AIナノ兵器

ボストン・コンサルティングによるファイザーと国防総省の派遣契約 ── ファイザー変異ウイルス・ゲート

ボストン・コンサルティングによるファイザーと国防総省の派遣契約 ── ファイザー変異ウイルス・ゲート by サーシャ・ラトポワ ジェームズ・オキーフはtweetで次のように確認した。 この動画で;-私はレストランに閉じ込められた(不法監禁の可能性がある)…

暴露:ファイザーは、新しいワクチン💉のためにCOVID-19ウイルスを"指向性進化"によって「変異」させることを検討している。

暴露:ファイザーは、新しいワクチンのためにCOVID-19ウイルスを"指向性進化"によって「変異」させることを検討している。 プロジェクト・ベリタスのスクープ 暴露:ファイザーは、新しいワクチンのためにCOVID-19ウイルスを"指向性進化"によって「変異」さ…

計画的大量殺戮:コビッドジャブは害をもたらすように設計されていた ── 製薬会社幹部が警告。

計画的大量殺戮:コビッドジャブは害をもたらすように設計されていた ── 製薬会社幹部が警告。 ワクチンはペンタゴンによって人びとを殺すように設計されたものだ。 コビッドジャブは身体を「自壊」させるよう訓練するとラティポワは警告する。 計画的大量殺…

サーシャ・ラティポワ:国防総省がCOVID-19ワクチンの兵器化を監督しており、規制当局者はただのカネをもらっている役者にすぎない。

サーシャ・ラティポワ:国防総省がCOVID-19ワクチンの兵器化を監督しており、規制当局者はただのカネをもらっている役者にすぎない。 国防総省、生物医学先端研究開発局と保健福祉社会省はグルだ。 FDAは治験では役割を果たさない。詐欺だ。 ワクチン試験の…

C19ショットにおけるAI磁気ハイドロゲル生物兵器とナノテクノロジー

C19ショットにおけるAI磁気ハイドロゲル生物兵器とナノテクノロジー カレン・キングストンのバイオグラフィー インタビュー動画 インタビューの概要 モルジェロン C19ショットにおけるAI磁気ハイドロゲル生物兵器とナノテクノロジー by Ana Mihalcea, MD, Ph…

武器化されたナノテクノロジーの規制:国際刑事裁判所が提供する方法

武器化されたナノテクノロジーの規制:国際刑事裁判所が提供する方法 ナノ兵器は戦争のパラダイムシフト 過去20年間のナノテクノロジー軍事用途の成長 壊滅的な生物学的影響 自己組織化 複製屋ナノロボット 兵器開発に協力する軍事、大学、産業 国はナノテク…

希望 ― EDTA キレーションは効果がある。

希望 ― EDTA キレーションは効果がある。 ── COVIDとは本当はなんなのか? by Ana Maria Mihalcea, MD, PhD 100x:リボン構造とルーロー(連銭)がいたるところに形成されている。 30代の"COVID"に罹患して体調不良が続くというワクチン未接種患者来院。 11月に…

自己組織化マイクロテクノロジー  ──  ファイザーのバイアル研究の最新情報

自己組織化マイクロテクノロジー ── ファイザーのバイアル研究の最新情報。<リボン、マイクロチップ、光通信ケーブル、およびPEG、グラフェン、ハイドロゲルとの相関> 血中の”リボン”はわずか2日で巨大に成長する。 EDTAキレーションで血液がきれいになる…

(再)米国国防総省は、COVID-19が正式に存在することが判明する3か月前に「COVID-19研究」契約を発行していた。

(再)米国国防総省は、COVID-19が正式に存在することが判明する3か月前に「COVID-19研究」契約を発行していた。 COVID-19の3カ月前に米国防総省からラビリンス社へ「COVID-19研究」の契約が発注されていた。 契約全体がウクライナで行われるように指示され…

あのとき武漢ではいったい何が起こったのか?世界の人びとは知る権利がある。

あのとき武漢では一体何が起こったのか?世界の人びとは知る権利がある。 脂質ナノ粒子は毒や化学/生物兵器を運搬するテクノロジーだ。 この生物兵器に関する3つの重要なポイント 武漢とアメリカで生物兵器攻撃が行われた証拠。 あのとき武漢では一体何が起…

mRNAを注射した人の性格が急に変わるのはなぜ?

