ICIC - 国際犯罪調査委員会:ナノテクノロジー:mRNA注入における自己組織化構造を議論する。

 

 

ICIC - 国際犯罪調査委員会:ナノテクノロジー:mRNA注入における自己組織化構造を議論する。

ナノテクノロジー:mRNA注入の自己組織化構造
  ──  アナ・ミハルチャ博士、カレン・キングストン、デビッド・ニクソン博士、シモン・ヤノヴィッツ、マイク・イェードン博士  ──  

 

今回のICIC(国際犯罪調査委員会)では、ライナー・フュエルミッチ博士(国際弁護士)とマイク・イェードン博士(元ファイザー副社長兼主席科学責任者)が、この爆発的な話題について4人の専門家と洞察に満ちた会話を繰り広げた。

video.icic-net.com

●デビッド・ニクソン博士は、暗視野顕微鏡を使ってmRNAベースの物質を注射された人々の血液サンプルを調べ、その結果を対応する画像で説明している。結晶のような不自然な構造が明らかになり、さらに観察しているとそれは変化して、一種のナノ・マイクロテクノロジーの特徴を示す。この詳細については、About Me - Dr David Nixon - 1を参照のこと。

●アナ・マリア・ミハルチャ博士は、CovidのmRNA物質の成分に集中的に取り組んでいる。特に、有害な排泄物が「ワクチン接種者」から「ワクチン未接種者」に移行することが想定される、いわゆる「シェディング効果」にも取り組んでいる。

●毒物学や臨床データの分析、Covid mRNA物質の成分などを研究しているカレン・キングストンは、世界中で何十億人もの人々に、いわゆる新種の「ワクチン」を投与する際の政府の機能品質保証管理に関するすべての措置が失敗し、すでにデータ状況が悪化した後でも実行されていないと訴えている。

●電気工学者のシモン・ヤノヴィッツにとっては、注入された物質が人体内で奇妙に変化し、電子回路のような特性を持つことから、一種のマイクロテクノロジーであることが研究成果として示された。また、この物質に含まれる脂質ナノ粒子が「技術的装置(テクニカル・デバイス)」として認可されたことも気になるところだ、とカレン・キングストンは述べている。

 

C19バイアルからのMACアドレス現象とリボン

 

私たちは、医師とエンジニアの情報共有では、多様な科学の専門分野を超えて情報を共有することがいかに重要であるかを、チームとして模範を示し強調したい。このような幅広い共同作業があってこそ、解決策を見出すことができる。このチームでは私たちは各々の意見に同意する必要はない。

このビデオの中でその良い例として、シモン・ ヤノヴィッツは、私たちが言っている血栓がハイドロゲルからできているとは考えていない。私は、私の研究成果、マイク・アダムスの自己組織化炭素構造に関する知見、そしてカレン・キングストンの特許から、異なる考えを持っている。この投稿で彼女は、血栓がなぜC19の小瓶の中の成分から組み立てられた人工知能ハイドロゲルから作られているのか、広範囲に渡って説明している。