ファイザー/BionTech製ワクチンの有害事象報告がオモテに出る。

 

ファイザーの有害事象報告が明るみになる

 

FDAは情報公開の訴えを出されて、連邦裁判所にファイザーのCOVID-19ワクチンデータの完全な公開に2076年(55年後)までの時間を与えるよう要請した。

 

 

FDA Asks Federal Judge to Grant it Until the Year 2076 to Fully Release Pfizer’s COVID-19 Vaccine Data

FDAは過日、情報公開の対象とされる329,000ページ以上の資料を毎年500ページずつ、2076年までの55年間で完了することを裁判所に提案した。これは、FDAはファイー/BioNTechの「ワクチン」承認の正当化に使用された臨床試験情報を、55年後まで完全には公開するつもりはないということだ。ファイザーFDAに提供する文書の本文全体が利用可能になるまで、科学者による適切な分析は不可能である。

 

ファイザーは91ページのレポートを作成しFDAに提出していた。

 

しかし、訴訟が提起されてから2ヶ月後、FDAは「原告の情報公開要求に対応する可能性のある329,000ページ以上」の最初の91ページを作成した。
カイル・ベッカーが一番最初にレポートしたとおり、期間合計158,893件のうち、有害事象に関する症例報告は合計42,086件(医学的に確認された25,379件と非医学的に確認された16,707件)で、合計に及び、25,000以上の事象が「神経系障害」に分類された。

f:id:tantotempo:20211203103922p:plain

この数字はファイザー自身の報告と一致している。

f:id:tantotempo:20211225235930p:plain

ファイザーの遺伝子ワクチンを受けた21,720人のうち、胎児を含めると1223人が死亡している。5% 以上である。この数字はワクチン接種後90日の数字なので、当然ながらこのあと増加しているはすだ。

上記のフィリップ医学博士の同じTweetでは、もう一つのファイザーの有害事象の55の一群では、深刻な事象(紫色)と深刻でない事象(ライトブルー)との割合は次のグラフのとおり。

どおりで彼らは全部のデータをリリースしないわけだ!

f:id:tantotempo:20211226000100p:plain

このファイザーの報告書の全部はこちら。

https://phmpt.org/wp-content/uploads/2021/11/5.3.6-postmarketing-experience.pdf

OpenVAERSグローバルデータベースには913,266件の報告がある

 

ワクチンが公的に投与されてから、OpenVAERSグローバルデータベースには913,000以上の有害事象の報告があった。

f:id:tantotempo:20211203111231p:plain

上記の報告書の最後には、このファイザーワクチンによって引き起こされる可能性のある病気がリスティングされている。

付録1.特に注目すべき有害事象のリスト(機械翻訳


欠失症候群;2-ヒドロキシグルタル酸尿症;5'ヌクレオチダーゼ増加;アコースティック 
神経炎;後天性C1インヒビター欠損症;後天性表皮水疱症;後天性てんかん[1,2,3,4,5,6]。
失語症;急性皮膚エリテマトーデス;急性播種性脳脊髄炎;急性播種性脳脊髄炎;急性播種性脳脊髄炎 
難治性反復部分発作を伴う脳炎;急性熱性好中球性脳炎 
皮膚症;急性弛緩性脊髄炎;急性出血性白質脳炎;急 
乳児出血性水腫;急性腎障害;急性黄斑部網膜症;急性黄斑部網膜症;急性黄斑部網膜症 
運動軸索神経障害;急性運動感覚軸索神経障害;急性心筋梗塞;急性心筋症 
梗塞;急性呼吸窮迫症候群;急性呼吸不全;アジソン病 
疾患;投与部位血栓症;投与部位血管炎;副腎 
血栓症;予防接種に伴う有害事象;アゲウス症;無顆粒球症;空気 
塞栓症;アラニンアミノトランスフェラーゼ異常;アラニンアミノトランスフェラーゼ増加;アルコール性 
発作;アレルギー性気管支肺真菌症;アレルギー性水腫;自己免疫疾患(ALO) 
肝炎;円形脱毛症;アルパース病;肺胞タンパク症;アンモニア異常;アンモニア 
増加した;羊膜腔感染症;扁桃海綿体手術;アミロイド 
関節症;アミロイドーシス;老人性アミロイドーシス;アナフィラキシー反応;アナフィラキシー 
ショック;アナフィラキシー輸血反応;アナフィラクトイド反応;アナフィラクトイド 
ショック;妊娠アナフィラキシー症候群;血管性浮腫;血管病性 
神経障害;強直性脊椎炎;アノスミア;抗アセチルコリン受容体抗体 
陽性;抗アクチン抗体陽性;抗アクアポリン4抗体陽性;抗基底神経節 
抗体陽性;抗環状シトルリン化ペプチド抗体陽性;抗上皮性抗体 
陽性;抗赤血球抗体陽性;抗エキソゾーム複合体抗体陽性;抗GAD抗体陰性;抗GAD抗体陽性;抗ガングリオシド抗体陽性 
陽性;アンチグリアジン抗体陽性;抗黒質基底膜抗体陽性 
陽性;抗糸球体基底膜症;抗グリシルtRNAシンテターゼ抗体 
陽性;抗HLA抗体検査陽性;抗IA2抗体陽性;抗インスリン抗体 
インスリン抗体陽性;抗インスリン受容体抗体増加;抗インスリン受容体抗体陽性;抗インターフェロン抗体陰性;抗インターフェロン抗体陽性;抗インスリン受容体抗体増加;抗インスリン受容体抗体増加;抗インスリン受容体抗体陽性 
陽性;抗アイランド細胞抗体陽性;抗ミトコンドリア抗体陽性;抗筋肉組織陽性 
特異的キナーゼ抗体陽性;抗ミエリン関連糖蛋白質抗体 
陽性;抗ミエリン関連糖蛋白質関連多発性神経炎;抗心筋症 
抗体陽性;抗神経細胞抗体陽性;抗好中球細胞質(ACT) 
増加;抗好中球細胞質抗体陽性;抗好中球細胞質抗体陽性 
抗体陽性血管炎;抗NMDA抗体陽性;抗核抗体 
増加;抗核抗体陽性;抗リン脂質抗体 
陽性;抗リン脂質症候群;抗血小板抗体陽性;抗プロトロンビン 
抗体陽性;抗リボソームP抗体陽性;抗RNAポリメラーゼIII 抗体 
陽性;抗サッカロミセス・セレビシエ抗体検査陽性;抗精子抗体 
陽性;抗SRP抗体陽性;抗シンセターゼ症候群;抗甲状腺抗体 
抗VGCC抗体陽性;抗トランスグルタミナーゼ抗体陽性;抗VGKC抗体陽性;抗ヴィメンティン抗体陽性;抗ウイルス剤予防薬;抗ウイルス剤 
治療;抗亜鉛トランスポーター8抗体陽性;大動脈塞栓;大動脈 
血栓症;大動脈炎;純赤血球無形成症;再生不良性貧血;適用部位 
血栓症;適用部位血管炎;不整脈;動脈バイパス閉塞;動脈バイパス 
血栓症;動脈血栓症;動静脈瘻血栓症;動静脈グラフトサイト 
狭窄;動静脈グラフト血栓症;動脈炎;動静脈炎 

