爆弾炸裂:プロジェクト・ベリタスが曝露!イベルメクチンとヒドロキシクロロキンがCOVIDの治療に有効であるという証拠をワシントンの官僚は持っていたが国民に隠していた。

 

ファウチに王手!
プロジェクト・ベリタスが曝露!イベルメクチンとヒドロキシクロロキンがCOVIDの治療に有効であるという証拠をワシントンの官僚は持っていたが国民に隠していた。

 

マローン博士やゼレンコ博士の発言は正しかった。

f:id:tantotempo:20220113200927j:plain

mRNAワクチンの発明者であるロバート・マローン博士は、ファウチ博士らがHCQとイベルメクチンを予防し、COVID-19患者から他の治療を受けて50万人以上のアメリカ人を嘘をつき、死亡させたと非難した。
マローン博士は正しく、ファウチと米国のトップクラスの医師は共謀して、COVID-19治療としてのヒドロキシクロロキンはありえないと非難していたのだ。その結果、現在では50万人ではなく何百万人もの人々が死亡した。

(この詳細については下記のゼレンコ博士のインタビューを参照のこと)

「ゼレンコ博士はCDCの対応は人道に対する罪であり、大量殺人であり、集団虐殺であると非難」

2021年11月23日付のThe Gateway Punditのゼレンコ博士への独占インタビュー>

EXCLUSIVE VIDEO: Dr. Zelenko to The Gateway Pundit: CDC's Response to COVID-19 "A Crime Against Humanity. Mass Murder. And Genocide..."

メリス・ナース博士が政府機関の嘘を打ち破った。

f:id:tantotempo:20220113202009j:plain

まず、メリル・ナース博士が『ディフェンダー』で政府機関の嘘話を打ち破った。
ナース博士によると、連邦政府の衛生トップは皆、ヒドロキシクロロキンに反対する共同謀議に加担していたという。

ファウチはNIAIDを運営し、コリンズはNIHディレクター(名目上ファウチの上司)であり、ファラーはウェルカム・トラストのディレクターである。ファラーはまた、ランセットの手紙に署名した人だ。彼はWHOのR&Dブループリント科学諮問グループの議長であり、WHOの臨床試験(COVIDへのヒドロキシクロロキンの使用を阻止するために、1000人の無意識の被験者にヒドロキシクロロキンを過剰投与した)の運転席に座ることになったのである。

ファーラーはマラリアの多いベトナムで働いた経験があり、SARS-1にも関わっていた。さらに、1,600人の被験者にヒドロキシクロロキンを過量投与した英国のリカバリー試験の立ち上げにも中心的な役割を果たした。

ファーラーは、ブラジルがCOVIDのためのクロロキンの試験で、誤って患者に過剰投与したことを世界に発信した。これは2020年4月中旬にJAMA誌に掲載された論文で行われた。(「ブラジルでクロロキンを大量に投与された被験者の39%が死亡、平均年齢50歳」)

しかし、実際にはヒドロキシクロロキンの臨床とリカバリー試験は6月まで続き、極端な用量が暴露された後に停止された。

ファウチはクロロキン薬とイベルメクチンの両方に対して助言しながら、NIAIDから発生したCOVIDの治療ガイドラインを制御した。ファウチのNIAIDはまた、2,000人と見込まれた被験者のうちわずか20人が登録された後、早期疾患におけるヒドロキシクロロキン治療の最初の大規模な試験をキャンセルした。

これはどういう意味か?

