ファイザー社の機密文書により、Covidワクチンを接種した妊婦の90%が赤ちゃんを失ったことが明らかになった。

 

 

ファイザー社の機密文書により、Covidワクチンを接種した妊婦の90%が赤ちゃんを失ったことが明らかになった。


FDAが裁判所命令で公表を余儀なくされたファイザー社の機密文書によれば、誤ってmRNAのCovid19注射を受けた女性の82%から97%が流産するか、出産時に新生児の死を目撃する苦しみを味わったという。
しかし、ファイザー社は、「これらの妊娠中の使用例の検査から、安全性に関するシグナルは出ていなかった」と主張した。

裁判所命令によりファイザーの文書は1月末時点で、1万2千ページが公開されている。


米国食品医薬品局(FDA)は、2020年12月11日にわずか108日間の安全性審査でワクチンを承認したにもかかわらず、ファイザー社のCOVID-19ワクチンの安全性データの公開を75年間遅らせようとした。
しかし、2022年1月上旬、連邦判事マーク・ピットマンは、毎月5万5千ページを公開するよう命じた。1月末までに1万2千ページが公開された。

それ以来、PHMPT(Public Health and Medical Professionals for Transparency)はすべてのドキュメントをウェブサイトに掲載している。最新の投稿は2022年5月2日にあった。

 

データダンプに含まれる文書の1つが「再発行_5.3.6市販後経験.pdf」である。この機密文書の12ページには、ファイザー社製Covid19ワクチンの妊娠中および授乳中の使用に関するデータが記載されている。
ファイザー社は、2021年2月28日までに、妊娠中にmRNA注射に曝露された既知の症例は270件であると文書で述べている。

副作用に見舞われた妊婦は46%。その58%が子宮収縮から胎児死亡までの有害事象に見舞われた。


そのうち146例の母親は、臨床的有害事象の発生を直ちに報告しなかった。しかし、270人の母親のうち124人は報告している。つまり、ファイザー社のCovid19ワクチンを投与された母親の46%が副作用に見舞われたことになる。
副作用を経験した124名のうち、49名は重篤でない副作用とされ、75名は重篤な副作用とされた。つまり、副作用を訴えた母親の58%が子宮収縮から胎児死亡までの重篤な有害事象に見舞われたことになる。

ファイザー社製ワクチンの曝露により、合計 4 件の重篤な胎児・乳児の症例が報告された。この4件の重篤なケースは、以下の事象を含んでいた。

胎児発育不全 x2
未熟児x2
新生児死亡事故 x1

妊娠中のCovid-19ワクチン接種の97%が子供の死亡につながった。

 

しかし、ここからがむしろ問題なのだ。ファイザー社は270件の妊娠のうち、238件に何が起こったのか全く分からないと発表している。


しかし、以下の通り残りの妊娠の結果が判明している。

 

自然流産(流産)×23.
成果保留×5。
新生児死亡の未熟児×2。
子宮内死亡を伴う自然流産×2。
新生児死亡を伴う自然流産 ×1
正常な結果 x1

報告書の時点では34件の転帰があったが、そのうち5件はまだ未解決であった。ファイザー社は、29の既知の結果のうち正常なものは1つだけであり、28件の結果は赤ちゃんの損失/死亡につながったと指摘している。これは、妊娠中のCovid-19ワクチン接種の既知の結果の97%が子供の死亡につながったことに相当する。
結果が未確定の5件を含めると、妊娠中のCovid19ワクチン接種の全結果のうち、82%が子どもを失ったことになる。これは、82%と97%の間の平均約90%に相当する。

しかし、この82%という数字は、CDC(疾病管理センター)V-Safe COVID-19妊娠登録チームが行った別の研究の結果を考えると、非常に興味深い。この調査は、英国で妊婦にCovid19注射をするよう勧めるだけでなく、嫌がらせをすることを正当化するために使われたものである。

 

私たちは2021年7月、CDCのために現実の世界の研究を行う科学者によって、Covid19ワクチンが妊娠中に使用しても安全であることを示すためにデータが操作されたことを独占的に明らかにした
著者らは、研究期間中に自然流産(流産)を経験した人の数は、妊娠827件中104件で、流産のリスクは12.6%と、一般の人々の流産リスクより7〜12%低いとしている。


しかし私たちの分析によると、妊娠が完了した827人のうち、700人(86%)が妊娠第3期にファイザー社またはモデルナ社のCovid-19ワクチンを接種しており、流産は妊娠20週以前にしか起こらないため、この数字は極めて誤解を招きやすいことが証明された。
つまり、妊娠第1期から第2期にかけてファイザー社またはモデルナ社のCovid-19ワクチンを接種した女性はわずか127人で、そのうち104人が悲しいことに赤ちゃんを失ってしまった。

したがって、流産の発生率は研究結果に示された12.6%ではなく82%であり、この研究が世界中の妊婦や新米母親に対するCovid19ワクチン接種の正当化に利用されたため、研究の著者はその後間違いを認め、6ヶ月遅れで訂正を発表したのだ。

また出てきたこの82%という数字だが、これはファイザーの機密データと CDCの操作された研究の2つのデータで Covid19ワクチン接種後の妊娠喪失率が82%ということだ。単なる偶然の一致だろうか?

