シュワブ一族の値打ち(中)

 

シュワブ一族の値打ち(中)

エッシャー=ワイス・レーベンスブルクと戦争

ラーベンスブルクは、戦時中のドイツでは珍しく、連合軍の空爆の対象にはならなかった。赤十字の存在と、エッシャー=ワイス社を含む様々な企業との協定が噂され、連合軍は南ドイツのこの町を目標にしないことを公的に合意したのである。赤十字の存在や、エッシャー=ワイス社など様々な企業との契約により、連合軍は南ドイツの町を目標にしないことを公言し、戦争中も重要な軍事目標には指定されず、そのため町は今でも当時の面影を多く残している。しかし、戦争が始まるとラーベンスブルクではもっと暗いことが進行していた。

オイゲン・シュワブはエッシャー=ワイスの「国家社会主義モデル会社」の経営を続け、スイスの会社はナチスドイツ軍の重要な戦争兵器や、より基本的な軍備の生産を支援することになる。エッシャー=ワイス社は、水力発電所用の大型タービン技術のリーダーであったが、ドイツ軍の戦闘機の部品も製造していた。さらに完成すれば第二次世界大戦の結末を変えてしまうような、より邪悪なプロジェクトも水面下で密接に関係していた。

1938年、ラーベンスブルク市庁舎の前にいるナチス関係者、出典:Haus der Stadgeschichte Ravensburg:


西側軍情報部はすでにエッシャー=ワイスのナチスへの加担、協力に気づいていた。当時の西側軍情報部、特に戦略事業局(OSS)がまとめたデータの中から記録グループ226(RG226)があり、連合軍はエッシャー・ワイスとナチスの取引のいくつかを認識していたことがわかる。
RG226の中で、エッシャー・ワイスについて具体的に言及されているのは、以下の3点である。

  1. ファイル番号47178にはこう書かれている:スイスのエッシャー・ワイス社がドイツに大量注文を出す。火炎放射器はBrennstoffbehaelterという名でスイスから発送される。日付:1944年9月。
  2. ファイル番号41589は、スイスが第二次世界大戦中、中立国であるはずの自国にドイツの輸出品を保管することを認めていたことを示すものである。その項目は;Empresa Nacional Calvo Sotelo (ENCASO), Escher Wyss, and Mineral Celbau Gesellschaft 間のビジネス関係。1 p. 1944年7月; L 42627 スペインEmpresa Nacional Calvo SoteloとドイツRheinmetall Borsigの協力関係に関する報告、スイスに保管されているドイツの輸出品に関するもの も参照。1 p. 1944 年 8 月。
  3. ファイル番号72654はこう主張している。ハンガリーボーキサイトは、以前はドイツやスイスに送られて精錬されていた。その後、政府のシンジケートがハンガリー国境のドゥナアルマスにアルミニウム工場を建設した。電力はハンガリーの炭鉱から供給され、設備はスイスのエッシャー=ワイス社に発注した。1941年に生産が開始された。2ページ1944年5月

しかし、エッシャー=ワイス社は、特に新しいタービン技術の開発という花形分野ではリーダー的存在だった。同社はノルウェーのリューカンに近いヴェモルクにあるノルスク水発電所の戦略上重要な水力発電所向けに14,500馬力のタービンを設計していた。ノルスク水発電所は、エッシャー=ワイスの出資によるもので、ナチス支配下にある唯一の重水製造工場であり、ナチスの原爆計画に必要なプルトニウムを製造するために必要な原料であった。ドイツ軍は、重水製造にあらゆる資源を投入していたが、連合軍は、ますます絶望的になっていく、ナチスによるゲームを変える可能性のある技術の進歩に気づいていた。

1942年から1943年にかけて、この水力発電所は英国コマンドーノルウェーレジスタンスの空襲の標的となり、一部成功したが、重水製造は続けられた。連合軍は400発以上の爆弾を投下したが、広大な施設の操業にはほとんど影響を与えなかった。1944年、ドイツ軍の船が重水をドイツに輸送しようとしたが、ノルウェーレジスタンスが重水を積んだ船を沈没させることに成功した。エッシャー=ワイスの協力で、ナチスは戦争の流れを変え、枢軸国の勝利をもたらすことができるところだった。

