流産

ファイザー社の機密文書により、Covidワクチンを接種した妊婦の90%が赤ちゃんを失ったことが明らかになった。

ファイザー社の機密文書により、Covidワクチンを接種した妊婦の90%が赤ちゃんを失ったことが明らかになった。 裁判所命令によりファイザーの文書は1月末時点で、1万2千ページが公開されている。 副作用に見舞われた妊婦は46%。その58%が子宮収縮から胎児…

情報公開法により、ファイザーと規制当局は、妊娠中のCovid-19ワクチン接種が先天性欠損症と不妊症のリスクを高めるという研究結果を受け、その危険性を隠していたことが明らかになった。

情報公開法により、ファイザーと規制当局は、妊娠中のCovid-19ワクチン接種が先天性欠損症と不妊症のリスクを高めるという研究結果を受け、その危険性を隠していたことが明らかになった。 ワクチン接種後の流産リスクは、インフルエンザワクチン接種後の流産…

Covid-19ワクチン接種により流産のリスクが1517%増加するとの研究結果。

Covid-19ワクチン接種により流産のリスクが1517%増加するとの研究結果が出る。 VAERSから入手可能なCovid19注射の副作用として報告された流産は合計1,179件。一方、インフルエンザ・ワクチンによる流産は225件。 本当の流産の数は117,900件にもなる可能性が…

ファイザー社の機密文書は、ワクチン接種者との「肌と肌の接触」と「同じ空気を吸うこと」によって「月経周期の乱れ」と「流産」につながる「コロナワクチン・シェディング」の可能性があることを示唆している。

ファイザー社の機密文書は、ワクチン接種者との「肌と肌の接触」と「同じ空気を吸うこと」によって「月経周期の乱れ」と「流産」につながる「コロナワクチン・シェディング」の可能性があることを示唆。 ナオミ・ウルフ博士は大警告を発していた。 ニュース…

英企業が米国2州で数十億匹の遺伝子組み換え蚊の放出を決定

英企業が米国2州で数十億匹の遺伝子組み換え蚊の放出を決定 過去に投下された遺伝子組み換え蚊は死ななかった。 ビデオ 空飛ぶ注射器 ── 日本の研究者 ビル・ゲイツのプレゼン(2009)── ブヨを聴衆に放つ。 ケニア、フィリピン、ニカラグア、メキシコ…遺伝…

Covid-19ワクチンは流産のリスクを少なくとも16倍高める。心筋炎のリスクは133倍、脳卒中は114倍。

Covid-19ワクチンは流産のリスクを少なくとも1517%高める。 米国民はこの10年で、COVID19ワクチンの13倍のインフルエンザワクチンを打ってきた。 コロナワクチンによる流産はたった5ヶ月で5倍もあった。 コロナワクチンは、16倍/1,517%の流産を引き起こす…