WHOのテドロスは医師の資格は持っていない、エチオピアのテロリストグループ(ギャングマフィア)の現役幹部である。

 

 

WHOのテドロスは医師の資格は持っていない、エチオピアのテロリストグループ(ギャングマフィア)の現役幹部である。

テロ組織のNo.3のテドロス

テドロスの所属する組織は、米国国防省のテロ組織にリストアップされている。

 

WHOのテドロスは医師の資格は持っておらずエチオピア大統領だったメンギスツ・ハイレ・マリアムを打倒するのに成功したエチオピア人民革命民主戦線として知られる運動連合の指導的グループであるティグレ人民解放戦線(TPLF)のメンバーである。

伝えられるところによると、アメリカ政府高官を含むアナリストは、TPLFをグローバル・テロリズム・データベースにリストアップしている。

 

テドロスはTPLFのNo.3の幹部だ。

 

テドロスは暴力的で強力な共産主義の「ティグライ人民解放戦線(TPLF)」のメンバーとなり、軍政に対する長期の反乱を開始し、1991年にエチオピアマルクス主義独裁者メンギスツ・ハイレ・マリアムを打倒する上で極めて重要な役割を果たした。この勝利によって、アムハラ人(エチオピアの中央高地に主に居住する民族。エチオピア帝国を建国し、以後現在に至るまでエチオピアの主導民族となっている)が支配する政権からティグライの指導者が率いる政権に切り替わり、10年以上にわたる紛争につながったのである。

ジャーナリストのアベベ・ゲローは、テドロスはTPLFのトップ3メンバーの1人であり、党は「すべての汚職、殺人、拷問、大量拘禁、土地収奪、避難に最終的に責任がある」エチオピア・レジスターに寄稿している。

エチオピア国内ではテドロスは個人として「人道に対する罪」の容疑者となっている。

 

米国国務省は、TPLFを "1991年5月にエチオピアの与党連合と政府の一員となる以前の暴力活動 "からテロ組織に分類している。

 

エチオピア軍司令官は、WHOのテドロスがいまだにティグレを支援していると非難した。

エチオピアのベルハヌ・ジュラ陸軍長官は、WHOの長が反政府勢力の武器調達を支援したと述べた。ジャルは、テドロスは証拠を提示することなく、ティグレ人民解放戦線を支援する上で「石を捨てていない」と主張した。(2020/11/19)

Wall Street Journal 「WHOの失敗の責任の多くは、医師ではなく政治家であるテドロス博士にある」

WHOの失敗の責任の多くは、医師ではなく政治家であるテドロス博士にある。左翼のティグレ人民解放戦線の一員として、彼はエチオピア独裁政権を抜けて保健・外務大臣として立ち上がった。2017年に事務局長に就任した後、彼はジンバブエの独裁者ロバート・ムガベをWHO親善大使に任命しようとした。
World Health Coronavirus Disinformation - WSJ

CIAがテドロスをWHOのトップに据えた。

トム・マウンテン(トーマス・C・マウンテンはジャーナリスト、歴史家、教育者。彼は2006年からエリトリアに住み、取材を続けている)はアフリカの角の政治危機と米国の戦略的失態について、メネリク・テレビジョン2とのインタビューでこう語っている。

[タイムスタンプ 49:15]「これらすべてのキープレーヤーの1人は、彼を『テロリストのテドロス』、WHOのトップであるテドロス・アダノム・ゲブレイエススと呼んでいる。彼はTPLFの最後のビッグプレーヤーだ。彼は保健大臣だった。彼は外務大臣でだった。彼はメレス・ゼナウィ(TPLFのリーダー)と非常に親しかったが、現在はWHO(世界保健機関)のトップだ」

「現在、世界保健機関(WHO)の主な貢献者は米国だ。言い換えれば、CIAは誰がWHOのトップなのかを選び、彼らは『テロリストのテドロス』を選んだのだ。なぜか。彼はオガデンでのジェノサイドで積極的な役割を果たしたからだ」

「さて、オガデンでは、2007年末からアビイ(エチオピアのアビイ・アフメド・アリ首相)が2018年に権力の座に就くまで、食糧と医療援助の完全な封鎖があった。その地域、その地域は包囲され、食べ物や薬は国に許されなかった。そして、これはオガデンの歴史の中で前例のない一連の干ばつと飢饉の期間だった。人々は飢えており、食糧や医療援助を妨害していただけでなく、実際に対ゲリラ活動のためにそこに暗殺部隊を送り込み、生活をさらに悪化させていた。

大犯罪者のテドロスが盗んだ金はシティの銀行に送られた。

 

[タイムスタンプ 1:00:12]「(テドロスは)大犯罪者だ。そして、私の研究が明らかにしたことの1つは、TPLFが盗んだこのすべてのお金はどこに行ったのかということです。彼らが盗んだので、私は彼らが何か300億ドル、あるいはそれ以上、400億ドル、おそらく500億ドルを受け取ったことを意味します...それはすべてどこへ行ったのですか?...私たちはそれがヨーロッパに行かなかったことを知っています...それが行くことができた唯一の他の場所は...シティ・オブ・ロンドンの銀行」

イギリスがTPLFを支持し続けている理由。

[タイムスタンプ 1:03:52]「アフリカは何千億ドルもの略奪を受け、どこへ行ったのか?ほとんどまたはすべて、彼らはロンドン市に行った。それがこれらの大きな銀行を豊かにした理由だ。だから、テドロス・アダノム・ゲブレイエススは、シティ・オブ・ロンドンメレス・ゼナウィの妻と彼の取り巻きたちと並んで巨大な銀行口座を持っているに違いない。だからこそ、イギリスは今日までTPLFを支持し続けているのだ。なぜなら、彼らは何十億ドルもの資金を、不正に得た何十億ドルも、イギリスの銀行に振り向けたからだ」

 

出典:5 Shocking Facts About WHO Chief Tedros Adhanom Ghebreyesus (breitbart.com)

Ethiopian army chief accuses WHO′s Tedros of backing Tigray | News | DW | 19.11.2020

Exposed: WHO’s Gangster and Dictator Dr. “Tedros the Terrorist” Adhanom Gebreyesus – The Expose (expose-news.com)