冠状動脈;関節痛;関節炎;腸炎;腹水;無菌性海綿状静脈洞(Aseptic Cavernous Sinus 
血栓症;アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ異常;アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ 
増加、アスパラギン酸-グルタミン酸トランスポーター欠損症、AST/血小板比率指数 
増加;AST/ALT比異常;喘息;無症候性COVID19;運動失調;アテローム塞栓症;アトン発作;心房血栓症;萎縮性甲状腺炎;非定型的 
良性部分てんかん;非定型肺炎;オーラ;自己抗体陽性;自己免疫疾患 
貧血;自己免疫性再生不良性貧血;自己免疫性関節炎;自己免疫性水疱症 
疾患;自己免疫性胆管炎;自己免疫性大腸炎;自己免疫性脱髄疾患 
自己免疫疾患;自己免疫性皮膚炎;自己免疫性障害;自己免疫性疾患 
脳症;自己免疫性内分泌疾患;自己免疫性腸疾患;自己免疫性眼疾患 
障害;自己免疫性溶血性貧血;自己免疫性ヘパリン誘発性 
血小板減少症;自己免疫性肝炎;自己免疫性高脂血症;自己免疫性 
甲状腺機能低下症;自己免疫性内耳疾患;自己免疫性肺疾患;自己免疫性 
リンパ球

増殖性症候群;自己免疫性心筋炎;自己免疫性筋炎;自己免疫性 
腎炎;自己免疫性ニューロパチー;自己免疫性好中球減少症;自己免疫性 
自己免疫性膵炎;自己免疫性汎血球減少症;自己免疫性心膜炎;自己免疫性疾患 
網膜症;自己免疫性甲状腺障害;自己免疫性甲状腺炎;自己免疫性 
ぶどう膜炎;小児腸炎を伴う自己炎症;自己炎症性疾患;オートマティスム 
てんかん;自律神経のアンバランス;自律神経発作;軸性 
脊椎関節炎;腋窩静脈血栓症;軸索および脱髄性 
多発性神経炎;軸索神経障害;バクタスクリプト;バルトミオクローヌスてんかん;帯状疱疹 
感覚;バセドー病;脳底動脈血栓症;好塩基球減少症;B-cell 
無形成;ベーチェット症候群;良性民族性好中球減少症;良性家族性新生児[1][2][3][4][5]。
痙攣;良性家族性天疱瘡;良性ローランドてんかん;β2糖蛋白質 
抗体陽性;ビッカースタッフ脳炎;胆汁分泌異常;胆汁分泌量 
減少した;胆汁性腹水;ビリルビン抱合体異常;ビリルビン抱合体 
増加、ビリルビン尿あり、肝生検異常、ビオチニダーゼ欠損症、鳥撃ち 
脈絡網膜症;血液アルカリホスファターゼ異常;血液アルカリホスファターゼ 
血中ビリルビン異常、血中ビリルビン増加、血中ビリルビン非抱合型、血中ビリルビン増加 
血中コリンエステラーゼ異常、血中コリンエステラーゼ減少、血圧上昇 
血圧低下;拡張期血圧低下;収縮期血圧低下;足指ブルー 
症候群;脳頭静脈血栓症;脳幹塞栓症;脳幹 
血栓症;ブロモサルファタレインテスト異常;気管支水腫;気管支炎;気管支炎;気管支炎 
マイコプラズマ気管支炎、ウイルス性気管支炎、アレルギー性気管支肺アスペルギルス症、気管支痙攣、BuddChiari症候群、肢体不自由、蝶形骨疹、C1q腎症、帝王切開、カルシュウム 
塞栓症;毛細血管炎;カプラン症候群;心臓アミロイドーシス;心停止;心疾患 
心不全;急性心不全;心臓サルコイドーシス;心室血栓症;心原性疾患 
ショック;カルジオリピン抗体陽性;心肺停止;心肺停止 
停止;心肺停止;心血管系不全;頸動脈の動脈 
塞栓症;頸動脈血栓症;カタプレキシー;カテーテル部位血栓症;カテーテル部位 
血管炎;海綿状静脈洞血栓症;CDKL5欠損症;CEC症候群;セメント 
塞栓症;中枢神経系ループス;中枢神経系血管炎;小脳動脈 
血栓症;小脳塞栓症;脳アミロイド血管症;脳動脈炎;脳梗塞;脳腫瘍 
脳動脈塞栓症;脳動脈血栓症;脳ガス塞栓症;脳 
マイクロエンボリズム;脳敗血症性梗塞;脳血栓症;脳静脈洞(CVS
血栓症;脳静脈血栓症;脳脊髄液性血栓症(CSA)

