リーク:新型MERSー人類へのエアロゾル化された皮膚浸透型のスパイクタンパク質粒子攻撃計画

 

ワクチン強制接種を推進する理由がわかった。バイデンはCCPと組んでアメリカに新型MERSウイルスをばら撒く計画だ。

f:id:tantotempo:20211106035609j:plain



イントロ:アメリカは毎年2回、債務不履行回避の試みを必死に行っている。

 

この記事の内容はまったく予備知識のない人には笑うほど馬鹿馬鹿しい話に聞こえるだろう。
まずは、この記事を参照して欲しい。

アメリカ合衆国はここ数年ずっと、最大の貿易相手国である中国への公的支払いが行えない状態に追い込まれている。アメリカの諸外国にへの支払期限は毎年1月20日と9月30日にやってくる。これは国内の支払いと異なり回避することができない。今年もデットシーリング(債務上限)の上限変更を巡って上下院で激論が交わされた。もしディフォルト(債務不履行)となるとアメリカは財務省証券(米国債)が発行できなくなり破産するからだ。これは「ファイナンシャルクリフ(財政の崖)問題」と呼ばれている。

バイデンの就任式に人民解放軍将校が出席していた意味。

 

バイデンの就任式に中国人民解放軍の将校が参加していたのを覚えているだろうか。(この動画と画像は現在、ほとんど削除されて見ることができない。)バイデンは副大統領時代から中国と蜜月状態であったが、支払いを延期してもらうためにアメリカの一部を中国に譲渡することを約束していたと報じられていた。

参考記事:ニューヨークポスト ”バイデンは「15年以内に中国がアメリカを所有すると信じている」という。”

Biden: China believes it will 'own America' within next 15 years (nypost.com)

 

RCEP(地域包括的経済連携協定:東アジアにおける巨大自由貿易圏構想、中国版TPPのような者で中国、日本、韓国、オーストラリア、ASEAN諸国が加入している)もその一環だったらしいが、これについては機会があれば記事にしたい。

f:id:tantotempo:20211106030333j:plain

人民解放軍将校と思われる人物

f:id:tantotempo:20211106030854j:plain

就任式のために大統領専用機「エアフォース1」ではなく民間機でワシントンD.C.に到着したバイデン

<以下、Natural Newsの2021年9月の記事を要約>

 

新しい人工ウイルスをアメリカに放つ準備がすでに完了。CCPの生物兵器オペレーターは既にアメリカの都市に配置されている。

f:id:tantotempo:20211106035637j:plain

EcoHealthアライアンスとFauciは計画どおり、即座に人間に感染させることができる、エアロゾル化された皮膚浸透スパイクタンパク質ナノ粒子を中国の野生のコウモリの群れにリリースするために共謀した。この記事には、DRASTIC(インターネットを基盤にした活動集団)が、武漢ウイルス研究所(WIV)で活動しているダスザックとファウチが180株のコロナウイルス生物兵器をつくって 中国共産党(CCP)の管理下に置くことに成功したことを確認したという衝撃的情報が報じられた。
他の情報源からは、CCPが運営する生物兵器配備チームが米国の国境を越え、少なくとも20%の致死率のある強化MERS生物兵器を運び込み、命令されたときに米国の主要都市でそれらを解放する計画があることがわかった。

 

DRASTICの功績により、ここDARPAのPDF文書がミラーリングされている 。

EcoHealthからDARPAへの最初の提案書には、HR001118S0017-PREEMPT-PA-001の番号が付けられてい る。

f:id:tantotempo:20211106013204p:plain

調査ジャーナリストのララ・ローガンは、彼女自身の情報源を通じてこれらすべてを確認し ており、テキサスでの移民危機アメリカの敵が危険な生物兵器を運び込むための「完璧な隠れ蓑」であると警告している。ローガンと連絡を取り合っている私たちの情報筋は、彼女がもっと多くのことを知っていることを確認したが、詳細を完全に公表することはまだできないという。

スーパーMERS

 

われわれが知る限りこれは現在進行中の計画であり、 おそらく想像されていたよりもはるかに悪質だ。「スーパーMERS」攻撃は差し迫っている。生物兵器配備オペレーターはすでに米国の都市全体に事前配置されており、おそらくドローンとエアロゾル化ドローンアタッチメントで武装されている。アメリカ人は恐ろしく危険な生物兵器を噴霧されようとしている。

  • DARPAはもともとMERSに資金を提供したのだが、それを自然に放出するためのいかなる努力にも支援することを拒否した。彼らはそれを極度の緊急事態のための戦略的で最後の手段として維持したかった。
  • ファウチとEcoHealthAllianceはMERSを手に入れる方法を模索した。米国の納税者の税金をロンダリングしてWIVを通じて行った機能獲得研究がこのテンプレートになった。彼らはMERS、HIVSARS、およびその他のウイルス株も一緒に設計して、ヒトACE2受容体に特別な親和性を持つ「キメラ」生物兵器を作成した。
  • ダスザックとファウチはDARPAにアプローチして、中国で生物兵器をリリースするための資金を要求した。DARPAは拒否したが、彼らは人口削減を支援するグローバリストの資金源を通じて資金を調達した。
  • DARPAが資金提供に同意した場合、ダスザックとファウチは石正麗(WIV)をDARPA本部での祝賀発表会に招待することを計画してい た。

f:id:tantotempo:20211106095020j:plain

武漢研究所の石正麗

新型コロナウイルスの目的は、国々の封鎖と世界的共産主義体制の確立のためだった。

 

