C19バイアル・リボンは数日で成長するマイクロチップ接続用ハイウェイだ ──  新しい驚異的な暗視野顕微鏡画像を見よ。

 

 

 

C19バイアル・リボンは数日で成長するマイクロチップ接続用ハイウェイだ ──  新しい驚異的な暗視野顕微鏡画像を見よ。

Ana Maria Mihalcea, MD, PhD

 

豪州のニクソン博士らが撮影したバイラルの中のリボンの映像

マイクロワイヤーでマイクロチップに接続されるリボン。

デビッド・ニクソン博士はオーストラリアから以前に私に電話をかけてきた。彼とエンジニアのマット・テイラーは、C19ファイザー社製バイアルの内容物を暗視野顕微鏡で観察し、乾燥したバイアルの内容物の中に見えるリボンがマイクロチップに電線のようにつながっている様子を評価するズームコールを録画していた。
デビッドは、リボンがマイクロチップとどのように接続されているかを、チップのさまざまな側面に個別のワイヤ接続して撮影した。

2.5時間のセッションへのリンクはは下記リンクにある。

David Nixon、Matt Taylor、Ribbon高速マイクロチップ

マイクロチップの部品に接続するワイヤーを示す別の図

このリボンは2日で一番上の画像のサイズから一番下の画像のサイズまで成長した。

光通信をしていることを示す自己組織化段階のマイクロチップ

マイクロチップを接続するリボンハイウェイ

マイクロチップに接続する発光するリボン?

リボンハイウェイの詳細

リボンハイウェイとマイクロチップ

これらは、ワクチン接種を受けた人と予防接種を受けていない人の生血分析で見られるのと同じリボンであり、遺体整復師が見た広範な血栓を引き起こしているのではないかと非常に懸念している。

ワクチン接種者の血液中のリボン

ワクチン非接種者の血液中のリボン

カレン・キングストンが提示したあの巨大な血栓の病因を説明している特許

 

カレン・キングストンは、発見された大きな血栓のハイドロゲルの病因を説明している特許をわれわれに見せてくれた。

 

キングストン・レポート

フォーブスによれば、映画「突然死」には、COVID-19ワクチンが不思議な血栓を引き起こすという科学的証拠が欠けているという。
メディアや専門家は科学的説明の欠如で、COVID-19ワクチンが不思議な血栓を引き起こすと主張している。モデルナの特許とファイザーのワクチン成分は、この科学的ギャップに対処する可能性がある。
ステュ・ピーターズのドキュメンタリー「突然死」は2022年11月21日月曜日に初公開され、1週間足らずで1,000万回以上再生された。その成功にもかかわらず、この映画は主流メディアからは絶賛とは言い難い評価を受け、代替メディアや専門家のインフルエンサーからは厳しい批判さえも受けている。
もっと読む

 

具体的な特許とはこれだ。

この一部を翻訳する。

---------------------------------------------------

モデルナの mRNA ワクチンに関する脂質ナノ粒子 (LNP) 特許の第 219 条と第 220 条には、次のように記載されている。

  •  mRNA (ポリヌクレオチド) は、任意のヒドロゲルにカプセル化することができる。
  • ハイドロゲルは、生体適合性、生分解性、および/または多孔性の天然組織に類似した体内の生合成物質を形成する可能性がある。

モデルナ US 10.703.789.B2。2020年7月
一実施形態では、本明細書に開示されるポリヌクレオチド、一次構築物、および/またはmmRNAは、対象に注射されるとゲルを形成し得る。当技術分野で公知の任意のヒドロゲルにカプセル化されハイドロゲルは、親水性のポリマー鎖のネットワークであり、水が分散媒であるコロイド状ゲルとして見られることがある。ハイドロゲルは吸収性が高く (99% 以上の水を含むことができる)、天然または合成ポリマーである。ハイドロゲルはまた、水分含有量が多いため、天然の組織と非常によく似たある程度の柔軟性も備えている。本明細書に記載のハイドロゲルは、生体適合性、生分解性および/または多孔性である脂質ナノ粒子をカプセル化するために使用することができる。
US00000010703789B220200707 (modernatx.com)

-------------------------------------------------------------------

 

出典:BREAKING NEWS: C19 Vials Ribbons are Microchip Connecting Highways That Develop In Days. New Stunning Darkfield Microscopy Images (substack.com)