タンポナーデ;脳血管障害;発作発現の変化;胸部不快感;ChildPugh-Turcotteスコア異常;Child-Pugh-Turcotteスコア 
冷血症;窒息;窒息感;硬化性胆管炎;慢性 
自己免疫性糸球体腎炎;慢性皮膚エリテマトーデス;慢性疲労 
症候群;慢性胃炎;慢性炎症性脱髄疾患 
多発性神経炎;脳橋部血管周囲炎を伴う慢性リンパ球性炎症 
ステロイドに反応する増強;慢性再発性多巣性骨髄炎;慢性の 
呼吸不全;慢性自然じんま疹;循環虚脱;循環器系 
浮腫;体幹の腫れ;臨床分離症候群;間代性痙攣;セリアック病(Coeliac) 
病気;Cogan症候群;寒冷凝集素陽性;寒冷型溶血性疾患 
貧血;大腸炎;びらん性大腸炎;ヘルペス性大腸炎;顕微鏡的大腸炎;潰瘍性大腸炎;コラーゲン 
障害;膠原病・血管病;補体因子異常;補体因子C1 
減少した;補体因子C2が減少した;補体因子C3が減少した;補体因子が減少した 
C4因子減少;補体因子減少;コンピュータ断層撮影肝臓 
異常;同心円状硬化症;先天異常;先天性両側頭頂部 
症候群;先天性単純ヘルペス感染症;先天性筋無力症候群;先天性 
水痘感染症;うっ血性肝障害;小児けいれん;けいれん性疾患 
局所;痙攣性閾値低下;クームス陽性溶血性貧血;冠動脈 
疾患;冠動脈塞栓症;冠動脈血栓症;冠動脈バイパス 
血栓症;コロナウイルス感染症;コロナウイルス検査;コロナウイルス検査陰性;コロナウイルスの 
テスト陽性;コーパスカルソトミー;咳;咳消失型喘息;COVID-19;COVID-19 
免疫;COVID-19肺炎;COVID-19予防;COVID-19治療;頭蓋底 
神経障害;多発性頭蓋神経麻痺;頭蓋神経麻痺;CREST 
症候群;クローン病;クリオフィブリノーゲン血症;クリオグロブリン血症;髄液オリゴクローナルバンド 
存在する;CSWS症候群;皮膚アミロイドーシス;皮膚エリテマトーデス;皮膚 
サルコイドーシス;皮膚血管炎;チアノーゼ;周期性好中球減少症;間質性膀胱炎;サイトカイン 
リリース症候群;サイトカインストーム;デノボプリン合成阻害剤に関連する急性 
炎症性症候群;新生児死亡;深部静脈血栓症;深部静脈血栓症 
術後;胆汁分泌不全;デジャヴ;脱髄疾患 
多発性神経炎;脱髄;皮膚炎;水疱性皮膚炎;皮膚炎 
疱疹状疾患;皮膚筋炎;デバイス塞栓症;デバイス関連血栓症;糖尿病 
糖尿病;糖尿病性ケトアシドーシス;糖尿病性乳腺症;透析アミロイドーシス;透析膜 
反応;拡張期低血圧;びまん性血管炎;デジタルピッティング瘢痕;播種性 
血管内凝固症候群;新生児播種性血管内凝固症候群;播種性血管内凝固症候群(Disseminated Intravascular Coagulation in Newborn) 
新生児単純ヘルペス;播種性水痘;播種性水痘帯状疱疹ワクチンウイルス 
播種性水痘帯状疱疹ウイルス感染症;DNA抗体陽性;二重皮質(Double cortex) 
症候群;二本鎖DNA抗体陽性;夢見がちな状態;ドレスラー症候群;落 
発作;薬物離脱けいれん;呼吸困難;早期小児てんかん性脳症 
バースト抑制;子癇;ヘルペス湿疹;薬性皮膚塞栓症;エンボリック 
脳梗塞;塞栓性脳梗塞;塞栓性肺炎;塞栓性梗塞 
脳卒中;塞栓症;動脈性塞栓症;静脈性塞栓症;脳炎;脳炎;脳炎 
アレルギー性脳炎;自己免疫性脳炎;脳幹部脳炎;脳炎 
出血性;びまん性脳炎;脳炎後遺症
予防接種;脳脊髄炎;脳症;内分泌疾患;内分泌疾患 
眼症;気管内挿管;腸炎;白血球減少性腸炎;エンテロバクター(Enterobacter) 
肺炎;腸炎;腸炎性脊椎炎;好酸球減少症;好酸球性肺炎

