世界は大きく騙された ── モンタニエ教授とマッカロー教授の大警告

 

 

f:id:tantotempo:20210823003748j:plain



1.モンタニエ博士の警告

ワクチンはウイルスを養い、そして広める

2021年8月20日、2008年のノーベル賞受賞者であるフランスのリュック・モンタニエ博士は、昨年春に続き重大な警告を発した。

  • 去年いった「受容できない過ち──科学的、医学的間違い」は向こう見ずな放縦さで続いている。
  • インフルエンザとCovid-19から守るのではなく、ワクチンはウイルスを養い(そして広げている)。歴史がそれを証明するだろう。

  • ワクチンは将来、恐らく現在の治療に耐性のある変異株をつくる。これは、ウイルスが細胞に入り、病気を悪化させる抗,体依存増強(ADE : Antibody Dependent Enhancement)と呼ばれる現象だ。この現象によりウイルスが細胞の中に入り、病気をより悪化させるのだ。それはインフルエンザやCovid-19を引き起こすウイルスの中で起こっている。

モンタニエ博士は、彼が健康に害を与えることを知っているこワクチンの接種を拒否している。イスラエル最高裁判所判事に宛てた書簡で彼は、「ワクチン接種政策による潜在的な危険性をまとめたい」と述べ、下記のように集団接種を停止するよう要請した。

1.短期的な副作用:いまわれわれが見ていものには、ワクチン接種に対して見られる通常の局所反応ではない、接種者の生命に関わるワクチン混合物の成分に関係するアナフィラキシーショック、または重度のアレルギー、あるいは細胞形成不全までに至る自己免疫反応がある。
2.ワクチン保護の欠如   

2-1. 抗体促進の誘導

誘導された抗体はウイルス感染を中和せず、逆に接種者(の免疫)に依存してそれを促進する。接種者はすでにウイルス不顕性感染している可能性がある。自然に誘導された抗体の低い水準では、ワクチンによって誘導された抗体と競合する恐れがある。

2-2. 新しくできた変異株は毒性と感染性が強くなる

高度に暴露された集団内においてワクチン接種によって促進された抗体の生成は、それらの抗体に対抗する変異株の選択へと導く。その変異株はより毒性を持つかより強い伝染性を持つことができる。これが今われわれが見ているものだ。終わりのないウイルスとワクチンの追っかけっこは常にウイルスの勝利となる。

3.長期的影響

メッセンジャーRNAワクチン製造者の主張とは反対に、ワクチンはウイルスのRNAをヒトゲノムに統合する危険性がある。実際、われわれの一個一個の細胞にはRNAからDNAへの逆転写酵素の能力をもつ内因性レトロウイルスがある。

これは希なことだが、胚(生殖)細胞のDNA通過とその将来の世代への伝達が行われる。それを排除することはできない。予測不可能な未来に直面させられるいま、接種は控えた方がいい。

f:id:tantotempo:20210823002016j:plain

<参考>


❶2021年5月18日 RAIR財団USAに掲載されたモンタニエ博士のインタビュー

 

❷2020年4月という早い時期に、モンタニエ博士はSARS-COV-2(Covid-19)ウイルスは人工的につくられたものだと世界に発信した。

 

 

2.マッカーロ博士の警告

医学教授であり、2つの医学雑誌の編集長、そして何百もの査読記事の著者であるピーター・マッカロー医学博士の警告は下記の通り。

人類史上最凶の大犯罪

インフルエンザ/Covid-19のワクチン接種は、人類史上最も致命的で有害かつ高価な医療処置の1つとして後世まで記憶されるだろう。彼は今回のワクチン接種はアメリカの歴史において、人体に打たれた今までで最も致命的な、有害の生物学的作用物質である。今起こっているのはバイオテロなのだ。ワクチン接種は健康を破壊するスパイクタンパク質の人体への注入だ。この(健康を破壊する)スパイクプロテインを生成する生物学的にアクティブなmRNAを注入することで、医師たちは知らないうちに想像もしないことをやっている。アメリカと西側の社会の増加している社会セクターを目的とした、国家提供の「強制接種の信じ難い猛威を操作する偽情報とプロパガンダ」が行われている。イスラエルの状況を見よ。ほとんどの国民のの接種を達成したイスラエルは世界の感染の大半をなしているではないか。

イギリスでも同じことが起こっている。国民のほとんどが接種したにもかかわらず、インフルエンザ/Covid-19による入院者数は6月から7倍に増加した。接種した英国人は、ウイルスによる死者のほとんどを構成している。

接種者は病気になり、病気を広めている

証拠は明確だ。接種は健康を守るかわりに人を病気にする。接種した人びとが、他の人に病気を広めている。インフルエンザ/Covid-19は、非接種医療要綱で安全かつ効果的に治療可能だ。それをやれば入院と死亡の大半を回避できる。しかし、アメリカ/西側の公衆衛生当局とエスタブリッシュメント・メディアは、これに関する情報を抑圧して続けている。
私はアメリカの将来を深く憂慮、懸念しており、言論の自由と科学的議論の喪失を深く恐れている。

患者に最善を尽くしている医師たちは脅迫されている

 いま、患者を助け命を救うためにベストを尽くしている医師たちに対する大きな脅迫が存在する。米州政府医療委員会連盟は、患者を安全かつ効果的に治療している医師たちを、「間違いを広めている」として脅迫している。彼らは医療を実践するライセンスを取り上げるといって脅されているのだ。

世界の国々と人びとは大きく騙された

インフルエンザ/Covid-19のワクチン接種は恐ろしく危険であることを再度強調したい。ワクチンのプロモートと使用はとてつもない医学倫理違反だ。アメリカ人、その西側カンターパートと他の国々は嘘をつき続けられ、大衆は欺かれた。安全でいるためには、健康を破壊する強制と最大多数への最大の危険を欲する助言を避けることが必要だ。

f:id:tantotempo:20210823002045p:plain

Flu/Covid Outbreaks Surge in Mass-Jabbed Israel and Elsewhere - Stephen Lendman

■■END■■