mRNAを注射した人の性格が急に変わるのはなぜ? ここで紹介するビデオで専門家は、mRNAの”拡張された人間になる注射”が、一部の臓器に物理的な損傷を与えるだけでなく、脳の小さな毛細血管に損傷を与え、血液脳関門を通り抜けて、最終的に大規模な人格変化を…

C19バイアル・リボンは数日で成長するマイクロチップ接続用ハイウェイだ ──  新しい驚異的な暗視野顕微鏡画像を見よ。

C19バイアル・リボンは数日で成長するマイクロチップ接続用ハイウェイだ ── 新しい驚異的な暗視野顕微鏡画像を見よ。 豪州のニクソン博士らが撮影したバイラルの中のリボンの映像 カレン・キングストンが提示したあの巨大な血栓の病因を説明している特許 C19…

mRNAワクチンなどというものは存在しない。そう呼ぶのはやめよ。

mRNAワクチンなどというものは存在しない。そう呼ぶのはやめよ。 mRNAはこれまでも、そしてこれからも、遺伝子編集技術のことである。 mRNAテクノロジーはまさに生物兵器だ。 心筋炎や突然死はよく知られたmRNAの”効果”だった。 生物兵器の mRNAを「ワクチン…

武漢ウイルス研究所と緊密に協力した科学者は、Covidが遺伝子操作されたものであり、施設から漏れたと主張する。

武漢ウイルス研究所と緊密に協力した科学者は、Covidが遺伝子操作されたものであり、施設から漏れたと主張する。 新型コロナウイルスは武漢ウイルス研究所から漏洩したのか? 欲深い科学者が世界中で何百万人もの人々を殺した。さらにアメリカ政府がそれを隠…

ワクチンパスポートを停止し、ジェノサイド2030を阻止せよ   ──  すべての人間は自由のためにいま戦わなければならない

ワクチンパスポートを停止し、ジェノサイド2030を阻止せよ ── すべての人間は自由のためにいま戦わなければならない 「アジェンダ2030」 ── 8年間で 一人当たり500本のワクチン接種の計画 デジタルIDとワクチンパスポートはThe Great Resetの重要な要素 人び…

ドキュメンタリー映画「突然死」についての感想と評価 ── アナ博士 (下)

ドキュメンタリー映画「突然死」についての感想と評価 ── アナ博士 (下) ワクチン接種者の血栓にはハイドロゲルと金属があった。 人類の70%が突然死の危険にさらされている。 グラフェンは「Covid、ロングCovidなど」と全く同じ症状を引き起こす。 すべて…

ドキュメンタリー映画「突然死」についての感想と評価 ── アナ博士 (上)

ドキュメンタリー映画「突然死」についての感想・評価 ── アナ博士(上) Stew Peter Showの「突然死」というドキュメンタリーフィルム 血栓の原因はアミロイド様物質ではなく、グラフェン入りハイドロゲルだ。 ハイドロゲルを使ったのはモルジェロン病から…

核兵器よりも怖ろしい。これは人類への無制限戦争だった! ── COVID-19の詐欺に対する答えは生きた血の中にある。

核兵器よりも怖ろしい。これは人類への無制限戦争だった! ── COVID-19の詐欺に対する答えは生きた血の中にある。 コロナに罹ってない人もワクチンを打ってない人も、みんな老化が加速している。それはなぜ? 全員の血液中にハイドロゲルの巨大なリボンがあ…

ドロレス・ケイヒル教授 ── 私たちは、アジェンダ21の人口削減と社会破壊の展開を目撃している。(中)

ドロレス・ケイヒル教授 ── 私たちは、アジェンダ21の人口削減と社会破壊の展開を目撃している。(中) 人口削減・不妊化 ワクチン接種者の平均余命 体内に入ったワクチンはまだ人体攻撃の準備中 ワクチンには回数によって異なる毒物が入っている。 ビデオ …

ドロレス・ケイヒル教授 ── 私たちは、アジェンダ21の人口削減と社会破壊の展開を目撃している。(上)

ドロレス・ケイヒル教授私たちは、アジェンダ21の人口削減と社会破壊の展開を目撃している。(上) ケイヒル博士は、ガンや自己免疫疾患と診断された人が、実はそうでなかったことを明らかにした。 ドロレス・ケイヒル教授 ── 私たちはアジェンダ21の大量殺…

