それは、酸化グラフェンではなく”カミソリの刃”だった。

Telegramにビデオを投稿した4日後に急死したオーストリアの化学研究者ノアック氏の発見

 

それは”剃刀の刃”のようなものだ。

f:id:tantotempo:20211202212016j:plain

アンドレアス・ノアック博士


「研究したすべてのワクチンで水酸化グラフェン(GH)が見つかった。水酸化グラフェンは血流中に幅約50 nm、厚さ0.1 nmの構造を形成する。非常に薄く非常に強い。小さなかみそりの刃のように機能する。血流に入ると血管を切断する可能性がある。分解できず、永久に存在する(それらを除去するための血液を輸血できる人が不足している)。血管への影響は累積的だ。それらが血流にとどまるほど、時間の経過とともに血管により多くの損傷が与えられる。」

 

ワクチンを打つことはロシアンルーレットをやるようなもの。

「ワクチンを接種することはロシアンルーレットをするようなものだ。ワクチンを接種した直後に死亡する人々はロシアンルーレットの犠牲者のようなものだ。酸化グラフェンが血管壁にすぐさま当たったときに、死亡または破壊された犠牲者に検死を実行する医師は何も見つけことはできない。これらの医師の検査は、死の原因として生物学的なものを探すが、水酸化グラフェンは生物学的なものではないからだ。人々は内側から出血し死亡している。鼻から出てくる凝固血液の写真がある。 


血流が速いほど大きなダメージがある。


「特筆すべきことは、亡くなったトップアスリートがたくさんいるということだ。彼らは血液が速く流れている。血流が速いほどこの”かみそり”はより多くのダメージを与える。これを誰かの血に注入すると、その人は殺人者になる。」

f:id:tantotempo:20211207205117j:plain

2021年のアスリートの衰弱と死亡。GoodSciencing.comより。



 

「人々がすぐに死んでしまなくても、それは少しずつ血管を切り取る。それは心臓を破壊する。心臓が切られ、脳が切られる。私は化学者として水酸化グラフェンがそこにあることを絶対的に確信している。私は化学者として、これを血液中に注入する者ば殺人者であることを知っている。」

 

ワクチンメーカーと政治家への問い。

「ワクチンメーカーと政治家への質問はこうだ。

『なぜこれらの"かみそりの刃"がワクチンの中にあるのか?あなた方はどのようにしてこれがワクチンの中にることを正当化すできるのか?』
そして今、怖ろしいことに彼らは5歳からの子供たちに予防接種を強制しようとと思っている!」

ノアック博士は、アルメニア大学の有名な教授のグラフェン検出にも言及していた。

 

11月2日、アルメリア大学の著名な教授であるパブロ・カンプラ博士は、マイクロラマン分光法を用いて、様々な「ワクチン」メーカーからの8つのCovid-19「ワクチン」バイアルサンプルでグラフェンを検出したを明らかにした。
ノアック博士は、このカンプラ博士が検出した周波数帯の2つはグラフェン水酸化物であると述べていた。水酸化グラフェンは単層活性炭である。水酸化グラフェンは新しい物質であり、毒物学者はまだそれを認識していない。

カンプラ博士は、2021年7月にトランスミッション電子顕微鏡を用いて、ファイザー・バイラルに酸化グラフェン・フレークが含まれていると最初に特定した。彼の検出技術には、光学顕微鏡と組み合わせた赤外線分光法も含まれていた。

ラ・キンタ・コルムナは6月に酸化グラフェンのことを発表。


ラ・キンタ・コルムナという別のスペインの研究チームは、6月にアストラゼネカ、ファイザー、モダナ、シノヴァツ、ヤンセン、ジョンソン・エンド・ジョンソンなどのCOVIDワクチンバイラルにかなりの量のグラフェン酸化物ナノ粒子が含まれていることを発表した。
生物統計学者でラ・キンタ・コラムナの創設者であるリカルド・デルガド博士は、ファイザーの内容物の99%がグラフェン酸化物であることを発見しました。彼のチームは、名誉毀損だという彼らの主張の証拠を提供できなかった"ファクトチェッカー"たちによって「Not True」という記事で塗りつぶされた。

 

NIKKEI Asiaの報道。モデルナの異物は「磁石に反応する」。

 

日本で160万本余りのモデルナ・ワクチンに混入していた異物について、2021年8月26日付けのNIKKEI Asiaはこう報道している。

(厚労)省はこの日遅く混入していた物質はおそらく金属であるといい、「磁石に反応する物質である」と省職員はいった。

 The ministry said later in the day that the substance that had been mixed in may have been metal."It's a substance that reacts to magnets," a ministry official said.

ちなみに、グラフェン酸化物(GO)および還元酸化グラフェン(RDO)はすべて常磁性を有する。

9月、ワクチンの異物 - ドイツのチームは恐ろしい証拠を明らかに。

 

9月、ドイツのチームは「ワクチン」汚染物質と検死が「ワクチン」と死亡を結びつけるという恐ろしい証拠を明らかにした。

8月には、ファイザーの内部告発者キングストンの証言もあった。

 

ファイザーの内部告発者カレン・キングストンは8月に、グラフェン酸化物が企業秘密の名の下に隠されていたこと、それが特許に記載されなかった理由だということを語った。キングストンは、しかし実際にはCovid-19ワクチンの重要な成分であると説明している。

 

参考ビデオ


還元型酸化グラフェン(rGO)とは?

ここではノアック氏は、分光法で見つかったワクチンのナノグラフェンを、水酸化グラフェンとして説明している。これは還元型酸化グラフェン(rGO)とも呼ばれている。

f:id:tantotempo:20211202211715p:plain

還元型酸化グラフェンについてー(株)NSGのHPより。

 

ノアック氏の死の様子を語る妻

f:id:tantotempo:20211203193727j:plain




www.bitchute.com