人身売買

「降伏か死か」:ロシアはセベロドネツクのウクライナ戦闘員に厳しい警告を与える

「降伏か死か」:ロシアはセベロドネツクのウクライナ戦闘員に厳しい警告を与える シヴェルスキー・ドネツ川に架かる橋はすべて破壊された。 ロシアによる人道回廊が作られるが、ウクライナ傭兵が残る。 マウリポリと同じように最後は外国人傭兵も投降するの…

赤十字はNATOのウクライナで子どもの臓器を採取していたのか?㊦

赤十字はNATOのウクライナで子どもの臓器を採取していたのか?㊦ これまでにもウクライナでの臓器狩りの数々のニュースが流れた。 出典と参考文献 赤十字はNATOのウクライナで子どもの臓器を採取していたのか?㊦ これまでにもウクライナでの臓器狩りの数々…

赤十字はNATOのウクライナで子どもの臓器を採取していたのか?㊤

赤十字はNATOのウクライナで子どもの臓器を採取していたのか?㊤ ロシア軍、ウクライナ赤十字のマウリポリにおける怪しげな活動を調査 チャイナ・ライジングが調査 ウクライナにおける臓器収奪の歴史 赤十字はNATOのウクライナで子どもの臓器を採取していた…

マウリポリの アゾフスタリに潜む小児性愛者と密売人

マウリポリの アゾフスタリに潜む小児性愛者と密売人 プーチン、トランプにアゾフスタリ製鉄所の周辺の地下壕に誰が隠れているのかを教える。 アゾフスタリ製鉄所に閉じ込められた人々の中に、児童性人身売買業者が紛れ込んでいる。 プーチンは二人のウクラ…

プーチン、ゼレンスキーに雇われた米英の傭兵を処刑

プーチン、ゼレンスキーに雇われた米英の傭兵を処刑 6人の英国人と2人の米国人を射殺。 傭兵は身分を明かすことを拒んだが、一人は英国SASだった。 プーチン「小児性愛者と傭兵は容認できない」 プーチン、ゼレンスキーに雇われた米英の傭兵を処刑 マール…

次々にコロナ陽性となり「自己隔離」するアメリカの要人たちの怪

次々にコロナ陽性となり「自己隔離」するアメリカの要人たちの怪 1.3月14日、オバマ元大統領 2.3月16日、カマラ・ハリスの夫であるダグラス・エムホフ 3.3月23日、ヒラリー・クリントン 4.3月24日 ジェン・サキ報道官 5.現CIA長官ウイリアム…

米国司法省は、売春を強いられたセックスカルト被害者を買った弁護士、ビジネスマン、社交家を含む121人の「クライアント」のリストを「うっかり」公開した後、混乱している。

アメリカの司法省は、売春を強いられたセックスカルト被害者を買った弁護士、ビジネスマン、社交家を含む121人の「クライアント」のリストを「うっかり」公開した後、混乱している。 記事要約 顧客はGAPの経営者、有名画家、建築家、投資家、ロビイストなど…

ブリトニー・スピアーズ「私はイルミナティの悪魔教儀式を受けた」

ブリトニー・スピアーズ「私はイルミナティの悪魔教儀式を受けた」 削除されたインスタグラムの投稿 カテドラル・イスラエル・オーストラリア ブリトニー・スピアーズ「私はイルミナティの悪魔教儀式を受けた」 インスタグラムの投稿によるとポップスターの…

”ウクライナ”はカバールとの闘い ── 生物兵器と人身・武器・麻薬売買。

ロシアの特殊部隊はウクライナの児童人身売買の犠牲者を解放した。 約100人の子供たちを地下壕で発見。 地獄の収容所との行き来の毎日。 プーチンからトランプへの4回目の電話でこのことが語られた。 プーチン「破壊すべき生物兵器研究所はまだ数百か所にあ…

ペドのペンス前副大統領は大きな困難を抱えた。

ペドファイルのペンスは大きな困難を抱えた。 インディアナ州知事とホワイトハウス時代の小児性愛の証拠を入手。 すでに5人の被害者の少年を特定。 ペンスのスタッフも知っていた。 ペドファイルのペンスは大きな困難を抱えた。 Real Raw Newsより インディ…

「オバマとバイデンは私をレイプした」── 性奴隷アリー・カーターのインタビュー 2

ずっと続いている悪魔教儀式。臓器売買。 CBSはカバーアップのための組織だ。 信じられる人がいない。フリーメイソンの警察官同胞団がある。 トランプも一味なのか? MK Ultra。ブリトニー・スピアーズも被害者の一人だ。 性人身売買。学校や墓地の下に地下…

「オバマとバイデンは私をレイプした」── 性奴隷アリー・カーターのインタビュー 1

世紀の大スキャンダル。アリー・カーターが余すことなく語る悪魔の物語 ── その1 バッキンガム宮殿、ユニバーサルスタジオ、ゲティ博物館、リノ・バレーの地下トンネルと地下世界。 児童保護サービスは性人身売買組織だった。誰も助けてくれない。 地下には…

国際普遍法裁判所、ローマ教皇フランシスコの逮捕令状を発行。

国際普遍法裁判所(ICLCJ)が教皇フランシスコの逮捕拘束令状を発行した。 News 2021/12/07 「『教皇フランシスコは死にかけており2020年以降生きられないだろう』とNewsMaxが報道した」via GatewayPundit. カナダのカトリック教会の寄宿学校跡地からは、大…

カリフォルニア州知事ニューサムを逮捕

重篤な状態のニューサムは、適切な処置を施され可能であればGITMOに送られる 三回目のワクチン接種後重症になっていたニューサム 地下牢を発見 ニューサムのドッペルゲンガーが現れる。 ペロシとシューマーがニューサムのダブルを要請していた。 本物のニュ…

チェルシー・クリントン、軍事法廷3日目

< Real Raw Newsの記事を要約 > 知られざるペドの大物の名前が出た。チェルシー・クリントンは絞首刑か終身刑になる。 メズヴィンスキーの証言はチェルシーの棺の蓋を閉じた。 10月28日、この日はクランダール副提督のメズヴィンスキーに対するメルセデスで…

チェルシー・クリントン、軍事法廷2日目

<Real Raw Newsの記事を要約> 夫のメズヴィンスキーが、チェルシーがUSAとハイチで大規模な人身売買リングを運営したいたことを証言。 10月27日、軍事法廷は再開された。弁護人のハリソンは一睡もしてない顔にいかめしい表情を浮かべて法廷に入ってきた。彼は、彼が近寄ってきたとき微笑</real>…

チェルシー・クリントン軍事法廷 第1日目

<Real Raw News記事を要約> いよいよ始まったシェルシーの軍事裁判 10月26日、チェルシー・クリントンの軍事法廷は、彼女の弁護人であるクリントン財団のロバート・S・ハリソンによる約1時間もの長談義でだらだらと始まった。 ハリソンは、ビルが大統領に…