トップクラスのがん外科医が暴露する:「イベルメクチンはがんを治す」

トップクラスのがん外科医が暴露する:「イベルメクチンはがんを治す」

VigilantFox

 

トップクラスの癌外科医であるキャスリーン・ラディ博士は、イベルメクチンが世界で最も効果的な癌治療の1つであり、大手製薬会社によって抑制されていることを告発した。

ステージ4の前立腺がん患者のケース


ある患者が死期を前にしていたとき、予期せぬことが起こった。この男性はステージ4の前立腺がんを患っており、医師から「できることは何もない」と言われるまで、従来のプロトコルをすべて試した。
その後、彼はイベルメクチンを服用し始めた。
6ヶ月以内に転移性病変は消え始め、1年も経たないうちに週に3晩「4時間踊り続けた」とラディ医師はいう。

食道がんのエディのケース

エディという別の男性にも同様のシナリオが展開された。彼もまた体調が悪かった。
エディは、外科医がアプローチできない2つの切除不能な食道癌と診断された。彼は喫煙者で、嚥下することができず、1年半で40ポンド(約18キロ)も痩せていた。
「数週間のうちに、彼の声はより強くなり、嚥下することができるようになった。体重は6ポンド増えていた。彼の声は良くなりました」とルディ博士は報告した。

数週間後、ルディ博士はエディに「スキャンが必要だ」と言いました。
何が起こったと思いますか?

スキャンを撮りました。 腫瘍はありませんでした。消えたのです。消えたのです。
問題は、彼が漁船を売ってしまっていたことでした。それが一番の問題でした。彼は良くなっていた。彼の腫瘍は消えていた。今、彼は別の漁船を買わなければなりません...私は『なるほど、これは興味深い話だ』って思ったんです。