン接種を勧めている COVID-19ワクチンを…

COVID-19ワクチンを接種した人のほぼ3分の1が、震え、不眠、筋肉の痙攣などの神経学的合併症に苦しんでいる(上)

COVID-19ワクチンを接種した人のほぼ3分の1が、震え、不眠、筋肉の痙攣などの神経学的合併症に苦しんでいる(上) アストラゼネカのリスク モデルナとファイザーのリスク モデルナ ファイザー 女性が影響を強く受ける COVID-19ワクチンを接種した人のほぼ3分…

COVIDショットに含まれるDNA汚染物質がガンを誘発し、ヒトゲノムを変化させる可能性がある

専門家パネルは、COVIDショットに含まれるDNA汚染物質がガンを誘発し、ヒトゲノムを変化させる可能性があると結論した 調査結果の要約 あらゆるガン調査システムでがんの発生率が上昇 専門家パネルは、COVIDショットに含まれるDNA汚染物質がガンを誘発し、ヒ…

ピーター・マッカロー博士、すべてのCOVIDワクチンの即時撤廃とWHOとの関係断絶を求める

ピーター・マッカロー博士、すべてのCOVIDワクチンの即時撤廃とWHOとの関係断絶を求める ファウチらが共謀してすべてを隠蔽しようとした スパイクタンパク質が起こす疾病 偽りのシナリオ ピーター・マッカロー博士、すべてのCOVIDワクチンの即時撤廃とWHOと…

知ることと信じること:ワクチン接種による組織的な被毒は終わらせなければならない

知ることと信じること:ワクチン接種による組織的な被毒は終わらせなければならない いかなる種類のワクチン接種にも合理的な根拠はない。 多くの専門家や家族が過去の信念を再検討し、この結論に達している。 サーシャ・ラティポヴァ ワクチンを打てば健康…

Ⅰ型糖尿病の原因のほとんどはワクチンだ

Ⅰ型糖尿病の原因のほとんどはワクチンだ 梗概 証拠 なぜ医学研究はいつもワクチンとI型糖尿病との関連性を発見できないのか?そうならないように設計されているからだ ワクチンだけが原因なのか? まとめ:EBMの大欠陥 Ⅰ型糖尿病の原因のほとんどはワクチン…

データは明らかだ。ワクチンをたくさん打てば打つほど、子供が自閉症を含む慢性疾患を発症する可能性が高くなる

データは明らかだ。ワクチンをたくさん打てば打つほど、子供が自閉症を含む慢性疾患を発症する可能性が高くなる 梗概 調査と結果 各条件のオッズ比 ビタミンK注射は常に拒否すべきだ このことは実は約100年前から知られていた。 データは明らかだ。ワクチン…

糖尿病治療の長時間作用型インスリンにもハイドロゲルが入っている。

アナ・マリア・ミハルセア博士:Covidワクチンと同じように、長時間作用型インスリンの量子ドットがハイドロゲルでできた「ゴム状の血栓」を組み立てている インスリン注射にAIの自己組織化技術が使われている 自己組織化、生体モニタリング通信にも使えるプ…

MI6は世界の出来事にどれほどの影響力を持っているのか?彼らは誰に答えているのか? Part-1

MI6は世界の出来事にどれほどの影響力を持っているのか?彼らは誰に答えているのか? MI6秘史 誰がMI6やその他の諜報機関を支配しているのか? イエズス会はCIA、FBI、KGB、MI5、MI6、モサドを支配している 諜報機関と銀行システムに対するイエズス会の支配…

ファイザーの新機密文書公開 : ファイザーは、ほぼすべての臓器系を網羅する160万件の有害事象を観察していたことが判明

ファイザーは、ほぼすべての臓器系を網羅する160万件の有害事象を観察していたことが判明 まずは、このtweetから EMAが要求したファイザーの文書が公開された。 ファイザーは、ほぼすべての臓器系を網羅する160万件の有害事象を観察していたことが判明 まず…

COVIDワクチンの投入により、2021年のエイズ関連疾患とがんが338倍に増加したとCDCが発表。

COVIDワクチンの投入により、2021年のエイズ関連疾患とがんが338倍に増加したとCDCが発表した 米国政府とCDCが公表した公式データでは、ワクチン接種を受けた米国人が後天性免疫不全症候群や、自然免疫系を破壊する同様の病気を発症している可能性が強く示唆…