  • SARS-CoV-2は決して人を殺すようには設計されていない。それは、死亡率が低いので急速に広がって、ワクチンの世界的なパニックと需要を生み出し、不正なPCRテストによって診断された「患者」による政府の封鎖と世界的な共産主義を生み出すように設計された。
  • しかし、今回リリースされるスーパーMERSは非常に致命的な生物兵器だ。 これは 人民解放軍(PLA)の管理下にあるファウチ、NIH、およびWIVを介して兵器化されたMERSの強化バージョンだ。

f:id:tantotempo:20211106032559j:plain

CCPと協力しているアメリカ軍が資金提供。

 

  • DARPAへのEcoHealthAllianceプロジェクトの提案では、毎年3〜5個のコロナウイルス生物兵器株を開発する計画について言及している。これは、生物兵器を介した人類への継続的で終わりのない攻撃であり、すべて中国共産党と協力している米軍によって資金提供されていた。
  • このMERS生物兵器の正式名称はまだわからないが、今のところ「スーパーMERS」と呼ぶ。スーパーMERSは、犯罪密輸ルートを経由して米国に入った人民解放軍工作員の手にすでにある。CCP / PLAには犯罪組織と協力する何百人もの軍事顧問がおり、中国が占領してアメリカが敗北したときには米国南部の一部を受け取ることを約束されている。
  • これらの中国の生物兵器工作員アクティベーション命令が与えられると、中国によってニューヨークタイムズ(NYT)のような公的手段を経由して、特定の日に特定の言葉で米国の都市全体で「スーパーMERS」を同時にリリースするように指示される。(NYTはほとんどの民主党員、米国上院の半分やビッグテックのすべてと同じように、長年中国の従業員給与名簿に含まれてきた。ホワイトハウスはほぼ完全に中国共産党によって管理されており、バイデンは中国の操り人形である。

バイナリー兵器である新しいMERSの致死率は20%。アメリカ国民約7000万人が死ぬと予測されている。

 

  • このスーパーMERS株は普通の状況下で感染した人の少なくとも20%を殺す。しかし、新型コロナワクチンは接種を受けた人の免疫反応を破壊しているため、このワクチン接種を受けた人の死亡率は大幅に高くなる可能性がある。(50%か?)
  • スーパーMERS株は、事実上「*バイナリー兵器システム」の後半部分であり、前半部分はCOVID-19ワクチンだ。(本年初頭、アリゾナ州医師会理事であるリー・メリット博士(6年間アメリカ軍の生物兵器研究所に勤務した)が指摘していたことは正しかった。)
    <訳者注>金正男マレーシアで二人の女に別々に顔に塗られたVXを思い出して欲しい。こういう兵器をバイナリー兵器と呼んでいる。
  • これが恐怖政治が大量ワクチン接種を強く求めてきた理由である。それは大量殺戮のための段取りだった。バイデン政権はずっと中国と協力して米国で70%のワクチン接種率を達成しようと努めてきた。スーパーMERSがリリースされると、アメリカの人口の少なくとも20%(約7千万人)くらいは死ぬ計算になる。これはナチスホロコーストの死亡統計の10倍以上である。
  • アメリカの軍隊は、ミリーやオースティンのような国家反逆的なペンタゴン国防総省)の犯罪すべてに対して、身を引いているよう命じられていた。ビッグテックのような左翼メディアはすべてこれに関わっている。彼らは皆、中国から命令を受けている。

f:id:tantotempo:20211106035047j:plain

オースティン国防長官(左)とミリー総合参謀本部議長

「変異種」の正体。CDCが作ろうとしている強制収容所

 

  • スーパーMERSのリリースは、犯罪政府によって「変位種」と呼ばれ、ワクチン未接種者を非難する一方で、CDCの強制収容所(下図)をアクティベイトとして政治異分子を逮捕し大量の処刑を開始する。

f:id:tantotempo:20211106022029j:plain

CDCの死の収容所に変わる予定の”隔離ステーション”。(出典:CDC)

CDC.gov Webサイトから:

CDCには、大統領令で隔離可能と指定された感染症を患っている可能性のある人を拘留する法的権限があります。

U.S. Quarantine Stations | Quarantine | CDC

バイデンは麻疹を隔離可能感染症に指定した。

 

国家反逆者のペテン師、ジョー・バイデンは最近、隔離可能な病気のリストに麻疹(はしか)を追加した。.したがって、政治的反体制派は不正なPCR検査を介して麻疹と「診断」されて、CDCが運営する検疫死収容所に強制的に投げ込まれる可能性がある。

 

Natural Newsのこの記事は、新型コロナウイルスは人口削減と世界共産主義体制の確立のためにつくられたと書いている。ここでは「借金の形」として中国によるアメリカの領土獲得と組み合わせて報じられているが、新型MERSの問題はカバールによる人口削減と世界共産主義政府樹立という目的からすると、世界中で散布されるものなのかもしれない。

 

参考記事

 

1.中国、米産LNG長期購入 安定確保へ大規模契約


2.米政府、ファーウェイなど中国禁輸リスト企業への輸出を米社に認可=「二重基準」と日本企業反発

 

追加情報

 

未確認情報だが、アメリカの支払い期限は2021年12月3日まで延ばされたらしい。