筋膜炎;多発性血管炎を伴う好酸球性肉芽腫症;好酸球性 
食道炎;表皮剥離;てんかん;てんかん手術;ミオクローヌス-アトニックを伴うてんかん 
発作;てんかん性前兆;てんかん性精神病;紅斑;硬結性紅斑;紅斑 
多形;結節性紅斑;エバンス症候群;亜脱臼性発疹;拡大障害 
への曝露があった。
感染症;SARS-CoV-2への曝露;眼水;眼そう痒症;眼病 
腫;眼瞼浮腫;顔面浮腫;顔面麻痺;顔面上肢ジストニー;顔面上肢ジストニー 
発作;脂肪塞栓症;熱性けいれん;熱性感染症関連てんかん症候群;熱性けいれん 
好中球減少症;フェルティ症候群;大腿動脈塞栓症;細線維症
糸球体腎炎;線維筋痛症;顔面紅潮;口角泡;大脳皮質局所切除;局所性 
認知障害発作;胎児苦痛症候群;胎児胎盤血栓症;泡沫 
肝炎;異物塞栓症;前頭葉てんかん;劇症型1型糖尿病 
ガラクトース排泄能試験異常、ガラクトース排泄能試験 
減少した;γ-グルタミルトランスフェラーゼ異常;γ-グルタミルトランスフェラーゼ 
増加;ヘルペス胃炎;消化管アミロイドーシス;ゲラスティック発作;全身性発症 
非典型発作;全般性強直間代性発作;性器ヘルペス;性器ヘルペス 
単純性;性器帯状疱疹;巨細胞性動脈炎;糸球体腎炎;糸球体性腎炎 
膜性増殖性糸球体腎炎;膜性糸球体腎炎;急速糸球体腎炎 
進行性;舌咽頭神経麻痺;グルコーストランスポーター1型欠乏症 
症候群;グルタミン酸ヒドロゲナーゼ増加;グリココール酸増加;GM2 
ガングリオシドーシス;グッドパスチャー症候群;グラフト 
血栓症;顆粒球減少症;新生児顆粒球減少症;肉芽腫症を伴う 
多発性血管炎;肉芽腫性皮膚炎;灰白質異所性;グアナース増加;ギランバレー症候群;溶血性貧血;血球貪食症候群 
リンパ組織球症;出血;出血性腹水;出血性疾患 
障害;出血性肺炎;出血性水痘症候群;出血性疾患 
血管炎;ハンタウイルス肺感染症;橋本病 
脳症;ハシトキシ症;血球麻痺;ヘノッホ・ションライン紫斑病;ヘノッホ・ションライン紫斑病腎炎;ヘパプラスチン異常;ヘパプラスチン減少;ヘパリン誘発性 
血小板減少症;肝アミロイドーシス;肝動脈塞栓症;肝動脈流量 
減少した;肝動脈血栓症;肝酵素異常;肝酵素 
酵素の減少;肝酵素の増加;肝線維化マーカーの異常;肝線維化 
マーカーが増加した;肝機能異常;肝水腫;肝 
肝臓肥大;肝臓低灌流;肝臓リンパ球浸潤;肝臓腫瘤;肝臓 
痛み;肝静止;肝血管抵抗増加;肝静止;肝血管 
血栓症;肝静脈塞栓症;肝静脈血栓症;肝静脈圧力 
肝静脈圧較差異常;肝静脈圧較差増大;肝炎;肝胆膵スキャン 
異常;肝腫大;肝脾腫;C1エステラーゼを伴う遺伝性血管性浮腫 
インヒビター欠損症;ヘルペス皮膚炎;妊娠性ヘルペス;ヘルペス食道炎;ヘルペス 
眼科;ヘルペス咽頭炎;ヘルペス敗血症;単純ヘルペス;単純ヘルペス 
子宮頸管炎;単純性大腸炎;単純性脳炎;単純性胃炎;ヘルペス 
単純性肝炎;単純性髄膜炎;単純性髄膜脳炎;ヘルペス 
単純髄膜炎;単純ヘルペス壊死性網膜症;単純ヘルペス 
食道炎;単純性外耳道炎;単純性咽頭炎;単純性咽頭炎;単純性疱疹 
肺炎;単純ヘルペス再活性化;単純ヘルペス敗血症;単純ヘルペス 
ウイルス血症;新生児単純ヘルペスウイルス結膜炎;内臓型単純ヘルペスウイルス;ヘルペスウイルス感染症帯状疱疹帯状疱疹皮膚播種性;帯状疱疹感染症 
神経学的;帯状疱疹髄膜炎;帯状疱疹髄膜脳炎;帯状疱疹ヘルペス 
髄膜炎;帯状疱疹髄膜弛緩性炎;帯状疱疹壊死性炎 
網膜症;耳介ヘルペス帯状疱疹咽頭炎帯状疱疹ヘルペス 
再活性化;ヘルペス性神経根症;ヒストン抗体陽性;Hoigne 症候群;ヒト 
ヘルペスウイルス6脳炎;ヒトヘルペスウイルス6感染症;ヒトヘルペスウイルス6感染症 
再活性化;ヒトヘルペスウイルス7感染;ヒトヘルペスウイルス8感染 
感染症;高アンモニア血症;高ビリルビナ血症;高コリア;高ガンマグロブリン血症 
良性モノクローナル;高血糖発作;過敏症;過敏症 
血管炎;甲状腺機能亢進症;高トランサミン血症;過換気;低アルブミン血症;H
低カルシウム血症発作;低ガンマグロブリン血症;舌下神経麻痺;舌下神経麻痺 
神経麻痺;低血糖発作;低ナトリウム血症発作;低血圧;低血圧症(Hypotensive) 
危機;下垂体ハンマー症候群;甲状腺機能低下症;低酸素症;特発性CD4 
リンパ球減少症;特発性全般化てんかん;特発性間質性肺炎;特発性 
好中球減少症;特発性肺線維症;IgA腎症;IgM腎症;III次神経 
麻痺;第3神経麻痺;肝動脈塞栓症;免疫性血小板減少症;免疫性副作用;免疫性胆管炎;免疫性介在 