なんと!2年前に、英国MHRAはSARS-Cov-2はコンピュータ上で作られたモデルであり、その架空のウイルスに対してワクチンが作られたことを認めていた。

なんと!2年前に英国MHRA、はSARS-Cov-2はコンピュータ上で作られたモデルであり、その架空のウイルスに対してワクチンが作られたことを認めていた。 市民ジャーナリスト、フランシス・リーダーへのMHRAの2年前の回答 The Exposeがこのことは本当なのかMRH…

COVIDワクチンのナノ構造物は自己組織化ではなく、マイクロマシンによって構築されている。

COVIDワクチンのナノ構造物は自己組織化ではなく、マイクロマシンによって構築されている。 オーストラリアのポッドキャスターのマリア・ジーとのインタビューで、デビッド・ニクソン 博士は、ファイザー社のCovidワクチンに含まれるナノテクノロジーが組み…

量子ドット技術の真実:中国のナノテクがワクチンのmRNAの中に存在している。(下)

量子ドット技術の真実:中国のナノテクがワクチンのmRNAの中に存在している。(下) ロバート・マローンらは嘘つきだ。 記憶も消してしまうこのテクノロジーは、今までに発明された中で最も邪悪な悪魔のテクノロジーだ。 量子ドット技術の真実:中国のナノテ…

量子ドット技術の真実:中国のナノテクがワクチンのmRNAの中に存在している。(上)

量子ドット技術の真実:中国のナノテクがワクチンのmRNAの中に存在している。 イントロダクション カレン・キングストンが新たに見つけた重要な特許技術 動物実験なしにヒトでの遺伝子編集実験が行えるようになる 量子ドット技術 ── 人体内で遺伝子編集をす…

カレン・キングストン on Stew Peters Show 要約(下)

緊急リリース!カレン・キングストン on Stew Peters Show 要約(下) ロバート・マローン博士は「FDAが承認したのはファイザー COVID-19ワクチンではなく、バイオンテック社製のワクチンであり、『実際にはそれは起こらなかった』」とした。これらは虚偽で…

カレン・キングストン on Stew Peters Show 要約(上)

カレン・キングストン on Stew Peters Show 要約(上) 脂質ナノ粒子=スパイクたんぱく=寄生虫=AIナノ兵器だ。 寄生虫は体内で遺伝子編集を行い ウィルスや病気を生み出す。 生合成の構造物も同様で、人間は 新種の開発のための宿主となる。 この物質が血…

真実のすべてがほぼ明らかになった。寄生虫ワクチンと5G/4Gのリンクで人が死んでいる!(上)

真実のすべてがほぼ明らかになった。寄生虫ワクチンと5G/4Gのリンクで人が死んでいる!(上) 世界中の人の体に寄生虫が蔓延している。 大製薬会社は、ワクチン接種によって人工的な遺伝子配列をヒトゲノムに送り込むためのmRNAベクターとして、致命的な寄生…

COVID-19ストーリーの欺瞞を解き明かす Part 3 嘘、大嘘とスパイクたんぱく。

カレン・キングストン:COVID-19ストーリーの欺瞞を解き明かす Part 3 嘘、大嘘とスパイクたんぱく。 ウイルスやワクチンのmRNAが体の中でスパイクたんぱくを作る、というのは作り話だ。 新型コロナウイルスよりもさらに欺瞞的なAIナノ兵器のスパイクたんぱ…

カレン・キングストン:COVID-19ストーリーの欺瞞を解き明かす Part 2

カレン・キングストン:COVID-19ストーリーの欺瞞を解き明かす Part 2 人びとに、FDAはファイザー社のコミルナティを承認していないと思わせたウソがある。 ロバート・マローンの嘘 私の声はなぜか無視された。 カレン・キングストン:COVID-19ストーリーの…

カレン・キングストン:COVID-19ストーリーの欺瞞を解き明かす Part 1

COVID-19ストーリーの欺瞞を解き明かす Part 1 新型コロナウイルスの新型(novel)という言葉には「作り話」という意味もある。 mRNAは脆弱で人体内では無力である。 PCRTテストは劇場用小道具だった。 子どもたちの遺伝子データは生物兵器をつくるために外…