医療規制当局とファイザー社が隠蔽しようとしたことを考えると、偶然の一致ではない可能性は極めて低い。

ファイザーと医療規制当局が妊娠中の危険性を隠蔽した居たことが暴露された。

 

 

ファイザー社のCovid19ワクチンについて行われた唯一の妊娠/不妊研究を深く掘り下げるとともに、「情報公開」請求を行ったところ、ファイザー社と医療規制当局が、Covid19ワクチンの妊娠中の危険性を隠蔽していたことが明らかになった。

調査の全容はここで読めるが、ここでは、公式の公文書に記載されるべきであるのに記載されなかった内容を抜粋して紹介する。

評価で説明したように、妊娠カテゴリーB2はこの製品に適していると見なされる。以下の変更を勧める。
「妊娠カテゴリーB2]
妊娠中の女性におけるコミルナティの使用に関する経験は限られている。動物研究でラットでの受精能と発生毒性の組み合わせ研究は、コミルナティ治療を受けた雌ラットの胎児における過剰な腰椎肋骨の発生の増加を示した。妊娠、胚/胎児の発育、出生後の発育に関して(妊娠への影響セクション5.3前臨床安全性データを参照)妊娠中のCOMIRNATYの投与は、潜在的な利益が母親と胎児の潜在的なリスクを上回る場合にのみ考慮されるべきである。

新生児死亡率は「管理限界」と呼ばれる警告の上限を突破した。

FDAファイザーのデータに対応しないことを決定し、ファイザーと世界中の医療規制当局が動物実験結果を隠蔽したことにより、2022年4月22日現在、Covid19ワクチンの副作用として米国だけで4,113人の胎児死亡が報告されている


そして、スコットランドで発表されたこのデータを見てもらいたい。


スコットランド公衆衛生局(PHS)は、Covid-19が医療制度に及ぼす幅広い影響に関する完全なダッシュボードを用意しており、精神衛生統計から妊娠、心血管障害データ、癌まで、あらゆるデータを網羅している。

公式発表によると、2022年3月の新生児死亡率は出生1000人あたり4.6人となり、予想死亡率から119%増加したことが明らかになった。これは、新生児死亡率が少なくとも4年ぶり2回目に「管理限界」と呼ばれる警告の上限を突破したことを意味する。

前回突破したのは2021年9月で、生児1000人当たりの新生児死亡数は5.1まで上昇した。月によって変動はあるものの、2021年9月と2022年3月の数値は、1980年代後半に典型的に見られた最後の水準に匹敵するものである。

スコットランド公衆衛生局(PHS)は、調査を開始したことを正式に発表していないが、警告の上限値に達したときに行うことになっており、2021年当時はそうしていたようだ。
当時PHSは、管理上限値を超えたことについて「発生した死亡者数には、ランダムな変動以上の要因がある可能性が高いことを示している」と述べている。詳しくはこちらで見ることができる。

これは、ファイザー社が機密文書で発表した、妊娠中にCovid19のワクチンを誤って受けた女性の82%から97%が子供を失ったという信じられないような主張のおかげなのだ。

「これらの妊娠中・授乳中の使用例の検討から浮かび上がった安全性のシグナルはありませんでした」

ここで見つかった機密文書の12ページと13ページを確認のこと。

 

Twitterより

ファイザーの元々公開されていた)文書にはこの情報がなかったため、インフォームドコンセントを行うことができませんでした。文書には、妊娠している場合は避けるように明確に書かれています。ファイザーは75年間文書の完全公開の実現を阻止しようとしました。皆さんはもうそれを手に入れていますか? 

速報
ファイザーのワクチンは胎児にまったく安全ではなかった!

 

ファイザーの文書リリースは、ワクチンが妊婦に与えられるべきではなかったことを確認しています(結果が不明なため推奨されていませんでした)。これは、英国政府によって妊婦に「安全」と宣伝されたため、人道に対する罪です。

ファクトチェッカーの悪辣さ

 

この件についても例によってファクトチェッカーがファクトではないといっている。ロイターのこの記事は、上で引用したTweetを含め巧妙に論理のすり替えを行おうとしている。

Fact Check-Screenshots do not show Pfizer declaring vaccines unsafe | Reuters

しかし、この件に関するファイザーの文書はここにすべて出ている。どちらが正しいかは一目瞭然だ。

https://phmpt.org/wp-content/uploads/2022/04/reissue_5.3.6-postmarketing-experience.pdf

 

 

 

出典:Confidential Pfizer Docs. reveal 90% of Covid Vaccinated Pregnant Women lost their Baby; but Pfizer claimed: “No safety signals emerged” – The Expose (dailyexpose.uk)