胆汁うっ滞症;免疫介在性細胞減少症;免疫介在性脳炎;免疫介在性 
脳症;免疫介在性内分泌障害;免疫介在性腸炎;免疫介在性胃炎;免疫介在性肝障害;免疫介在性肝炎;免疫介在性甲状腺機能亢進症;免疫介在性甲状腺機能低下症;免疫介在性 
心筋炎;免疫介在性筋炎;免疫介在性腎炎;免疫介在性 
神経障害;免疫介在性膵炎;免疫介在性肺炎;免疫介在性 
腎障害;免疫介在性甲状腺炎;免疫介在性ぶどう膜炎;免疫グロブリンG4 
関連疾患;免疫グロブリン異常;インプラント部位血栓症;封入体 
筋炎;小児遺伝性無顆粒球症;小児けいれん;感染性血管炎;感染性皮膚炎 
血栓症;炎症;炎症性腸疾患;輸液部位血栓症;輸液部位 
血管炎;注射部位血栓症;注射部位蕁麻疹;注射部位血管炎;刺入部位 
部位血栓症;インスリン自己免疫症候群;間質性肉芽腫性(Interstitial Granulomatous) 
皮膚炎;間質性肺疾患;心内腫瘤;心内血栓;頭蓋内 
圧上昇;心腔内血栓症;真性因子抗体異常;真性因子 
抗体陽性;IPEX症候群;不規則呼吸;IRVAN症候群;IVth神経 
JCポリオーマウイルス検査陽性;JCウイルス髄液検査陽性;Jeavons(ジーボンズ
症候群;頸静脈塞栓症;頸静脈血栓症;若年性特発性疾患(Juvenile idiopathic) 
若年性関節炎;若年性ミオクロニーてんかん;若年性多発性筋炎;若年性乾癬性 
関節炎;若年性脊椎関節炎;カポジ肉腫炎症性サイトカイン;カポジ肉腫炎症性サイトカイン 
川崎病;カイザーフライシャー環;出血性角皮症;ケトーシス傾向糖尿病;クーニス症候群;ラフォラ脊髄性てんかん;ラムル病 
喉頭排泄物;喉頭呼吸困難;喉頭浮腫;喉頭リウマトイド 
関節炎;喉頭痙攣;喉頭気管水腫;成人潜伏性自己免疫性糖尿病;LE 
細胞存在;Lemierre症候群;Lennox-Gastaut症候群;Leucine aminopeptidase 
増加;白質脳脊髄炎;白質脳症;白血球減少症;白血球減少症 
新生児;ルイス-サムナー症候群;レルミット徴候;毛孔性苔癬;扁平苔癬;毛孔性苔癬 
硬化症;肢端脳炎;線状IgA病;口唇浮腫;口唇腫脹;肝機能 
検査異常;肝機能検査低下;肝機能検査上昇;肝 硬結;肝損傷;肝鉄濃度異常;肝鉄濃度増加した;肝臓の混濁;肝臓の触知;肝臓サルコイドーシス;肝臓のスキャン異常;肝臓
圧痛;低出生体重児;下気道ヘルペス感染症;下気道 
気道感染症;ウイルス性気道感染症;肺膿瘍;ルポイド型肝炎 
肝硬変;ループス膀胱炎;ループス脳炎;ループス心内膜炎;ループス腸炎;ループス 
肝炎;ループス心筋炎;ループス筋炎;ループス腎炎;ループス膵炎;ループス 
胸膜炎;ループス肺炎;ループス血管炎;ループス様症候群;リンパ球性 
下垂体炎;新生児リンパ球減少症;リンパ球減少症;MAGIC症候群;Magnetic 
磁気共鳴画像肝臓異常;磁気共鳴プロトン密度脂肪分率 
測定;マーラーサイン;製造検査分析試験問題;製造 
材料問題;製造問題;マールブルグ変種多発性硬化症 
硬化症;マルキアファバ・ビグナミ病;マリン・レンハート症候群;乳腺細胞性 
腸炎;妊娠中の母親の被曝;医療機器部位血栓症;医療機器部位 
機器部位血管炎;MELAS症候群;髄膜炎;無菌性髄膜炎;髄膜炎 
ヘルペス;新生児単純ヘルペス脳炎;髄膜脳炎 
ヘルペス髄膜炎;MERS-CoV検査;MERS-CoV検査陰性;MERS-CoV検査 
陽性;血管増殖性糸球体腎炎;腸間膜動脈塞栓症;中腸間膜動脈 
動脈血栓症;腸間膜静脈血栓症;メタニューモウイルス感染症;転移性 
皮膚クローン病;転移性肺疾患 
塞栓症;微小血管症;微小塞栓症;顕微鏡的多発血管炎;中東(Middle East) 
呼吸器症候群;片頭痛誘発性発作;粟粒肺炎;ミラーフィッシャー 
症候群;ミトコンドリアアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加;混合性結合組織 
疾患;末期肝疾患モデルスコア異常;末期肝疾患モデルスコア 
スコア増加;総分岐鎖アミノ酸チロシンのモル比;モリブデン 
補酵素欠乏症;単球減少症;単神経炎;単神経障害 
多発性硬化症;モルフォア;モルヴァン症候群;口の腫れ;モヤモヤ病;多巣性硬化症 
運動ニューロパチー;多臓器不全症候群;多発性硬化症;多発性硬化症 
再発;多発性硬化症再発予防;多発性骨膜下切断;多臓器不全(Multisystem) 
小児炎症性症候群;筋サルコイドーシス;重症筋無力症;筋無力症 
重症筋無力症の危機;重症筋無力症新生児;筋無力症候群;骨髄炎;骨髄炎 