海外で大々的に報道: 日本は数百万人のCOVIDワクチンによる死亡について公式調査を開始。

海外で大々的に報道: 日本は数百万人のCOVIDワクチンによる死亡について公式調査を開始。 日本、COVIDワクチンによる死亡事故について調査を開始。 広島大学長尾正崇教授インタビュー「死体の温度が異常に高かった」 高知大学佐野栄紀教授のインタビュー「…

あのとき武漢ではいったい何が起こったのか?世界の人びとは知る権利がある。

あのとき武漢では一体何が起こったのか?世界の人びとは知る権利がある。 脂質ナノ粒子は毒や化学/生物兵器を運搬するテクノロジーだ。 この生物兵器に関する3つの重要なポイント 武漢とアメリカで生物兵器攻撃が行われた証拠。 あのとき武漢では一体何が起…

真実のすべてがほぼ明らかになった。寄生虫ワクチンと5G/4Gのリンクで人が死んでいる!(上)

真実のすべてがほぼ明らかになった。寄生虫ワクチンと5G/4Gのリンクで人が死んでいる!(上) 世界中の人の体に寄生虫が蔓延している。 大製薬会社は、ワクチン接種によって人工的な遺伝子配列をヒトゲノムに送り込むためのmRNAベクターとして、致命的な寄生…

COVID-19ストーリーの欺瞞を解き明かす Part 3 嘘、大嘘とスパイクたんぱく。

カレン・キングストン:COVID-19ストーリーの欺瞞を解き明かす Part 3 嘘、大嘘とスパイクたんぱく。 ウイルスやワクチンのmRNAが体の中でスパイクたんぱくを作る、というのは作り話だ。 新型コロナウイルスよりもさらに欺瞞的なAIナノ兵器のスパイクたんぱ…

いまなぜ「サル痘」流行のニュースが流れているのかについてのThe Exposé の考察(下)

いまなぜ「サル痘」流行のニュースが流れているのかについてのThe Exposé の考察(下) ワクチンによる後天性免疫疾患と休眠中のヘルペスの活性化が起きている。 Covid-19ワクチン後天性免疫不全症候群の兆候 全ワクチンとCOVID-19ワクチンの後天性免疫不全…

いまなぜ「サル痘」流行のニュースが流れているのかについてのThe Exposé の考察(中)

いまなぜ「サル痘」流行のニュースが流れているのかについてのThe Exposé の考察(中) 米国で報告された有害事象について ワクチン後天性免疫不全症候群(VAIDS) 「ワクチンの有効性」といわれているものは、実は接種者の免疫系の性能を非接種者のそれと比…

いまなぜ「サル痘」流行のニュースが流れているのかについてのThe Exposé の考察 (上)

いまなぜ「サル痘」流行のニュースが流れているのかについてのThe Exposé の考察(上) サル痘と水痘(水疱瘡)/帯状発疹はみわけがつかない。 サル痘はアフリカ以外ではほとんど見られない。 真実は、われわれはCovid-19ワクチンが免疫系に起こしたダメージ…

カナダ政府の公式データは、ワクチン3回接種者がエイズを発症し、ワクチン接種を受けていない人よりもCovid-19で死亡する可能性が5.1倍高いことを示唆している。

カナダ政府の公式データはワクチン3回接種者がエイズを発症し、ワクチン接種を受けていない人よりもCovid-19で死亡する可能性が5.1倍高いことを示唆している。 2回接種で有効性がマイナス228.52%、3回接種でマイナス414.49% 接種者の免疫は2回接種者でマイナ…

CDCの”ファクト”の崩壊 ── ワクチンはDNAを変化させる。

CDCの”ファクト”の崩壊 ワクチンのmRNAは人間の肝細胞に入り込み、DNAに変換される。 自己免疫疾患 スパイクプロテインは循環する。 「神話」は神話ではなかった。 CDCの”ファクト”の崩壊 ワクチンのmRNAは人間の肝細胞に入り込み、DNAに変換される。 ファク…

ビタミンD補給と自己免疫疾患の治療/予防の因果関係が立証された。

毎日のビタミンD補給と自己免疫疾患の治療/予防の因果関係を世界で初めて立証された。 ビタミンDと自己免疫疾患の治療/予防効果との因果関係が証明された。 アメリカで行われた大規模で長期の無作為二重盲検試験。 自己免疫疾患の発症率が39%減少した。 ビ…