赤十字社

赤十字はNATOのウクライナで子どもの臓器を採取していたのか?㊦

赤十字はNATOのウクライナで子どもの臓器を採取していたのか?㊦ これまでにもウクライナでの臓器狩りの数々のニュースが流れた。 出典と参考文献 赤十字はNATOのウクライナで子どもの臓器を採取していたのか?㊦ これまでにもウクライナでの臓器狩りの数々…

赤十字はNATOのウクライナで子どもの臓器を採取していたのか?㊤

赤十字はNATOのウクライナで子どもの臓器を採取していたのか?㊤ ロシア軍、ウクライナ赤十字のマウリポリにおける怪しげな活動を調査 チャイナ・ライジングが調査 ウクライナにおける臓器収奪の歴史 赤十字はNATOのウクライナで子どもの臓器を採取していた…

アメリカ赤十字社は、新型コロナワクチンを接種した人たちはCOVID-19感染症の患者に血漿を提供できないという

感染で入院した人の四人に一人が血漿を必要としているが 「Vitalant血液バンク」によると現在、COVID-19感染症で入院した患者の4人に1人が回復期患者血漿の輸血を必要としているという。だが、アメリカ赤十字社のホームページには、新型コロナワクチンを接種…

暴露:ランセットの科学者27名のうち26名が武漢の研究者と関係のある人物だった

デイリー・メイル・オンラインは9月11日、COVID-19が中国の研究所から洩れたという理論を批難したランセットの27人の科学者のうち26人が武漢の研究者とつながっていた。 武漢ウイルス研究所の石正麗 2020年3月に発行されたランセットの手紙は、COVID-19が研…

CDCは8月26日、秘かにワクチンの定義を変更していた

CDCは8月26日、秘かにワクチンの定義を変更した 変更前の定義「人の免疫系を刺激して特定の病気に対する免疫を生み出す製品」変更後の定義「病気に対する体の免疫応答を刺激するために使用される製剤」 つまりワクチンは「免疫を生み出さ」ず「刺激する」だ…

原爆投下を上回る悪魔の所業!FDA、CDC、ビッグファーマは子どもたちをギラン・バレー症候群にするワクチンを強制接種する

今から10月までの間に、「急性弛緩性脊髄炎」と偽ってインフルエンザ・ワクチンと新型コロナワクチンで世界中のすべての子どもたちをギラン・バレー症候群にする DR. ARDIS WITH A DIRE WARNING! THE CDC KNOWS CHILDREN WILL BE DAMAGED BY FLU SHOTS/VACCI…

ビル・ゲイツ軍事法廷4日目  天網恢々疎にして漏らさず ── ゲイツの悪魔のワクチンを生き延びた奇跡の老女が証言に立つ

暴かれたビル・ゲイツの虚言 弁護士は死んだ250人の死体はどこにあるのかと迫る デジタル記録は消されてもアナログ記録は残っていた 91歳のメリー・ジョンソンが登場する 続報 スズマンという男からメールが届く 暴かれたビル・ゲイツの虚言 弁護士は死んだ2…

COVID-19は2015年に特許が取得され、検査キットは2017年と2018年に世界各国が輸入していた

プランデミック(計画された”パンデミック”)、スキャンデミック(詐欺”パンデミック”)と呼ばれる理由はこれだ ロスチャイルドとオランダ政府機関が2015年にCOVID-19の特許を取得していた 2015年、オランダの政府機関とリチャード・ロスチャイルドによって…

ピーター・マッカロー博士、地元テキサスのテレビ番組でとても重要な5つのことを話す

ウイルス、ワクチンとその治療法の5つの重要な話 この記事はRumbleにUploadされた下記ビデオをもとに、マッカロー博士の話を要約したものです。 私を含めて誰もウイルスとは何かを知らなかった。しかし、新型コロナ発生から1年3ヶ月が経過しわれわれは今や…

ビル・ゲイツ 軍事法廷3日目 ゲイツとファイザーの秘密のメールが暴かれる

2001年にファーザーとの間で交わされたゲイツの「殺人ワクチン」の生々しい内容が明かされる 小脳をゆっくり溶かし臓器を蝕むワクチンの計画 ファイザーは犯罪の露見を恐れて計画の延期を提案する 暗号解読班と科学犯罪専門家がゲイツの暗号メールを解く 参…