横紋筋;心筋梗塞;心筋炎;感染後心筋炎;ミオクロニック 
てんかん;ミオクロニーてんかんとぼろぼろ赤い繊維;ミオキミア;筋炎;ナルコレプシー;鼻腔 
ヘルペス;鼻閉;壊死性ヘルペス網膜症;新生児クローン病;新生児期 
てんかん発作;新生児エリテマトーデス;新生児粘膜皮膚ヘルペス 
新生児肺炎;新生児発作;腎炎;腎原性全身性疾患 
線維症;神経性筋萎縮症;神経炎;脳神経炎;視神経脊髄炎偽性 
再発;視神経脊髄炎スペクトラム障害;神経筋強直症;神経細胞性 
神経障害;末梢神経障害;神経障害、運動失調、網膜色素変性症 
症候群;精神神経性狼瘡;神経サルコイドーシス;好中球減少症;好中球減尐症 
新生児;新生児大腸炎;新生児感染症;新生児敗血症;結節性発疹;結節性 
血管炎;非感染性脊髄炎;非感染性脳炎;非感染性 
脳脊髄炎;非感染性眼窩炎;産科性肺塞栓症;職業性疾患 
感染症への暴露;SARS-CoV-2への職業的暴露;目 
高血圧症;眼筋無力症;眼類天疱瘡;眼部サルコイドーシス;眼部 
血管炎;眼顔面神経麻痺;浮腫;水疱性浮腫;肝性浮腫 
疾患;口腔内水腫;食道アカラシア;眼動脈血栓症;眼科 
単純ヘルペス;眼部帯状疱疹;眼部静脈血栓症;視神経炎;視神経ニューロパチー;視神経周囲炎;口腔ヘルペス;口腔扁平苔癬;口腔咽頭炎 
浮腫;中耳炎;中耳炎;中耳炎の腫れ;浸透圧脱髄 
症候群;卵巣静脈血栓症;オーバーラップ症候群;小児自己免疫疾患 
溶連菌感染症に伴う精神神経障害;パジェット・シュロエッター 
症候群;回旋性リウマチ;回旋性好中球性肉芽腫性疾患 
皮膚炎;掌蹠角皮症;掌蹠角皮症;掌蹠膿胞症 
紫斑病;膵炎;汎脳炎;毛細血管炎;傍癌性肺炎;逆説的な 
塞栓症;パラインフルエンザウイルス性喉頭気管気管支炎;腫瘍随伴症状;腫瘍随伴症状 
皮膚筋炎;腫瘍随伴性天疱瘡;腫瘍随伴性血栓症;頭蓋知覚麻痺 
神経;頭頂細胞抗体陽性;発作性夜間血色素尿症;パーシャル 
発作;二次性全般化を伴う部分発作;患者の隔離;骨盤静脈 
血栓症;天疱瘡;天疱瘡;陰茎静脈血栓症;心膜炎;心膜炎;心膜炎 
ループス;肝周囲の不快感;眼窩浮腫;眼窩の腫れ;末梢動脈(Peripheral Artery) 
血栓症;末梢塞栓症;末梢虚血;末梢静脈血栓症 
拡張;大動脈周囲水腫;腹膜液蛋白質異常;腹膜液蛋白質 
減少;腹水蛋白増加;ループス腹膜炎;悪性貧血;小児麻痺 
てんかん;咽頭水腫;咽頭腫脹;苔癬状粃糠疹とvarioliformis 
急性灰白髄炎;胎盤;胸膜乳頭線維拡張症;気腫;肺炎;肺炎;肺炎球菌 
アデノウイルス性肺炎;サイトメガロウイルス性肺炎;ウイルス性肺炎;ヘルペスウイルス性肺炎 
インフルエンザ性肺炎;麻疹性肺炎;マイコプラズマ肺炎;壊死性肺炎;肺炎 
パラインフルエンザウイルス性肺炎;呼吸器合胞体ウイルス性肺炎;ウイルス性肺炎;POEMS 
症候群;結節性多発動脈炎;多発性関節炎;多発性軟骨炎;多発性関節炎性自己免疫症 
多血性自己免疫症候群I型;多血性自己免疫症候群II型;多血性自己免疫症候群III型 
症候群Ⅲ型;多発性硬化症;多発性硬化症;多発性筋痛症(Polymyalgia) 
リウマチ性疾患;多発性筋炎;多発性神経炎;特発性進行性多発性神経炎;門脈 
門脈貧血;門脈塞栓症;門脈流低下;門脈圧減少 
増加;門脈血栓症;門脈腸管静脈血栓症;処置後 
低血圧症;処置後肺炎;処置後肺塞栓症;脳卒中後遺症 
てんかん;脳卒中後遺症;血栓性網膜症;血栓性後遺症;ウイルス性後遺症 
疲労症候群;発作後頭痛;発作後麻痺;発作後精神病;発作後(Postictal) 
状態;術後呼吸困難;術後呼吸不全;術後 
血栓症;分娩後血栓症;分娩後静脈血栓症;心膜切開術後 
症候群;外傷後てんかん;起立性頻脈症候群;前脳 
動脈血栓塞栓症;子癇前症;前駆症状;早産;早産症 
閉経;原発性アミロイドーシス;原発性胆汁性胆管炎;原発性進行性多発性硬化症 
硬化症;プロシージャショック;ヘルペス腸炎;潰瘍性直腸炎;製品の入手性 
製品流通の問題;製品供給の問題;顔面進行性 
半身不随;進行性多巣性白質脳症;進行性多発性疾患 
進行性再発性多発性硬化症;人工心臓弁 
血栓症;アレルギー性掻痒症;偽性血管炎;乾癬;乾癬性 
関節症;肺アミロイドーシス;肺動脈血栓症;肺動脈 
塞栓症;肺線維症;肺出血;肺マイクロエンボリ;肺臓 
油マイクロエンボリズム;肺腎症候群;肺サルコイドーシス;肺臓 
敗血症;肺血栓症;肺腫瘍血栓性微小血管症;肺疾患 
血管炎;肺静脈閉塞性疾患;肺静脈血栓症;膿皮症(Pyoderma) 
壊疽病、植物性口内炎、発熱、隔離、放射線白血球減少症、放射線口内炎