ラベンスブルクのエッシャー・ヴィス工場では、オイゲン・シュワブがナチスの模範となった会社で、強制労働者を働かせることに忙しくしていた。第二次世界大戦中、エッシャー・ヴィスを含むラベンスブルクでは、3600人近くの強制労働者が働いていた。ラーベンスブルク市の記録係アンドレア・シュムーダーによると、ラーベンスブルクのエッシャー=ワイス機械工場は、戦争中、198人から203人の市民労働者と捕虜を雇用していたそうである。リンダウの地元の歴史家であるカール・シュヴァイザーは、エッシャー=ワイスが工場の敷地内に小さな強制労働者用の特別収容所を維持していたと述べている。

ラーベンスブルクで大量の強制労働者を使用するために、記録上最大規模のナチス強制労働収容所をツィーゲル通り16番地の元大工の作業場に設置する必要がありまった。一時期、この収容所には125人のフランス人捕虜が収容されていたが、後に1942年に他の収容所に再配属された。フランス人労働者の代わりに、150人のロシア人捕虜が収容されたが、彼らは捕虜の中で最もひどい扱いを受けたと噂されている。その一人がジーナ・ヤクチェワで、その労働カードと労働簿は米国ホロコースト記念館が所蔵している。それらの文書から、彼女は1943年から1944年にかけて、ドイツのラーベンスブルクに配属された非ユダヤ人の強制労働者であることが分かる。

レナーテ・シェプカーとラーベンスブルク市長のダニエル・ラップは、旧療養所の「旧門」にあるグレーバスの記念碑に花輪を捧げた。1996年以来、1月27日は国家社会主義の犠牲者を追悼する国民的記念日となっている。この日はアウシュビッツ強制収容所が解放された日である。

オイゲン・シュワブは、戦時中もひたすら現状を維持することになる。1938年には幼いクラウス・マルティン・シュワブ、その数年後には弟のウルス・ライナー・シュワブが誕生しており、オイゲンは自分の子供たちを危険から遠ざけたいと考えていたのであろう。

クラウス・マーティン・シュワブ - 謎の国際的な男

 


1938年3月30日、ドイツ・ラーベンスブルクで、クラウス・シュワブは普通の核家族の長男として生まれる。1945年から1947年にかけて、ドイツのアウにある小学校に通う。戦後、独仏の青年会の会長を務めた。彼のヒーローはアデナウアー、デ・ガスペリ、ドゴールだった。

クラウス・シュワブと弟のウルス・ライナー・シュワブは、祖父ゴットフリートと父オイゲンの後を継いで、機械技師としての訓練を受けることになった。クラウスの父は、シュワブ少年に「世の中にインパクトを与えたいのなら、機械技師になるべきだ」と言った。これは、シュワブにとっては大学進学の口実に過ぎなかった。

1949年から1957年にかけて、クラウスはラベンスブルクのスポーン・ギナジウムで数多くの学位を取得し、最終的にラベンスブルクの人文学ギナジウムを卒業することになる。1958年から1962年にかけて、クラウスはさまざまなエンジニアリング会社で働き始め、1962年にはチューリッヒスイス連邦工科大学(ETH)で機械工学を学び、エンジニアリング学位を取得した。翌年には、スイスのフリブール大学で経済学のコースも修了している。1963年から1966年まで、フランクフルトにあるドイツ機械工業会(VDMA)の事務局長補佐として勤務した。

1965年、クラウスはチューリッヒ工科大学で博士号を取得し、次のようなテーマで論文を書いていた。「機械工学におけるビジネス上の問題点としての長期的な輸出信用」。そして1966年、チューリッヒ連邦工科大学(ETH)から工学博士号を授与された。

