ビル・ゲイツの死刑を執行

 

10月1日、ゲイツ絞首刑

驚きのモーニングコール

 

10月1日の朝、有罪宣告された殺人犯でありマイクロソフト社の創立者であるビル・ゲイツは驚きのモーニングコールを受けた。海兵隊がキャンプデルタの独房に入り、JAGは刑の執行を10月5日から今に変更したと告げた。彼らは変更の理由は宣べず、他のDeep Stateの犯罪者が絞首刑執行人の縄に面した場所の近くにある、GITMOの南端に新しく建てられた絞首刑台に彼を護送するための執行細目が間もなく届くとビルに告げた。

噂によると「俺たちは、お前のためだけに新しいのを建ててやったんだぜ。」と監守の一人がゲイツを嘲った。

f:id:tantotempo:20211002130052j:plain

 

ゲイツは最後の食事を拒否した。一時間後ちょうど太陽が水平線に顔を覗かせたとき、ゲイツはまさにGITMOのこの有罪犯のために建設された新しい絞首刑台のある空き地に連れて行かれた。

手首に手錠をされたゲイツは、叫び声を上げたり軍が約束を破ったことを批難したりして大騒ぎした汎用四輪駆動車Humveeから降ろされた。

「こんなのができるわけないだろ。もう4日あったはずだ。嘘をつきやがったな!ここの責任者と話をさせろ。」とゲイツはわめいた。

f:id:tantotempo:20211002130454j:plain

The Long Goodbye

海軍JAG Corpsのクランダール海軍少将によって伝えられた執行細目は、ゲイツにとっては歓迎せざるニュースだった。

「激昂するのを止めてちゃんとしなさい。日時の宣告は暫定的かつ条件付きであり、通告なくして変更され得る。だが、あなたは1時間前に通告された。無意味なことを続けるのであれば、われわれはあなたを鎮静させた上で吊します。あなたはそういう形で死にたいですか?」

今までのディープステイトの執行とは異なり、処刑場には参加者に市民や政治的使者はおらずただ少数の軍の上級幹部だけがいた。ゲイツは処刑台に上げられ、名札や等級、勲章のつけられていない制服を着た一人の兵士がゲイツの首に縄を取り付け固定した。海軍の従軍牧師が最後の儀式を執り行い、ゲイツがあの世で救いを見つけられるよう望むといった。
クランダール少将はゲイツに最期の言葉があるか尋ねた。

「俺は告発されたすべてにおいて無実だ。メリンダは嘘つきだ。俺は善良な人間だ。慈善家で常に法に従ってきた。ああ、1975年と77年に無免許運転と速度違反をしたことはあるけど、そんなんで死刑宣告には値しないだろ。」

「私はあなたに最期の言葉があるかどうか尋ねたのです。小説を書いてくれとは頼んでない。」とクランダールは答えた。

彼は兵士にゲイツの側に立つように合図した。兵士がレバーを引くとゲイツの足下にある仕掛け戸が開いた。

f:id:tantotempo:20211002135641p:plain

首が折れず地獄の悶絶

だが何かがおかしかった。ゲイツの首はすぐには折れなかった。体は宙でぶらぶら揺れて、足はバタバタと大きく動き、目は爆発しそうに眼窩から飛び出した。舌が出た口からカエルのような音が漏れ、手錠をかけられた腕は吊されているロープを掴もうとして虚しく動いた。

「クランダール少将のアシスタントは、ゲイツのロープを切って下ろすべきかどうか尋ねたが彼はノーといった。処刑は技術的困難があろうと実行されなければいけないからだ。ゲイツは絞扼が彼を殺すまでの間、生きたまま4,5分吊されていた。そのあと彼は降ろされて、医師は死亡したといった。ビル・ゲイツはもはやいないのだ。」と情報源は語った。

専門家の見解

Real Raw Newsは南カリフォルニア大学の名誉教授で中世の処刑の専門家であるクノール教授に接触した。

彼はこう語った。

「絞首刑がうまくいくかどうかというのは、そんなに単純なものではありません。その人の身長と体重、落下距離等の変数がロープの長さを決めるときに考慮に入れられなければなりません。もしこれらの変数のどれかが精密に計算されていない場合、絞首刑は失敗し得るし、犠牲者は非常に長く苦しい絞殺に見舞われます。」

f:id:tantotempo:20211002140944j:plain

 

インド弁護士協会が、ゲイツとアダル・プーンナワラCEOを高裁に起訴。

 

 

インド弁護士協会はワクチンで23歳の男性を殺害した容疑で、アストラゼネカのCOVID-19ワクチン「コビシールド」の二人の億万長者でもある責任者をインド高裁に殺人容疑で起訴したと発表した。

被告人はビル·・ゲイツと世界最大のワクチンメーカーであるインド血清研究所(SII)のアダル・プーンナワラ経営最高責任者(CEO)の2人だという。 消息筋によると、アダル・プーンナワラの会社はCOVID-19ワクチンの「コビシールド」だけでなく、赤ちゃんに注射する全世界のワクチンの50%以上を生産している。

 

2021年11月26日付け下記記事より