上腕;放射線学的に孤立した症候群;発疹;紅斑性発疹;そう痒性発疹;Rasmussen 
脳炎;レイノー現象;反応性毛細血管内皮増殖症;再発性 
多発性硬化症;再発-寛解多発性硬化症;腎アミロイドーシス;腎臓 
動脈炎;腎動脈血栓症;腎塞栓症;腎不全;腎臓の血管 
血栓症;腎臓血管炎;腎臓静脈塞栓症;腎臓静脈血栓症;呼吸器系 
呼吸停止;呼吸障害;呼吸困難;呼吸不全;呼吸困難 
麻痺;呼吸器シンシチアルウイルス気管支炎;呼吸器シンシチアルウイルス 
網膜動脈塞栓症;網膜動脈閉塞症;網膜動脈血栓症;網膜 
血管血栓症;網膜血管炎;網膜静脈閉塞症;網膜静脈血栓症;レチノール 
結合タンパク質の減少;網膜症;逆行性門脈流;後腹膜 
線維症;可逆性気道閉塞;レイノルズ症候群;リウマチ性脳症 
関節リウマチ;リウマトイド因子増加;リウマトイド因子増加;リウマトイド因子増加;リウマトイド因子増加;リウマトイド因子増加;リウマトイド因子増加;リウマトイド因子減少 
リューマチ因子陽性;リューマチ因子量的増加;リューマチ性肺;リューマチ性(Rheumatoid) 
好中球性皮膚症;リウマチ様結節;リウマチ様結節除去;リウマトイド 
強膜炎;リウマチ性血管炎;サッカディックアイムーブメント;SAPHO 
症候群;サルコイドーシス;SARS-CoV-1検査;SARS-CoV-1検査陰性;SARS-CoV-1検査陽性;SARS-CoV-1検査陰性 
陽性;SARS-CoV-2抗体検査;SARS-CoV-2抗体検査陰性;SARS-CoV-2抗体検査陽性。
抗体検査陽性;SARS-CoV-2キャリア;SARS-CoV-2敗血症;SARS-CoV-2検査;SARSCoV-2検査偽陰性;SARS-CoV-2検査偽陽性;SARS-CoV-2検査陰性;SARSCoV-2検査陽性;SARS-CoV-2ウイルス性疾患;里見浩一 
症候群;統合失調症;強膜炎;強皮症;強皮症に伴う 
趾潰瘍;強皮症腎クリーゼ;強皮症様反応;二次的 
アミロイドーシス;二次性小脳変性症;二次性進行性多発性硬化症 
硬化症;分節化ヒアリン化血管炎;発作;発作性無酸素;発作性群発;発作性 
ような現象;発作の予防;異物感;敗血症性塞栓;敗血症性 
肺塞栓症;重症急性呼吸器症候群;重症ミオクローヌスてんかん(SBI) 
乳児期;ショック;ショック症状;縮小性肺症候群;シャント血栓症;サイレント 
甲状腺炎;単純部分発作;シェーグレン症候群;皮膚の腫れ;SLE関節炎;滑膜炎 
筋抗体陽性;くしゃみ;脊髄動脈塞栓症;脊髄動脈血栓症;脾臓 
動脈血栓症;脾臓塞栓症;脾臓血栓症;脾臓静脈血栓症 
血栓症;脊椎炎;脊椎関節症;自然発症のヘパリンによる 
血小板減少症候群;てんかん重積状態;スティーブンス・ジョンソン症候群;スティッフネス・レッグ 
ストマサイト血栓症 ストマサイト 
血管炎;ストレス性心筋症;ストリドー;亜急性皮膚エリテマトーデス;亜急性 
心内膜炎;亜急性炎症性脱髄性多発ニューロパチー;鎖骨下動脈 
塞栓症;鎖骨下動脈血栓症;鎖骨下静脈血栓症;突然の原因不明の 
てんかん死;上矢状洞血栓症;スザック症候群;COVID19の疑い;むくみ;顔のむくみ;まぶたのむくみ;舌の腫れ;交感神経性 
眼病;全身性エリテマトーデス;全身性エリテマトーデス疾患活動性 
全身性エリテマトーデス疾患活動指数異常;全身性エリテマトーデス疾患活動指数低下;全身性エリテマトーデス疾患活動指数低下 
全身性エリテマトーデス疾患活動指数上昇;全身性エリテマトーデス 
発疹;全身性強皮症;全身性硬化症 
肺炎;頻脈;頻呼吸;高安動脈炎;側頭葉てんかん;末期症状 
腸炎;精巣自己免疫;のどのつかえ;血栓性血管炎 
閉塞性肺疾患;血小板減少症;血小板減少性 
紫斑病;血栓性静脈炎;遊走性血栓性静脈炎;血栓性静脈炎