この頃、クラウスの父親であるオイゲン・シュワブは、それまでよりも大きな世界で泳いでいた。戦前からエッシャー・ヴィス工場の専務取締役としてラーベンスブルクでは有名な人物だったが、やがてオイゲンは、ラーベンスブルク商工会議所の会頭に選ばれることになる。1966年、スプリューゲン鉄道トンネルのドイツ委員会設立の際、オイゲン・シュワブは、ドイツ委員会の設立を「収束しつつあるヨーロッパにおいて大きなサークルにより良い、より速い接続を作り出し、それによって文化、経済、社会の発展のための新しい機会を提供するプロジェクト」と定義している。

1967年、クラウス・シュワブはスイスのフリブール大学で経済学の博士号を、米国ハーバード大学ジョン・F・ケネディ行政大学院で行政学修士号を取得した。ハーバード大学在学中、シュワブはヘンリー・キッシンジャーに教えを受けた。彼は後に、生涯を通じて彼の考え方に最も影響を与えた3〜4の人物の一人であると語っている。

1980年の世界経済フォーラム年次総会で、テッド・ヒース元英国首相を歓迎するヘンリー・キッシンジャーとその元教え子のクラウス・シュワブ。


先に紹介した2006年のアイリッシュ・タイムズの記事の中で、クラウスはその時期が現在の彼の理想郷の形成に非常に重要であったと語り、次のように語っている。「数年後、ハーバード大学での勉強を終えてアメリカから帰ってきたとき、私には決定的な引き金となる出来事が2つあった。
1つは、ジャン・ジャック・セルバン=シュライバーが書いた『アメリカの挑戦』という本で、ヨーロッパの経営手法が劣っているから、ヨーロッパはアメリカに負けるだろうと書いてあったこと。もうひとつは、これはアイルランドにも関係することだが、「6人のヨーロッパ」が「9人のヨーロッパ」になったことだ。この2つの出来事が、クラウス・シュワブを、人々のビジネスのあり方を変えようとする人物へと成長させることになったのである。

同年、クラウスの弟ウルス・ライナー・シュワブはチューリッヒ工科大学を機械工学者として卒業し、クラウスは父の古い会社エッシャー=ワイス社(後にスルザー・エッシャー=ワイス社)に会長補佐として就職し、合併した会社の再編成を支援した。これが、クラウスの核とのつながりにつながっていく。

テクノクラートの台頭

 


スルザー社は、1834年に設立されたスイスの企業で、1906年にコンプレッサーの製造を開始してから頭角を現してきた。1914年には、家族経営の会社が「3つの株式会社」の一部となり、そのうちの1つが正式な持ち株会社となっていた。1930年代、世界恐慌の影響でスルザー社の収益は悪化し、当時の多くの企業がそうであったように、労働者の混乱や労働争議に直面することになる。

第二次世界大戦の影響は、近隣諸国ほどではなかったかもしれないが、その後の好景気により、スルザー社は勢力を拡大し、市場を支配するようになった。1966年、エッシャー=ワイス社にクラウス・シュワブが着任する直前、スイスのタービンメーカーはヴィンタートゥールのスルザー兄弟と協力協定を結んだ。1966年、エッシャー=ワイス社の53%の株式をスルザー社が購入し、スルザー社とエッシャー=ワイス社は合併を開始することになる。1969年、エッシャー=ワイス社は正式にスルザー・エッシャー=ワイス社となり、最後の株式がスルザー兄弟によって取得された。

合併が始まると、エッシャー・ウィズ社の再編成が始まり、既存の取締役のうち2名がエッシャー・ウィズ社への奉仕を終えることになる。ゲオルク・スルツァーとアルフレッド・シャフナーが率いる取締役会から、H・シンドラー博士とW・ストッフェル博士が退任するのだ。シンドラー博士は28年間エッシャー・ワイスの取締役を務め、オイゲン・シュワブとともに仕事をしてきた。その後、ペーター・シュミッドハイニがエッシャー・ワイスの取締役会長に就任し、シュミッドハイニ一族による経営支配が続くことになる。