  1. 「ネイチャー」紙の5人の著者とNIH、NIAID、ウェルカム・トラストの責任者との間には、COVIDのラボの起源を隠すための共同謀議があった。
  2. ダズザックを巻き込んだ、ファウチなどのよる”自然起源論”を推し進める共同謀議があった。
  3. ダズザックがランセットのレビューを書いてCovid-19の元を隠し、自然起源論を推し進め、他の考えを「陰謀論」との評価に陥れる謀議があった。コリンズのブログ記事はこの物語のもう一つのパートである。
  4. ファラーは、合計約500人の被験者が死亡した大規模なヒドロキシクロロキン過剰摂取試験の両方に密接に関与していた。
  5. ファラー、ファウチ、コリンズは、パンデミックを好転させたかもしれないクロロキン薬とイベルメクチンおよび他の転用薬物の使用に関する高品質なテストに対して、それらをサポートできた研究資金を決して出さなかった。
  6. ここに挙げた4人の個人名ーファウチ、ダズザック、コリンズ、ファラーは、パンデミックの創作と同じように、長期化とパンデミック中に使用された誤治療に密接に関与しているのか?

プロジェクト・ベリタスが驚くべき軍事文書を公開した。

 

さて、いつファウチは数百万人を殺した彼の嘘に向き合うのだろうか?と皆が思っていた。しかし彼は向き合いはしない。だが、これでチェックメイトだ。

 

月曜日の夜、プロジェクト・ベリタスは最新の調査結果を発表したが、それは驚くべきものだった。
プロジェクト・ベリタスはCovid-19の起源、機能獲得研究、ワクチン、潜在的治療法、すべてを隠そうとする政府の努力に関するこれまで見たことのない軍事文書を公開した。

新たに公開された軍事文書は、ファウチの宣誓証言と矛盾するものだ。また、この文書は、米国政府が有効な治療法に関する情報を米国民に隠していたことも明らかにした。文書にはイベルメクチンとヒドロキシクロロキンがコロナウイルスの治療に有効であるという証拠が含まれていた。この情報はアメリカ国民から隠されていたのだ。

 

国防高等研究計画局(DARPA)のコンピューター上の極秘フォルダに保存されていた文書が、2020年4月にイベルメクチン、ヒドロキシクロロキン、インターフェロンという医薬品がCOVID-19の「治療薬」として証明されたことを証明している ── 治療薬は "極秘" として葬られていたのである。

政府のコンピュータの極秘フォルダにこっそりと保存されていたこれらの文書の暴露は、米国連邦政府が2020年4月に「COVID-19パンデミック」全体がこれらの一般薬の使用によって完全に治癒可能であると知っていたことを証明するものだ。

以下はその抜粋である。

f:id:tantotempo:20220113195508j:plain

プロジェクト・ベリタスのインスタとビデオ

 

ジェームス・オキーフのインスタ

 

プロジェクト・ベリタスの創設者であるジェームズ・オキーフは1月8日、来週、ファウチ博士に関する内部告発者の文書を発表するといっていた。

f:id:tantotempo:20220113215651p:plain

真っ先に報道されたのは、ファウチが宣誓下で繰り返し証言してきた機能獲得研究に関与していないというのは嘘だったことだった。

米下院議員ポール・ゴサールのTweet

 

口をあんぐりさせるベリタスのレポート。今まで決して見れなかった機能獲得に関する軍の文書は、ファウチの宣誓下での証言とまったく矛盾している。

 

ファウチは、NIHとNAIADがエコヘルス・アライアンスが「機能獲得研究」に関与していないことを宣誓の下で繰り返し主張してきた。
しかし、エコヘルス・アライアンスの提案がDARPAによって却下された理由を概説したプロジェクト・ベリタスが入手した文書によると、DARPAはこの研究を機能獲得としていたことが判明した。

BREAKING: Project Veritas releases military documents that contradict Fauci's sworn testimony on gain of function research | The Post Millennial

 

早速削除されたベリタスのTwitterアカウント

 

ベリタスがオリジナルのビデオをあげていたTwitterアカウント(@ExposeFauci
)は早速Twitter社によって削除された。

ビデオ(日本語字幕付き)

しかし、それと同じオリジナルのビデオはまだRambleにある。また、日本語字幕を入れたビデオがある。

このビデオの最後でオキーフが投げかけた問いは重要だ。

核兵器を作っている国防高等計画局がこの研究を進めるのは危険だと感じたならば、なぜNIH,、NIAIDとエコヘルスは無謀にもその危険性を無視したのか?