新生児;敗血症性血栓性静脈炎;表在性血栓性静脈炎;トロンボプラスチン抗体 
陽性;血栓症;海綿体血栓症;器具内血栓症;血栓症 
腸間膜血管;血栓脳梗塞;血栓性微小血管症;血栓性 
脳卒中血栓性血小板減少性紫斑病;甲状腺障害;甲状腺刺激性 
免疫グロブリン増加;甲状腺炎;舌アミロイドーシス;舌を噛む;舌 
浮腫;強直間代性運動;強直痙攣;強直姿勢;トペクトミー;総胆汁量 
酸増加、中毒性表皮壊死融解症、中毒性白質脳症、中毒性オイル 
症候群;気管閉塞;気管水腫;気管気管支炎;気管支炎 
マイコプラズマ;ウイルス性気管支炎;トランスアミナーゼ異常;トランスアミナーゼ 
増加;輸血関連自己免疫性好中球減少症;一過性てんかん症候群 
健忘症;横静脈洞血栓症;三叉神経知覚麻痺;三叉神経 
神経痛;三叉神経麻痺;腸骨動脈血栓症;結節性硬化症 
管状間質性腎炎およびブドウ膜炎症候群;腫瘍性多発性菌 
硬化症;腫瘍塞栓症;腫瘍血栓症;1型糖尿病;1型糖尿病 
過敏症;III型免疫複合体介在反応;ウートホフ 
現象;潰瘍性角膜炎;超音波肝機能異常;臍帯血(Umbilical cord) 
血栓症;Uncinate fits;未分化結合組織病;上気道炎 
閉塞感;尿中ビリルビン増加;ウロビリノーゲン尿減少;ウロビリノーゲン尿 
増加;蕁麻疹;丘疹性蕁麻疹;蕁麻疹性血管炎;子宮 
破裂;ぶどう膜炎;ワクチン接種部位血栓症;ワクチン接種部位血管炎;迷走神経 
麻痺;水痘;水痘性角膜炎;水痘ワクチン後遺症;水痘帯状疱疹 
胃炎;水痘帯状疱疹食道炎;水痘帯状疱疹肺炎;水痘帯状疱疹 
敗血症;水痘帯状疱疹ウイルス感染症;前腕静脈瘤;人工血管血栓症;人工血管 
仮性動脈瘤血栓症;血管性紫斑病;血管ステント血栓症;血管炎性 
発疹;血管炎性潰瘍;血管炎;消化器系血管炎;壊死性血管炎;大静脈 
塞栓症;大静脈血栓症;静脈内侵襲;静脈再疎通;静脈内 
血栓症;妊娠中の静脈血栓症;四肢の静脈血栓症;静脈血栓症 
新生児;椎骨動脈血栓症;血管穿刺部位血栓症;内臓静脈血栓症 
血栓症;第VI神経麻痺;第VI神経麻痺;白斑;声帯麻痺;声帯;声帯麻痺 
麻痺;Vogt-Koyanagi-Harada病;温熱型溶血性貧血;喘ぎ;白色 
乳頭徴候;第XI神経麻痺;X線肝胆膵異常;ヤング症候群;ジカウイルス 
関連ギラン・バレー症候群