エッシャー=ワイス社とスルザー社は、機械工学の別々の分野に集中することになり、エッシャー=ワイス社の工場は、タービン、貯蔵ポンプ、反転機、閉鎖装置、パイプラインなどの水力発電所建設、蒸気タービン、ターボ圧縮機、蒸発装置、遠心分離機、紙・パルプ産業用機械に主に取り組むことになったのである。スルザー社は、冷凍機、蒸気ボイラー、ガスタービンの製造に注力する計画だった。

1968年1月1日、スルザー・エッシャー・ヴィスAGは、大規模な企業買収を経て、スリム化された新生スルザーの姿を世に示した。その中には、第二次世界大戦中にドイツ軍にUボートの技術を提供するなど、ナチスのために働いていたスイスの電気技術会社グループ、ブラウン・ボベリ社との緊密な協力関係も含まれていた。ブラウン・ボベリ社は、「防衛関連の電気工事会社」とも言われており、冷戦下の軍拡競争は、彼らのビジネスにとって有利に働くと考えられていた。

スイスの機械工学の巨人たちが合併し再編成されたことで、彼らの協力関係はユニークな形で実を結んだ。1968年のグルノーブル冬季オリンピックでは、スルザーとエッシャー=ワイスは8台の冷凍コンプレッサーを使い、何トンもの人工氷を作製した。1969年には、「ハンブルク」という名の新しい客船の建造に協力し、スルザー・エッシャー=ワイス社の組み合わせにより、世界で初めて完全空調の客船となった。

1967年、クラウス・シュワブはスイスのビジネス界に正式に登場し、スルザーとエッシャー=ワイスの合併を主導したほか、ブラウン・ボベリなどとの有益な提携を実現させた。1967年12月、クラウスはチューリッヒのイベントで、スイス機械金属製造業者雇用者協会とスイス機械製造業者協会というスイスの機械工学のトップ組織に向けて講演をった。
講演では、現代のスイスの機械工学にコンピューターを取り入れることの重要性を的確に予測し、次のように述べるのである。

1971年には、現在市場に出ていない製品が売上の4分の1を占めることもあると思う。このため、企業は開発可能な製品を体系的に調査し、市場のギャップを特定する必要がある。現在、機械工業界では大手20社のうち18社が企画部門を持ち、その業務を請け負っている。もちろん、コンピュータもその一つである。わが機械工業の多くの中小企業は、協力の道をとるか特殊な情報処理サービス業者のサービスを利用することになる。

シュワブ氏によると、コンピューターとデータは明らかに将来にとって重要であると考えられており、このことは、合併時のスルザー・エッシャー=ワイス社の組織変更にも反映されている。スルザーのウェブサイトには、1968年当時、次のような記述があり、この注目すべき方向転換を反映している。
「材料技術の活動は強化され、医療技術製品の基礎となる。機械メーカーからテクノロジー企業への根本的な変化が明らかになり始めた」

クラウス・シュワブは、スルザー・エッシャー・ヴィスを単なる機械メーカーに終わらせず、ハイテクの未来に向けて疾走するテクノロジー企業へと変貌させたのである。さらに、スルザー・エッシャー=ワイス社は「医療技術製品の基盤形成」という、これまでスルザーやエッシャー=ワイス社が対象としていなかった分野にも事業の重点を置くようになったことも特筆すべき点である。

しかし、クラウス・シュワブがスルザー・エッシャー・ヴィスに導入しようとしたのは、技術的な進歩だけではなく、会社の経営スタイルに対する考え方も変えようとした。シュワブとその仲間たちは、「全従業員がモチベーションを高め、家庭でも柔軟性と操縦性を確保する」という、まったく新しい経営哲学を押し進めようとしていたのだ。

1960年代後半になると、クラウスはより公的な存在になり始める。この頃、スルザー・エッシャー=ワイス社も、以前にも増してプレスとの関わりを持つようになった。1969年1月、スイスの大企業は「機械工業のプレスデー」と題した公開諮問会を設け、主に会社経営に関する質問を行った。その席上でシュワブは、権威主義的な経営をしている企業は「人的資本を十分に活性化することができない」と述べ、1960年代後半に何度もこの論法を用いている。

 



 

出典:Schwab Family Values (unlimitedhangout.com)