遠藤誉著「『中国製造2025』の衝撃」

日本人は怖れ反発するだけでなく、等身大の中国を見よ 著者の遠藤誉氏は中国問題グローバル研究所所長、筑波大学名誉教授である。満州国新京市(現吉林省長春市)生まれで、流暢な中国語を駆使する。 この「『中国製造2025』の衝撃」は2018年12月に発刊され…

ビル・ゲイツ 軍事法廷 第2日目

証言されたゲイツの幼児人身売買とアドレナクロム常習 コロナに感染したと嘘をつく ゲイツのフィクサーがゲイツの犯罪を証言する ネットの否定的報道は即座に削除されてきた コンテナ一杯の少年少女。ゲイツはラリって少女を殴り殺した 元妻メリンダの再びの…

ファイザーとFDA、溢れかえる賄賂

この記事の情報はファイザー社の元役員からもたらされた。 2019年から2021年に起きたことを振り返ると、この秘密会談は2019年11月か12月、遅くても2020年1月に行われたものと推測される。 Covid-19は人工ウイルスで感染しても99.6%が回復するものだった。も…

世界の主流メディア(MSM)がワクチン接種の致命性を認め始める

変化した主流メディアのワクチン報道 BBC Daily Beast 変化した主流メディアのワクチン報道 日本では8月26日、東京、埼玉、茨城、愛知、岐阜の5都県の8カ所の接種会場で、あわせて39の容器から異物の混入があったと報告があったことが報道された。その後8月2…

ワクチン接種による血栓の恐ろしさ

BBCプレゼンターの死 受賞歴のあるBBCラジオのプレゼンターであるリサ・ショーさん(44)は、アストラゼネカのワクチンの一回目の接種一週間後から激しい頭痛をうったえ、数日後彼女は深刻な状態に陥った。その後、ニューキャッスルのロイヤル・ビクトリア診…

ファイザー/BioNTech社製ワクチンを2回接種した人よりも自然免疫を獲得している人の方が最大13倍もデルタ株に感染するリスクが低い

イスラエルで行われたこの調査について、「これは、パンデミック初期の感染から得られる自然免疫と現在使用されている最も強力なワクチンによる保護を比較した、実世界での最大規模の分析」とブルームバーグが報じた。 https://www.bloomberg.com/news/artic…

モンタニエ博士 ──「ワクチンは神経変性疾患をもたらす」

リュック・モンタニエ博士「ワクチンは神経変性疾患をもたらす」 1.コロナウイルス・ワクチンが変異体の原因 2. 子供へのワクチン接種は世代をまたぐ恐ろしい結末をもたらす 3. 神経変性疾患 -ワクチンの副作用 ビデオと抄訳 追加情報1 追加情報2 追加情…

世界は大きく騙された ── モンタニエ教授とマッカロー教授の大警告

1.モンタニエ博士の警告 ワクチンはウイルスを養い、そして広める <参考> 2.マッカーロ博士の警告 人類史上最凶の大犯罪 接種者は病気になり、病気を広めている 患者に最善を尽くしている医師たちは脅迫されている 世界の国々と人びとは大きく騙された 1.…

タリバンに目をくりぬかれた女性警官が語る、アフガニスタンの現状

地獄の現出 警官であることを確認したあと、発砲され刺され目をくりぬかれた アフガニスタンの元警察官のカテラさん(33歳)は、昨年10月に妊娠2か月のときにタリバンに残虐な非人間的な扱いを受けた。仕事からの帰り道、タリバンの3人の戦闘員が彼女に声を…

世界は近代史上最も危険で予測不可能な時代に入った

元CIA Ops Officerが警告を発した。日本国民もほぼ理解していない 元CIAオペレーション・オフィサーのブライアン・ディーン・ライトが、短いが切迫したツイッター・スレッドで、「元米国諜報界の同僚はアフガニスタンで起こったことに怒り、深く憂慮している…

2021年1月のローマ教皇フランシスコ逮捕は本当か

アメリカ大統領選挙不正に大きく関与したローマ・カトリック教会 カナダのBeaver紙の報道とUSA Todayらの反論 2021年1月10日にフランシスコ教皇がイタリア検察庁によって逮捕されたという噂が世界を駆け巡った。モントリオールに拠点を置く保守メディア”Beav…